決済手数料(加盟店手数料)が無料で使えるキャッシュレス決済サービスまとめ

クレジットカードや電子マネー、QRコード決済など様々な種類が乱立するキャッシュレス決済

導入を検討しているお店にとって、一番のネックとして「決済手数料(加盟店手数料)」を挙げる方も多いのではないでしょうか。

多くの決済サービスでは3%程度の決済手数料が掛かることが一般的ですが、一部サービスでは加盟店獲得のため「決済手数料が無料で使える」キャンペーンを実施しております。

この記事では、決済手数料が気になるお店に向けて、「決済手数料が無料で使える決済サービス」をまとめてみました。

決済手数料(加盟店手数料)が無料で使える決済サービス

auPAY

料金
対応決済の種類
導入スピード
入金サイクル
サポート対応
総合点
17点/25点
対応決済ブランド全3種
クレジットカード電子マネーQRコード決済
未対応
未対応
全3種
au PAYauPAY
AlipayAlipay
WeChat PayWeChat Pay
決済手数料
無料
導入費用
無料
審査期間
申し込みから約2週間半
カードリーダー
不要
モバイル端末
利用者が用意
対応OS
OS不問
入金サイクル

月1回or月2回

入金手数料
無料
レシートプリンター
未対応
サポート対応

全日/10:00~18:00

現在実施中のキャンペーン
3つの手数料が全て無料!
「初期費用」「決済手数料」「入金手数料」の3点全てが無料!決済手数料は「auPAY=2021年7月末まで」「ALIPAY/WeChatPay=2020年9月末まで」の期間、無料です。以降の決済手数料は3.25%です。
申し込み期間
受付終了未定
POINT!
  • 2200万人以上の会員数を誇るKDDIが提供するQRコード決済
  • auPAYに加え、2種類の中国人向けQR決済も決済手数料「無料」で使える!
    ※期間限定
  • 周辺機器不要!QRコードの設置のみで導入可能

auPAYに加え、中華系2大QR決済も手数料無料で使える!

KDDIが提供するQRコード決済「auPAY」。

2021年7月末までの期間、決済手数料が無料で利用することができます。

また、提携している中国二大決済サービス「ALIPAY」「WeChatPay」も2020年9月末までの期間、決済手数料が無料で利用できます。

2020年5月からPONTAポイントとの提携を開始したことで、auユーザーのみならず9400万人以上の会員を抱えるPONTAポイントユーザーの利用にも期待が持てます。

独自の還元キャンペーンも不定期的に開催しており、今後も利用者・加盟店拡大が期待される決済サービスです。

PayPay(ペイペイ)

料金
対応決済の種類
導入スピード
入金サイクル
サポート対応
総合点
21点/25点
対応決済ブランド全4種
クレジットカード電子マネーQRコード決済
未対応
未対応
全4種
PayPayPayPay
AlipayAlipay
AlipayHKAlipayHK
kakaopaykakaopay
決済手数料
無料
導入費用
無料
審査期間
最短1週間
カードリーダー
無料
モバイル端末
利用者が 用意
対応OS
OS不問
入金サイクル

ジャパンネット銀行は翌日入金/
他行は累計決済金額1万円以上で翌々営業日

入金手数料
無料
※2020年7月1日以降はジャパンネット銀行以外は105円(税込)
レシートプリンター
未対応
サポート対応

年中無休
24時間受付

現在実施中のキャンペーン
3つの手数料が全て無料!
「初期費用」「決済手数料」「入金手数料」の3点全てが無料!決済手数料は「PayPay=2021年9月末まで」「PayPay以外=2020年9月末まで」の期間、無料です。PayPay以外の2020年10月以降の決済手数料は1.98% と業界最安水準。
申し込み期間
受付終了未定
POINT!
  • 国内QRコード決済シェアNo.1!
  • 決済手数料無料!
  • 周辺機器不要!QRコードの設置のみで導入可能

