カード手数料がもっとも安いお得な決済サービスはこれ!~決済手数料比較から徹底解説~

「クレジットカードをお店に導入したいけど、決済手数料(加盟店手数料)が安いサービスはどこ?」

そんなお悩みをお持ちの事業者の方に向けて、決済手数料が安い決済サービス7社を紹介していきます。

この記事では、クレジットカードの決済手数料相場カードブランドのシェアといった基礎知識からカードブランド別に決済サービス7社の決済手数料を比較し、もっとも決済手数料が安い決済サービスを解説していきます。

時間がなく、結論だけ知りたいという方は「結局のところ、決済手数料がもっとも安い決済サービスはどれ?からご覧ください。

クレジットカードの決済手数料が安い7社の決済サービス

これまでクレジットカードの決済手数料は、事業者規模や年間の決済額、業種、取り扱い商品などによって、店舗ごとに定められることが一般的でした。

この場合、審査に時間や手間が掛かるため、個人事業主や中小企業など売上規模の小さい事業者の場合、決済手数料は4~7%と高く設定されることも少なくありませんでした。

最近では、一律の決済手数料でサービス提供することで、導入や運用に掛かるコストを削減し、事業者規模や決済額に関わらず2~3%の決済手数料でカード決済を導入できるものも増えてきました。

具体的には、以下の7社の決済サービスが挙げられます。

決済手数料導入費用月額費用
stera pack 2.80~3.25%無料3,300円/月
VEGA30003.24~3.74%無料無料
Airペイ3.24~3.74%実質無料無料
Square3.25~3.95%7980円~
※カードリーダーを使用しない場合は無料
無料
STORES 決済 (旧:Coiney)3.24~3.74%実質無料無料
楽天ペイ 3.24 ~3.74%実質無料無料
Times Pay3.24 ~3.74%38,000円(税込)無料

※導入費用が実質無料のサービスは、スマホやタブレットなど周辺機器を店舗側で用意する必要があります。

一律の決済手数料でサービスを提供するものの多くは、モバイル端末(スマホまたはタブレット)とカードリーダーを接続して、決済処理を行う「モバイル決済サービス」です。

しかし、こうしたモバイル決済サービスの動きに合わせて、JCB出資の決済代行会社JMSの『VEGA3000』や、三井住友グループの『stera pack 』といった高機能なマルチ決済端末でも事業者規模を問わず一律の決済手数料でサービスを提供するようになりました。

JMS提供「VEGA3000」
三井住友グループ「stera pack」

上記、2つの決済サービスは導入時に端末が無料提供されるため、導入費用が一切掛かりません。

「モバイル決済サービス」の多くは、カードリーダーを無料提供しているものの、モバイル端末(スマホまたはタブレット)など周辺機器を店舗側で用意する必要があるため、導入費用や手間をかけたくない場合には、『VEGA3000』『stera pack 』がおすすめです。

クレジットカード決済の手数料相場

カード決済の決済手数料相場は、決済ブランド毎に異なります。

決済ブランド毎の決済手数料相場
  • VISA、Mastercard⇒3.24%~3.25%
  • AMEX⇒3.24~3.74%
  • JCB⇒3.74~3.95%
  • Diners Club/Discover/銀聯⇒3.25%~3.74%

決済手数料は、VISA、Mastercardが最も低く、JCBが最も高いです。

決済ブランド別の国内シェア(利用率)

カード決済に限らず、キャッシュレス決済を導入する上で大切なのは使われる決済方法にしっかり対応するということです。

キャッシュレス対応の最大の目的は、お客様の利便性を高めることでの売上アップなので、人気のないキャッシュレス決済に対応してもあまり意味がありません。

日本国内における国際ブランドのシェアは以下の通りです。

国際ブランド国内のシェア
VISA55%
JCB30%
MasterCard12%
AMEX2%
ダイナースクラブ1%以下
銀聯1%以下
Discover-※

出典:「クレジットカード利用実態調査」の結果を公表
※Discoverは国内発行不可のため、調査対象外

VISA、JCB、MasterCardの3ブランドの利用率が高く、国内シェアの97%を占めます。

つまり、「カード決済導入=VISA、JCB、MasterCardに対応すること」といっても過言ではありません。

しかし、JCBは決済手数料が高いため、あえて導入しないという店舗も少なくありません。一部の決済サービスを除いて、決済ブランド毎に対応の有無を選択できないため、注意が必要です。

