【加盟店向け】キャッシュレス決済導入キャンペーン比較一覧【2021年5月版】

現在、キャッシュレス決済サービス・決済代行サービス各社では、お得なキャンペーンを実施しているものも少なくありません。

「導入に必要な周辺機器の無料提供」「期間限定で決済手数料が無料になる」など、サービスによって様々です。

この記事では、

  • 常時「無料」で決済端末を提供しているサービス
  • 「モバイル決済サービス(決済代行会社)」が実施しているキャンペーン
  • 「QRコード決済サービス」各社と直接契約した場合のみ適用される独自のキャンペーン

それぞれを一覧形式でご紹介していきます。

常時「無料」で決済端末を提供しているサービス

申し込み期間を問わず、決済端末を「常時0円」で提供しているサービスを紹介します。

決済端末そのものを無料提供しているため、導入費用は一切掛かりません

また、導入から利用に至るまで店舗が負担する費用は「3.24~3.74%」の決済手数料のみ

ここで紹介する決済端末「VEGA3000」は、JCB・三菱UFJニコス・UCカードの大手カード会社3社出資の決済代行会社「JMS」が提供しております。

  • VEGA3000
  • 常時、決済端末を無料提供
  • マルチ決済端末「VEGA3000」が無料
  • 60,000円
  • なし
  • 他社相場では、60,000円ほどする「VEGA3000」を1店舗につき1台「VEGA3000」を無料提供!導入後も月額費用・維持費等は無料のため、「3.24~3.74%」の決済手数料のみで利用可能です。

モバイル決済サービス(決済代行会社)各社の加盟店向けキャンペーン一覧

モバイル決済サービス(決済代行会社)は、スマホやタブレットといった「モバイルデバイス」と「カードリーダー」をBluetooth接続して利用する決済端末です。

現在、各社が実施中のキャンペーンでは、iPadを無料提供している「Airペイ(エアペイ)以外は、モバイルデバイス(スマホorタブレット)を店舗側で用意する必要があります。

  • Airペイ
  • キャッシュレス導入0円キャンペーン
  • 「iPad」と「カードリーダー」の2点が無料
  • 52,334円
  • 提供可能台数に達した時点で終了
  • 今なら「iPad」と「カードリーダー」の2点が無料!モバイル端末が手元にない方や、店舗専用のiPadが欲しい方におすすめ◎

  • STORES 決済(旧:Coiney)
  • いまだけタダ!コトはじめキャンペーン
  • カードリーダー無料
  • 19800円
  • 2021年6月30日まで
  • 今なら「カードリーダー」が無料!2021年6月30日までに新規申込した店舗が対象。「iOS」「andloid」どちらでも使えるため、手持ちのスマホを使えば導入費用が一切掛かりません。
  • 楽天ペイ
  • クレジットカード・電子マネー決済導入0円キャンペーン
  • カードリーダー無料
  • 19800円
  • 2021年7月31日まで
  • 今なら「カードリーダー」が無料!2021年7月31日までに新規契約を行った店舗が対象。「iOS」「andloid」の両方に対応している楽天ペイなら手持ちのスマホを使えば導入費用は掛かりません。

QRコード決済サービス各社の加盟店向けキャンペーン一覧

QRコード決済サービスでは、決済代行会社を挟まずに直接契約することが可能です。

以下のキャンペーンは、各社と直接契約した場合のみ適用されます。

  • PayPay(ペイペイ)
  • 3つの手数料が全て無料!
  • 2021年9月末まで決済手数料無料
  • 2021年9月末までの 手数料補助分
  • 受付終了未定
  • 「初期費用」「決済手数料」「入金手数料」の3点全てが無料!決済手数料は「PayPay=2021年9月末まで」の期間、無料です。PayPay以外の外国人向けQRコード決済の手数料は1.98% と業界最安水準。

  • auPAY
  • 3つの手数料が全て無料!
  • 2021年7月末まで決済手数料無料
  • 2021年7月末までの手数料補助分
  • 受付終了未定
  • 「初期費用」「決済手数料」「入金手数料」の3点全てが無料!決済手数料は「auPAY=2021年7月末まで」の期間、無料です。以降の決済手数料は3.25%です。

※各社と直接契約した場合のみ適用
※Airペイ(エアペイ)など決済代行サービス経由は対象外

手数料に関するキャンペーンを実施中のサービスがお得!

決済端末に関する補助は、実質的に導入費用が無料になりますが、独自に手数料補助を行っているサービスがお得です。

  • PayPay(ペイペイ)⇒他社より3.24%お得
    • 2021年9月末までPayPay(ペイペイ)の決済手数料無料
  • auPay⇒他社より3.24%お得
    • 2021年7月末までauPAYの決済手数料無料

独自の手数料補助を行っているサービスは、決済ブランドにより「3.24%」程度、決済手数料がお得に利用できます。

例えば、対象の決済での売り上げが100万円あった場合の手数料補助額は以下の通り。

サービス 他社の手数料相場 売上100万円時の実質割引額
PayPay(ペイペイ) 3.24% 32400円
auPAY 3.24% 32400円

「PayPay(ペイペイ)」「auPay」は、Airペイ(エアペイ)など他社サービスでも利用可能ですが、決済手数料が3.24%掛かってしまいます

関連記事

リクルートが提供するAirペイ(エアペイ)の姉妹サービスである「Airペイ(エアペイ)QR」。 QR決済に対応したかったので、「Airペイ(エアペイ)QR」の申し込みを行おうとしたのですが、申し込み画面を進んでも「PayPay(ペイペ[…]

各QRコード決済と直接契約を行えば、決済手数料が無料できるため、僕の知人のお店では、

といった形で併用して使い分けてます。

ただし、併用する場合、管理画面やアプリ、決済分の入金サイクルがバラバラになってしまうため、経理業務や会計業務など管理やオペレーションが大変です。

手数料負担と管理面を考慮すると、

といった形での導入がおすすめです。

運営者HIRAKUのTwitterはこちら