カード手数料がもっとも安いお得な決済サービスはこれ!~決済手数料比較から徹底解説~

「クレジットカードをお店に導入したいけど、決済手数料(加盟店手数料)が安いサービスはどこ?」

そんなお持ちの事業者の方に向けて

  • 「各サービスのカード手数料比較(ブランド別)」
  • 「決済手数料に関するお得なキャンペーンを実施しているサービス」
  • 「クレジットカードシェア率から最も手数料が安いサービス」

上記、3点から最もお得な決済サービスを解説していきます。

クレジットカードの決済手数料が安いのは「モバイル決済端末」

従来の「CAT端末(据置型端末)」は、電話回線を通じて情報照会を行う必要があり、導入に費用や時間がかかります。対して、モバイル決済端末は、インターネットに繋がる環境であれば、どこでも利用することができます。

また、お店にインターネット環境がなくても、キャリア通信できる「モバイル端末(スマホ・タブレット)」があれば利用することができます。

モバイル決済は、導入の手軽さに加え、各ブランドの決済を3%台の手数料で利用することができる決済代行サービスです。

クレジットカード会社と直接加盟契約を行うことで、モバイル決済サービスより低料率で利用できる場合もありますが、審査の厳しさやブランドごとに契約を行うため、非常に手間が掛かります。

よほど規模感の大きい会社でない限りは決済代行サービスを利用することが一般的です。

上記の理由からこの記事では、モバイル決済にスポットを当て、手数料率が安いサービス、キャンペーンについて解説していきます。

JCB出資の決済会社JMSでは、マルチ決済端末VEGA3000」を導入費用無料で提供を開始しました。

決済手数料も3%台とモバイル決済端末と同水準であるため、当記事内で併せて解説していきます。

モバイル決済サービスの決済手数料相場

モバイル決済サービスの通常時の決済手数料は、決済ブランドにより3.24%~3.95%。

決済ブランドの料率相場としては、

  • VISA/Mastercard®⇒3.24%~3.30%
  • AMEX⇒3.24~3.74%
  • JCB⇒3.74~3.95%
  • Diners Club/Discover/銀聯⇒3.25%~3.74%

「Diners Club/Discover/銀聯」は国内ではあまり利用されません。
そのため、「VISA」「Mastercard®」「AMEX」「JCB」の4ブランドの料率が低い=決済手数料が安いサービスとなります。

決済ブランドごとに各決済サービスの決済手数料を比較してみていきましょう。

VISA/Mastercard®のモバイル決済各社の決済手数料比較

VISA/Mastercard®の決済手数料は「Square(スクエア)」を除く、サービスは3.24%と横並びです。

サービス
visa
Mastercard®
VISA/Mastercard®の決済手数料(加盟店手数料)
Airペイ(エアペイ) 3.24%
VEGA3000 3.24%
Square(スクエア) 3.25%
STORES 決済(旧:Coiney) 3.24%
楽天Pay 3.24%
Times Pay(タイムズペイ) 3.24%

JCBのモバイル決済各社の決済手数料比較

JCBの決済手数料は、3.74%料率が多く、Square(スクエア)のみ3.95%と若干高いです。

サービス
JCB
JCBの決済手数料(加盟店手数料)
Airペイ(エアペイ) 3.74%
VEGA3000 3.74%
Square(スクエア) 3.95%
STORES 決済(旧:Coiney) 3.74%
楽天Pay 3.74%
Times Pay(タイムズペイ) 3.74%

モバイル決済サービスが登場する前は、CAT端末といった据置型の決済システムを利用する必要がありました。

この頃は、JCBの決済手数料として4~5%程度取られていたので、大分料率が下がった印象ですね。

AMEXのモバイル決済各社の決済手数料比較

AMEXの決済手数料は、サービスにより3.24%~3.74%。

サービス
AmericanExpress
AMEXの決済手数料(加盟店手数料)
Airペイ(エアペイ) 3.24%
VEGA3000 3.74%
Square(スクエア) 3.25%
STORES 決済(旧:Coiney) 3.24%
楽天Pay 3.24%
Times Pay(タイムズペイ) 3.74%

AMEXは全体のシェアでは2%程度ですが、プラチナカードといったグレードの高いカードのみに絞った場合のシェアでは15%とステータスの高い人に良く使われます。

一度の決済が高額になるほど、利用者が増えるため、お店の業種・業態によっては決済割合が多くなる場合もあります。

Diners Club/Discover/銀聯のモバイル決済各社の決済手数料比較

Square(スクエア)を除くサービスは3.74%と横並びです。

銀聯カードはAirペイ(エアペイ)・VEGA3000のみ対応しております。

サービス
DinersClub
Discover
銀聯
Diners Club/Discover/銀聯の決済手数料(加盟店手数料)
Airペイ(エアペイ) 3.74%
VEGA3000 3.74%
Square(スクエア) 3.25%
STORES 決済(旧:Coiney) 3.74%
※銀聯は非対応
楽天Pay 3.74%
※銀聯は非対応
Times Pay(タイムズペイ) 3.74%
※銀聯は非対応

Square(スクエア)が3.25%と最も安いですが、いずれも国内でのシェアが少ないため、使われる機会が少ないブランドです。

クレジットブランドシェアから最もお得な決済サービスを考察

少し前の調査ですが、2017年に行われたクレジットカード利用実態調査における国際ブランドシェア率は以下の通りです。
※「Discover」は日本国内では発行できないため調査外