JCBを導入したくないという場合は、

上記のいずれかの決済サービスを選ぶと良いでしょう。

【カードブランド別】決済サービス7社の決済手数料比較

ここからは、決済サービス7社の決済手数料をカードブランド別に比較していきます。

VISA/Mastercardの決済手数料比較

VISA/Mastercardの決済手数料は『stera pack』が2.80%と他社より安く、残る6社は横並びです。

visa
Mastercard®
VISA/Mastercard®の決済手数料(加盟店手数料)
stera pack 2.80
VEGA30003.24
Airペイ(エアペイ)3.24
Square(スクエア)3.25
STORES 決済 (旧:Coiney)3.24
楽天ペイ 3.24
TimesPay3.24%

JCBの決済手数料比較

JCBの決済手数料は『Square』のみ3.95%と若干高く、『stera pack』は非対応、残る5社は横並びです。

JCB
JCBの決済手数料(加盟店手数料)
stera pack 非対応
VEGA30003.74
Airペイ(エアペイ)3.74
Square(スクエア)3.95
STORES 決済 (旧:Coiney)3.74
楽天ペイ 3.74
TimesPay3.74%

AMEXの決済手数料比較

AMEXの決済手数料は、決済サービスによって3.24%~3.74%と違いがあります。

AmericanExpress
AMEXの決済手数料(加盟店手数料)
stera pack 非対応
VEGA30003.74
Airペイ(エアペイ)3.24
Square(スクエア)3.25
STORES 決済 (旧:Coiney)3.24
楽天ペイ 3.24
TimesPay3.74%

AMEXはゴールドカードやプラチナカード等、ステータスの高いカードになるつれて、シェアが高くなるため、高単価商品を扱うお店は対応しておくべきでしょう。

一度の決済が高額になるほど、利用者が増えるため、お店の業種・業態によっては決済割合が多くなる場合もあります。

銀聯(UnionPay)の決済手数料比較

銀聯(UnionPay)は対応している決済サービスが3社のみと限定的です。

決済手数料は『stera pack』は3.25%、残る2社は横並びです。

AmericanExpress
銀聯(UnionPay)の決済手数料(加盟店手数料)
stera pack 3.25
VEGA30003.74
Airペイ(エアペイ)3.74
Square(スクエア)非対応
STORES 決済 (旧:Coiney)非対応
楽天ペイ 非対応
TimesPay非対応

国内でのシェアはほとんどありませんが、世界シェアは約13%とVISA、MasterCardに次ぎます。

銀聯(UnionPay)は、中国本土を中心に全世界で70億枚以上発行されており、中国人観光客をターゲットとする事業者は対応しておきたい決済ブランドです。

Diners Club/Discoverの決済手数料比較

Square(スクエア)を除くサービスは3.74%と横並びです。

銀聯カードはAirペイ(エアペイ)・VEGA3000のみ対応しております。

DinersClub
Discover
Diners Club/Discoverの決済手数料(加盟店手数料)
stera pack 非対応
VEGA30003.74
Airペイ(エアペイ)3.74
Square(スクエア)3.25
STORES 決済 (旧:Coiney)3.74
楽天ペイ 3.74
TimesPay3.74%

Square(スクエア)が3.25%と最も安いですが、いずれも国内でのシェアが少ないため、使われる機会が少ないブランドです。

結局のところ、決済手数料がもっとも安い決済サービスはどれ?