PayPay(ペイペイ)に加え、ALIPAY系の外国人向けQR決済も手数料無料で使える

「100億円相当あげちゃうキャンペーン」を皮切りにQRコード決済の中でも知名度・利用者ともにNo.1の決済サービス。

PayPay(ペイペイ)決済手数料は2021年9月末まで無料で利用することができます。

また、提携しているALIPAY系の外国人向けQRコード決済3種「ALIPAY(中国)」「ALIPAY HK(香港)」「KakaoPAY(韓国)」も2020年9月末まで無料です。

年中無休24時間のサポート窓口があるため、初めてキャッシュレス決済を導入するお店でも安心して導入できるサービスです。

LINEPay(ラインペイ)

料金
対応決済の種類
導入スピード
入金サイクル
サポート対応
総合点
16点/25点
対応決済ブランド全3種
クレジットカード電子マネーQRコード決済
未対応
未対応
全3種
Line PayLinePay
WeChat PayWeChat Pay
NAVER PayNAVER Pay
決済手数料
無料
導入費用
無料
審査期間
10営業日
カードリーダー
無料
モバイル端末
利用者が 用意
対応OS
OS不問
入金サイクル

月1回

入金手数料
無料
レシートプリンター
未対応
サポート対応

メール
or
チャット

現在実施中のキャンペーン
3つの手数料が全て無料!
「初期費用」「決済手数料」「入金手数料」の3点全てが無料!決済手数料が無料対象は「LINEPay」「WeChatPay」「NAVER PAY」の3種類、期間は2021年7月末まで!
申し込み期間
受付終了未定
POINT!
  • 韓国・中国人向けのQR決済サービスである「WeChatPay」「NAVER Pay」に対応可能!
  • 2021年7月末まで全ての決済手数料が無料

LINEPAYに加え、中国・韓国のチャットアプリ系QR決済も手数料無料で使える

国内利用者数約8,300万人のチャットアプリLINEが提供するQRコード決済。

LINEPAY決済手数料は2021年7月末まで無料、以降は2.45%(税別)で利用することができます。

提携している海外のチャットアプリ系QRコード決済「WeChatPay(中国)」「NAVERPAY(韓国)」も決済手数料が無料です。

決済手数料が無料対象となるのは、プリントQRと呼ばれるQRスタンドとLINEPAY店舗用アプリからの決済のみです。

「無料」期間が終わったら決済手数料はどうなる?

各サービスの無料期間終了後の手数料について、公式からの発表があるサービスは「auPAY」のみ。

auPAY」の決済手数料は、2021年8月以降「3.25%」とカード決済や電子マネー決済と横並びの料率設定を予定しております。

一方で「PayPay(ペイペイ)」は、先行して無料期間が終了するALIPAYの料率も1.95%と業界最低水準です。

また、以下の記事でも解説している通り、「PayPay(ペイペイ)」は決済手数料でも収益化をそれほど重視していないことが伺えます。

関連記事

PayPay(ペイペイ)は、「QRコードを設置するだけで導入できる手軽さ」「決済手数料(=加盟店手数料)が無料で使える」ことから個人店でも使えるお店を見かける機会が増えました。 「100億円あげちゃうキャンペーン」をはじめ、利用者にと[…]

PayPay(ペイペイ)」は、現在の加盟店手数料無料の流れを作ったサービスであるため、PayPay(ペイペイ)が決済手数料を低く設定すれば、競合各社も料率を下げざるおえない状況となるでしょう。

先のことはまだわからないので、無料期間の今こそ、キャッシュレス決済を導入してみて、お客の反応や売上への影響をチェックしてみることをおすすめします。

【導入無料】auPAYの申し込みはこちら
【導入無料】PAYPAYの申し込みはこちら
【導入無料】LINEPAYの申し込みはこちら

まずは無料で使える決済サービスでキャッシュレス化してみてはいかがですか?

運営者HIRAKUのTwitterはこちら