飲食店で独立するなら転職すべき理由

飲食店で働く目的は多くの人は、将来的に自分のお店を持ちたい、独立したいという想いをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

実際に、独立開業に向けて具体的に何をすべきかわからず、現状にくすぶっているなら今の環境を見つめ直すことが大切です。

独立開業を行う上で今の自分に足りないものを明確にし、それを学べる環境へ身を置くことが独立の近道です。

飲食店で独立するために必要な力

お店の規模や業態によって必要な能力は異なりますが、次の3つは業態を問わず必要な力です。

  • その①:企画力
  • その②:経営力
  • その③:情報収集力

それぞれどういった力なのか、一つずつ説明していきます。

その①:企画力

企画力とは、コンセプトからメニュー開発、集客に伴う販売促進といったお店作りに関わる部分を創造する力です。

要するに「企画力=人が集まる仕掛け作り」です。

お客様は、様々な目的をもって飲食店を利用します。

  • ここでしか食べられない料理を食べたい
  • 落ち着いて食事をしたい
  • 誕生日のお祝いをしたい

様々な需要に対して、的確な商品やサービスを提供することでお客様の来店を促すことが出来ます。

飲食店っていくつもあるので、他の飲食店と比較された場合に選ばれやすい仕掛けを作ることが非常に大切です。

その②:経営力

経営力とは、資金繰りや管理、資金からスタッフの管理といったマネジメントなどお店を運営する力です。

どういった業種でもキャッシュフローを管理できないと資金が枯渇してしまいます。
お店を運営するために必要な経費と売上の見通しが甘かったり、店舗設備や厨房機器の故障といった予期せぬ事態に対処できる資金がないとお店の運営は出来ません。

また、店舗規模にもよりますが、基本的に人件費を多く使う業種であるため、人材の教育や管理能力が求められます。
従業員とお客様の距離が近く、接客サービス次第でお客様の満足度も変わってきます。

最近では、SNS上でのバイトテロと呼ばれる問題行為も起こっておりますが、これも経営者のマネジメント能力不足が原因の一つと言えるでしょう。

お金と人を管理できる能力を身に着けることは、飲食店を開業する上で必須の能力です。

その③:情報収集力

情報収集力とは、物件情報や食材の仕入れ先、グルメトレンドなど様々な情報を得る人脈・ツールを活用する力です。

店舗型ビジネスである飲食店は、利益率が低く、生産性の低い業種の一つです。

そのため、店舗の家賃といった固定費を抑えることは、非常に重要です。

良い立地で家賃が安いといった物件情報は、世の中に出回ることが非常に少ないです。
物件オーナーの立場として、資本力の少ない個人より、規模の大きい法人飲食店に借りてもらった方が安心ですよね。

そのため、条件の良い物件を独立当初から抑えられる可能性は低いです。少しでも良い物件情報を得るには、人からの紹介をしてもらう必要があります。

どういった人脈を持つと良いかというと「店舗型ビジネスの経営者」です。飲食店である必要はなく、物件必要とする業種で店舗展開を行っている人との繋がりを持つことが大切です。

飲食店は、店舗数が多い業種のため、物件以外にも食材の仕入れや世の中のトレンドなど様々な情報を持っているか持っていないかで大きく差が付きます。

独立したい人にはこんなお店がおすすめ


人によって、独立のために足りない能力は様々です。目的に応じたおすすめのお店は以下の通りです。

企画力を身に着けたい人にはこんなお店がおすすめ

純粋にメニュー開発能力を磨きたいのであれば、比較的規模の小さい飲食店をおすすめします。

オーナーとの距離が近いため、アイデアを求められたり、メニュー開発といった重要な業務を任せて貰える機会が多いです。もちろん、全くの未経験者であれば、まずはお店を回せるように料理の基礎から学ぶ必要があります。

飲食店の経営を学びたい場合

ほとんどの場合、独立当初は一店舗から始めることになります。将来的に展開したいという場合でも、はじめは個人店として運営することになります。
そのため、小規模の人気店に的を絞り、オーナーとの距離が近いお店がおすすめです。

ただし、黒字倒産という言葉がある通り、人気店であっても経営(資金管理)が下手なオーナーもいるので要注意ですね。

出店時の具体的な段取りを知りたい場合

この場合、新規出店、つまりはオープニングスタッフとして求人を出している飲食店がおすすめです。具体的には、自分が働き始めるタイミングで、お店の出店状況を把握した方が良いです。