決済手数料がもっとも安い決済サービスは、Visa、MasterCardの決済手数料が2.80%の『stera pack です。

しかし、『stera pack 』は、月額費用が掛かるため、毎月の決済額によっては、他社サービスより毎月のコストが高くなります。また、JCB、AMEXに対応していないため、これらの決済方法に対応したい場合には選択肢から外れてしまいます。

ここでは、

  • 『stera pack』の毎月のコストが他社より安くなる毎月の平均決済額
  • 『stera pack』を除いた6社で決済手数料がもっとも安い決済サービス

上記、2点について詳しく解説していきます。

『stera pack』の毎月のコストが他社より安くなる毎月の平均決済額

stera pack 』のVisa、MasterCardの決済手数料は2.80%他社サービスより0.44%ほど低い料率ですが、月額費用として3300円(税込)が掛かります。

この月額費用を加味すると、VISA、MasterCardの決済金額が月間75万円を境に、他社サービスより毎月の費用負担が安くなります。

決済額stera pack(決済手数料2.80%)他社サービス(決済手数料3.24%)
25万円7000円(決済手数料)+3300円(月額費用)=10300円8100円(決済手数料)
50万円14000円(決済手数料)+3300円(月額費用)=17300円16200円(決済手数料)
75万円21000円(決済手数料)+3300円(月額費用)=24300円24300円(決済手数料)
100万円28000円(決済手数料)+3300円(月額費用)=31300円32400円(決済手数料)
125万円35000円(決済手数料)+3300円(月額費用)=38300円40500円(決済手数料)

つまり、Visa、MasterCardの「月間決済額が平均75万円以上」または「年間決済額が900万円以上」ある場合は、『stera pack 』の決済手数料がもっとも安いです。

また、『stera pack 』は年間の決済額が500万円以上ある場合、翌年のVisa、MasterCardの決済手数料が2.70%に引き下げられるため、さらにお得に利用可能です。

カード決済の対応数こそ少ないものの、電子マネー決済やQRコード決済を合わせると全25種に対応しており、国内で利用率が高い決済方法にバランス良く対応することができます。

  • 対応決済ブランドの種類全25種
    全3種
    全13種
    全9種

    stera pack

    • お得情報マルチ決済端末「stera terminal」が無料
    対応決済ブランドの種類全25種
    全3種
    全13種
    全9種
    決済手数料2.80~3.25%審査期間申し込みから1.5~2ヶ月
    導入費用無料入金手数料三井住友銀行口座は無料
    ※その他の銀行口座は220円(税込)

『stera pack』を除いた6社で決済手数料がもっとも安い決済サービス

「Visa、MasterCardの月間決済額が平均75万円未満」
「月間の決済額がわからない」
「JCBやAMEXにも対応したい場合」

こうした場合には、「stera pack」以外の6社から導入するサービスを選ぶと良いでしょう。

決済ブランド別の国内シェアを基に、100万円分のクレジット決済を行った際の各サービスの決済手数料は以下の通りです。

100万円決済時の手数料
Airペイ(エアペイ)33,950円
STORES 決済 (旧:Coiney)33,950円
楽天ペイ 33,950円
VEGA300034,050円
Square(スクエア)34,600円
TimesPay34,050円

6社の中でもっとも決済手数料が安いサービスは、

上記、3つに絞られるわけですが、正直なところ決済手数料の差額は微々たるものです。

そのため、決済手数料以外の費用負担や周辺機器を店舗側で用意する必要のないVEGA3000』がおすすめです。

VEGA3000』を提供する決済代行会社JMSでは1店舗につき1台まで決済端末を無料提供しており、導入から決済まで3.24~3.74%の決済手数料のみで利用可能です。

サポート力の高さから他社サービスから乗り換えるお店も増えており、初めてのキャッシュレス導入にもおすすめのサービスです。

  • 対応決済ブランドの種類全37種
    全7種
    全16種
    全14種

    VEGA3000

    • お得情報マルチ決済端末「VEGA3000」が無料
    対応決済ブランドの種類全37種
    全7種
    全16種
    全14種
    決済手数料3.24~3.74%審査期間申し込みから約4週間
    導入費用無料入金手数料無料

クレジットカードの決済手数料に関するキャンペーンを実施しているサービスはある?

