現金は汚い?現金が持つ衛生的なリスク~キャッシュレス化は安全な衛生環境の確保に必須~

キャッシュレス化推進が行われている日本ですが、現金は「衛生的なリスク」を抱えていることはご存知でしょうか。

「世の中にはお金好き」が多いと思いますが、一部のコレクターを除いて「目の前の紙幣や硬貨が好き」という人はいないでしょう。

多くの場合、財布に入っている紙幣・硬貨は、飲食店で食事をしたり、洋服を買ったり、スーパーで食材を買ったりと流れにのることで、不特定多数の手に触れることになります

人によってはトイレの後に手を洗わないとか、くしゃみを手を塞いだり、衛生観念や意識の高さは人それぞれ。

現金でお会計をした後に手を洗うとか、紙幣・硬貨を殺菌しようなんて、普段の生活の中で意識的に行っている人って圧倒的に少ないと思います。

つまり、現金ってめちゃくちゃ汚いわけです。

現に、現金を介してウイルスや感染症を発症したという事例も存在します。

この記事では、現金の持つ衛生的なリスクをテーマに、現金がウイルス・感染症の感染経路になった事例やウイルス・感染症の流行の際に政府が現金を隔離した事例などまとめてみました。

中国の女性銀行員が紙幣で性病に感染?!

エキサイトニュース

賄賂や不正蓄財など、ダーティーマネーが氾濫する中国だが、人民元紙幣は衛生的に見ても汚染されているようだ。複数の中国メディ…

中国の浙江省温州市では、2015年に女性銀行員が紙幣が原因で性病に感染したそうです。

女性を診断した医師によると、「尖圭コンジローマの原因ウイルス」が付着した紙幣に触れた後に、手を洗わないままトイレをしたことで、陰部からウイルスが入りこんだとのこと。

上記の記事では、アジア各国の紙幣に付着している細菌の数についても触れられており、

人民元は1枚当たり平均して17万8,000個と、2位の香港、カンボジアの紙幣(各1万個)を大きく離してダントツの1位。しかも、最も多くの人の手に触れられる1元札(約20円)からは、なんと1,800万個もの細菌が検出されたという。

とのこと。。。

中国人民元の紙幣が極端に不衛生ということですが、不特定多数が触れる紙幣がさまざまな病気の媒介になる可能性は充分高いことが伺えます。

紙幣に付着したウイルスは最長17日間生存する

JP

 [ジュネーブ 16日 ロイター] スイスの研究者は16日、銀行の窓口担当者など大量の紙幣を扱う仕事に従事する人は、それ…

今から10年以上前の記事ですが、スイスの研究では、紙幣に付着したインフルエンザウイルスが最長17日間生存することを確認したそうです。

「研究により、紙幣からのインフルエンザ感染が起こり得るとの確信を持ったが、その可能性は非常に低く、一般的な人が懸念するには及ばない」

同記事では、こういった見解も述べておりますが、お店は一般的な人と考えるべきなのか、微妙なところです。

例えば、飲食店など食品を扱うお店の場合、お会計で紙幣に触れた後にしっかり手を洗うことが習慣づけされてなければ、病原菌やウイルスが料理や飲み物を介して、お客側の口に入る可能性は高いでしょう。

また、2020年のコロナ騒動ではWHOの公式見解では、「紙幣の流通によるウイルス拡大の可能性が高い」ことが述べられております。

2020年のコロナ騒動では各国が紙幣を隔離する処理も!

2020年のコロナ騒動では、各国が流通した紙幣を回収し、一時的に隔離するといった感染拡大防止策が実施されております。

中国の対応

中国では中央銀行が金融機関に対し、流通する紙幣の消毒を求めており、福建省の建設銀行は約70億元(約1080億円)分の紙幣を消毒したそうです。

アメリカの対応

アメリカでは、2月21日から中国などアジア地域から戻った米ドル紙幣を流通前に隔離する対応を取っています。

隔離した紙幣は、7日~10日後に処置を施し、国内の金融機関に配布しているそうです。

【3月7日 AFP】新型コロナウイルスの流行を受け、中国などアジア地域から米国に戻ったドル紙幣が流通前に隔離されているこ…

韓国の対応

韓国の中央銀行は、市中銀行から紙幣の回収を行い、2週間は流通させないよう隔離する対応を取っています。

また、汚損した紙幣の焼却を行う基準を厳しくするようです。

JP

20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁は6日、新型コロナウイルスの感染拡大が市場や経済状況に与える影響を含め、新型…

そもそも現金が感染経路が現金と特定されていない事例の方が多い

普通の人であれば、ウイルス・感染症にかかっても、手持ちの紙幣や硬貨を検査をしないでしょうし、そもそも原因となった現金を使ってしまったなんて場合がほとんどです。

現金が原因となった感染例は、特定が困難なだけで実際はもっと多いのではないかと思います

2020年のコロナ騒動での各国の対応を見る限り、紙幣がウイルスの感染拡大経路の一つとして、問題視されていることが伺えます。

ウイルス・感染症が流行すると現金に触れたくない人が増える?

わりと小規模な意見でも、SNSを介して簡単に意識が蔓延する時代です。

「現金=不衛生」そんな意識が多数派になってもおかしくありません。

キャッシュレス対応するだけで、衛生環境の安全が証明できるのであれば、決済手数料なんて安いものだと思います。

【まとめ】お店のキャッシュレス化は安全な衛生環境の確保に必須

キャッシュレス化のメリットは、衛生的なものだけではなく、利用客の利便性の向上に繋がります。

また、キャッシュレス導入に伴い、「売り上げが伸びた」というお店も少なくありません。

モバイル決済サービスであれば、導入費用が無料かつ、特別な工事不要など、キャッシュレス化が簡単です。

決済手数料がネックであれば「PayPay」など「決済手数料無料」かつ「QRコードの設置のみ」で導入できるサービスを使ってみると良いでしょう。

当サイトでは「導入費用」「決済手数料」「入金手数料」の全てが無料で使えるQRコード決済を一括して申し込みが可能です。

また、キャッシュレス導入に関する記事も執筆しておりますので、興味がある方はぜひご覧ください。

関連記事

2019年から本格的に始まったキャッシュレス化。 飲食店においては、利益率が低いことから決済手数料が掛かるキャッシュレス決済導入に踏み切れないオーナーさんもいらっしゃるかと思います。 しかし、以前に比べて「導入費用」「決済手数料[…]

関連記事

スマホやタブレットを使ったモバイル決済サービスは決済手数料や導入費用が安く、事業者の規模を問わず、キャッシュレス決済に対応することが出来ます。 モバイル決済サービスは、「Airペイ」「おてがるPay」を始め、大手企業から中小企業まで様[…]

関連記事

スマホやタブレットを使ったモバイル決済サービスは決済手数料や導入費用が安く、事業者の規模を問わず、キャッシュレス決済に対応することが出来ます。 モバイル決済サービスは、「Airペイ」「おてがるPay」を始め、大手企業から中小企業まで様[…]

当サイトからQRコード決済各社と直接契約のお申し込みが可能です

当サイトは、決済サービスから取次業務の委託を受けております。

国内主要QRコード決済の中でも「決済手数料」「入金手数料」「導入費用」全て無料で導入できるものをご案内致します。

運営者HIRAKUのTwitterはこちら
>乱立するQRコードを一括導入

乱立するQRコードを一括導入

当サイトは、決済サービスから取次業務の委託を受けております。

国内主要QRコード決済の中でも「決済手数料」「入金手数料」「導入費用」全て無料で導入できるものをご案内致します。

CTR IMG