物件を抑えて、具体的な店舗の方針を決めている段階なのか、オープン直後なのか。出店の具体的な段取りを知りたい場合には、前者である必要があるため、面接時に確認しておくと良いですね。

また、物件情報の収集方法や仕入れ業者の選定方法といった情報を聞いても、タイミング的に不自然さがないので、そのお店のオーナーの手法を学べる場合もあります。

チェーン店でしか働いたことがない場合

この場合は、規模の小さい飲食店で一度働くことをおすすめします。

チェーン店の場合、多くのことが仕組み化されていたり、規模の大きさから分業されている場合がほとんどです。
そのため、いざ独立した時にチェーン店では必要のなかった予期せぬ業務が出て来ます。

また、チェーン店では、本部が企画・開発を担っている場合がほとんどです。企画・開発部門での求人でない限りには、候補から外しましょう。

そもそも経営者は、企画から経理、現場作業まで安定するまでは自分で行う必要があります。

小規模飲食店で働くことで、自分のキャパに見合った規模で出店を行うなど、具体的な経営計画を立てることが出来ます。

あえて地方の飲食店で働く

お店の強みとして、地方独特の郷土料理や食材を他県から持ってくることで、独自性を持たせることで成功している飲食店は数多くあります。

自分が将来的に出店したい街から出て、他県の食文化を学ぶことで、周辺店舗との差別化ポイントを明確にすることが出来ます。

また、その土地で働くことで、地元業者と直接的なパイプを構築出来るので、あえて県外の飲食店で働くのもおすすめです。

ポイントとしては、食文化が発展している街や漁業など特定の産業が発展している街、観光客が多く訪れる街などです。

将来的に自分がどういった業態のお店を展開したいかという点も加味しましょう。

飲食の転職に強いウェブサービス

飲食の転職に強いウェブサービス

  • Foods Labo:転職後、豊富なキャリアアップ実績あり!親身な対応が定評の飲食専門の転職エージェント
  • クックビズ:飲食業界特化の転職サービスにおいて利用者・認知度No.1<
  • H Agent:年収500万円以上の高年収を多く扱う飲食特化の転職サービス
  • 【アイティーケー】:創業11年、12000件以上の求人数を抱える外食特化の転職サービス

飲食業界の転職は、他業種に比べて年収平均が低く、一般の転職エージェントは求人案件を扱えない、扱いたくないといった事情があります。
ご紹介する4つの転職サービスは全て飲食業に特化した転職エージェントのため、多くの求人依頼が集まります。

業界特化の転職エージェントのため、将来の目的に見合った転職のアドバイスを受けながら転職先を探すことが出来ます。

また、「ウェブ上では地方の転職情報が中々見つからない」という方に向けて、都道府県別に転職・求人情報が多いサイトをまとめたので、以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事

飲食店・飲食業界で転職をしたいと思ったときに便利な求人・転職サイト。 都市部であれば、どのサイトを利用しても多くの求人情報が掲載されておりますが、地方の場合どうしても求人件数が少なくなってしまいます。 この記事では「飲食業界の求[…]

得られるものがなければすぐに辞めても良い

自分の目的に合わないと感じたら、すぐに辞めても良いと思います。

「お店に迷惑が掛かる」と責任を感じるかもしれません。

そもそも従業員一人がいなくなることで成り立たないようなお店は、まともな経営力がないということですので、すぐに辞めるべきです。

結局のところ、考え方の問題ですので、独立開業という目標と天秤をかけて自分に合った選択をしましょう。

まとめ

飲食業界は水商売と言われる通り、長期的に続けていくことが難しい業界です。
大規模チェーンでも少しの油断で倒産してしまうこともあります。
飲食業界で働き続けるのであれば、個人の能力や魅力アップ出来るお店で働くよう意識しましょう。

運営者HIRAKUのTwitterはこちら
>乱立するQRコードを一括導入

乱立するQRコードを一括導入

当サイトは、決済サービスから取次業務の委託を受けております。

国内主要QRコード決済の中でも「決済手数料」「入金手数料」「導入費用」全て無料で導入できるものをご案内致します。

CTR IMG