現在、クレジットカードの決済手数料に関するキャンペーンを実施しているサービスはありません。

以前は、『STORES 決済 (旧:Coiney)』が決済手数料をお得に導入できる『コトはじめキャンペーン』や『のっとくキャンペーン』を実施しておりました。

『コトはじめキャンペーン』とは?
2021年8月末までに新規申し込みを行った場合、最大10万円分にかかる決済手数料をキャッシュバック
『のっとくキャンペーン』とは?
2020年4月末までに新規申し込みを行った場合、2020年7月1日~12月31日までの期間、決済手数料が実質2.16%。

ちなみに、『STORES 決済 (旧:Coiney)』では現在、カードリーダーを無料提供しているため、手持ちのスマホまたはタブレットを使うことで実質無料で導入可能です。

決済サービス各社が現在実施しているキャンペーンは以下の記事をご覧ください。

関連記事

現在、キャッシュレス決済サービス・決済代行サービス各社では、お得なキャンペーンを実施しているものも少なくありません。「導入に必要な周辺機器の無料提供」や「期間限定で決済手数料が無料になる」など、サービスによって様々です。この[…]

カード決済の手数料がネックならQRコード決済の導入がおすすめ

以前に比べて、安価な決済手数料で導入できるようになったカード決済ですが、3%前後と業種によってはまだまだ導入するのが厳しいお店も少なくないと思います。

そうした場合には、PayPayで有名なQRコード決済の導入を検討してみていかがでしょうか。

一部のQRコード決済は、公式サイトから直接契約した場合に限り、2021年9月末まで決済手数料が無料で導入することができます。

具体例を挙げると、

  • PayPay』…PayPay・LINE Payの決済手数料が2021年9月末まで無料
  • auPAY』..auPAYの決済手数料が2021年9月末まで無料

また、無料期間終了後は、

  • PayPay』…1.60%または1.98%
  • auPAY』…2.60%

といった形で、カード決済より決済手数料が安いです。

上記の決済手数料はQRコード決済各社と直接契約した場合のみ適用されます。

『Airペイ』や『stera pack』での決済は各サービスで設定された手数料(3.24~3.25%)が掛かります。

決済手数料を少しでも抑えたい場合は、『PayPay』は直接契約して対応、他の決済は『stera pack』で対応するなど、併用することをおすすめします。

とくに『PayPay』は、QRコード決済の中でシェアが最も高く、他社サービスと比べても群を抜いております

上述からQRコード決済を導入していない場合は、とりあえず『PayPay』だけでも導入しておくべきでしょう。

また、『PayPay』は、間接的にカード決済にも対応できるため、これまで決済手数料がネックでキャッシュレス導入に踏み切れなかったお店にもおすすめです。

PayPay公式サイトからのお申込みはこちら

まとめ

カード決済の手数料がもっとも安い決済サービスはこれ

  • VISA、MasterCardの月間平均決済額が75万円以上ある場合は『stera pack
  • 月間平均決済額が75万円未満の場合は、決済手数料以外の費用負担や周辺機器を用意する必要が一切ない『VEGA3000』がおすすめ
  • カード決済の手数料が高い場合には『PayPay』の導入がおすすめ

当たり前の話ですが、決済手数料は決済額が多ければ多いほど、お店側の負担額が増えるため、少しでも料率の低いものを選ぶと良いでしょう。

毎月の決済額や対応したい決済方法に応じて、お店に合った決済サービスを選んでみてください。

  • 対応決済ブランドの種類全25種
    全3種
    全13種
    全9種

    stera pack

    • お得情報マルチ決済端末「stera terminal」が無料
    対応決済ブランドの種類全25種
    全3種
    全13種
    全9種
    決済手数料2.80~3.25%審査期間申し込みから1.5~2ヶ月
    導入費用無料入金手数料三井住友銀行口座は無料
    ※その他の銀行口座は220円(税込)
  • 対応決済ブランドの種類全37種
    全7種
    全16種
    全14種

    VEGA3000

    • お得情報マルチ決済端末「VEGA3000」が無料
    対応決済ブランドの種類全37種
    全7種
    全16種
    全14種
    決済手数料3.24~3.74%審査期間申し込みから約4週間
    導入費用無料入金手数料無料
  • 対応決済ブランドの種類全5種
    非対応
    非対応
    全5種

    PayPay

    • キャンペーンPayPay決済総額の3%キャッシュバック
    対応決済ブランドの種類全5種
    非対応
    非対応
    全5種
    決済手数料1.60~1.98%審査期間最短1週間
    導入費用無料入金手数料無料
運営者HIRAKUのTwitterはこちら