出典:「クレジットカード利用実態調査」の結果を公表

グレードによってシェア率が異なりますが、全体での平均(TOTAL)を基に、100万円分のクレジット決済を行った際の各サービスの決済手数料は以下の通り。

サービス 100万円決済時の手数料
Airペイ(エアペイ) 33950円
VEGA3000 34050円
Square(スクエア) 34600円
STORES 決済(旧:Coiney) 33950円
楽天Pay 33950円
Times Pay(タイムズペイ) 34050円

最も手数料が安いサービスは、

上記、3つのサービスに絞られます。

中でもおすすめは「Airペイ(エアペイ)」。

カード決済・電子マネー決済・QRコード決済」全てに対応しており、全31種と業界最多の決済手段を一括で導入できます。

また、現在実施中の「キャッシュレス導入0円キャンペーン」を利用すれば、導入に必要な「iPad」と「カードリーダー」の2点が無料提供されるため、決済手数料以外のコストが一切かかりません

  • 対応決済ブランドの種類全31種
    全7種
    全12種
    全12種

    Airペイ(エアペイ)

    • キャンペーン「iPad」と「カードリーダー」の2点が無料
    対応決済ブランドの種類全31種
    全7種
    全12種
    全12種
    決済手数料3.24~3.74%審査期間最短3営業日
    導入費用無料入金手数料無料

ただし、

キャッシュレス導入が初めてで不安

という場合には、唯一対面サポートを行っている「VEGA3000」がおすすめです。

Airペイ(エアペイ)に比べると知名度はありませんが、JCBをはじめとした大手カード会社3社が出資する「決済代行会社JMS」が提供するサービスです。

サポート力の高さから他社サービスから乗り換えるお店も増えているサービスです。

  • 対応決済ブランドの種類全23種
    全7種
    全16種
    対応予定

    VEGA3000

    • お得情報マルチ決済端末「VEGA3000」が無料
    対応決済ブランドの種類全23種
    全7種
    全16種
    対応予定
    決済手数料3.24~3.74%審査期間申し込みから約4週間
    導入費用無料入金手数料無料

過去にカード決済手数料がお得になるキャンペーンを実施していたサービスも!

2020年5月現在、カード手数料に関するキャンペーンを実施しているサービスはありません。

過去に実施していたカード手数料に関するキャンペーンでは、STORES 決済(旧:Coiney)の「のっとくキャンペーン」が挙げられます。

のっとくキャンペーン」は、2020年4月末までの新規申し込みを行った場合、2020年7月1日~12月31日までの期間、決済手数料が実質2.16%で利用できるというもの。

キャッシュレス化は国が推進しているため、今後、導入促進として「カード手数料」に関するキャンペーンを実施するサービスが出てくる可能性もあります。

モバイル決済端末が導入費用が安いため、キャンペーンに併せて、端末の乗り換えや併用を行うことも可能です。

当サイトでは、決済サービス各社の導入キャンペーンを以下の記事で随時更新しております。

関連記事

現在、キャッシュレス決済サービス・決済代行サービス各社では、お得なキャンペーンを実施しているものも少なくありません。 「導入に必要な周辺機器の無料提供」や「期間限定で決済手数料が無料になる」など、サービスによって様々です。 この[…]

「クレジットカード決済以外の決済手数料が安い」お得なモバイル決済サービス

クレジットカード決済以外の決済手数料に関するキャンペーンを行っているサービスは以下の4社。

  • PayPay…PayPay(ペイペイ)の決済手数料が無料
  • auPAY…auPAYの決済手数料が無料
  • d払い…d払い・メルペイの決済手数料が無料
  • LINEPay(ラインペイ)…LINEPay(ラインペイ)・WeChatPay・NAVERPayの決済手数料が無料

とくにPayPayは、QRコード決済の中でシェアが最も高く、他社サービスと比べても群を抜いております

上述からQRコード決済を導入していない場合は、とりあえずPayPayだけでも導入しておくべきでしょう。

PayPay公式サイトからのお申込みはこちら

【まとめ】0.1%でも決済手数料が安いサービスを選ぶべき

当たり前の話ですが、決済手数料は決済額が多ければ多いほど、お店側の負担額が増えるため、少しでも料率の低いものを選ぶと良いでしょう。

QRコード決済は、クレジット決済のように直接契約のハードルが高いわけではないので、各社の公式サイトから申し込みを行うと良いでしょう。

決済手数料で選ぶならこれ
  • 対応決済ブランドの種類全31種
    全7種
    全12種
    全12種

    Airペイ(エアペイ)

    • キャンペーン「iPad」と「カードリーダー」の2点が無料
    対応決済ブランドの種類全31種
    全7種
    全12種
    全12種
    決済手数料3.24~3.74%審査期間最短3営業日
    導入費用無料入金手数料無料
初めてのキャッシュレス導入におすすめのサービス
  • 対応決済ブランドの種類全23種
    全7種
    全16種
    対応予定

    VEGA3000

    • お得情報マルチ決済端末「VEGA3000」が無料
    対応決済ブランドの種類全23種
    全7種
    全16種
    対応予定
    決済手数料3.24~3.74%審査期間申し込みから約4週間
    導入費用無料入金手数料無料
決済手数料無料で導入できるQRコード決済
  • 対応決済ブランドの種類全4種
    未対応
    未対応
    全4種

    PayPay

    • キャンペーン2021年9月末まで決済手数料無料
    対応決済ブランドの種類全4種
    未対応
    未対応
    全4種
    決済手数料無料 ※2021年9月末まで ※PayPay以外は1.98%審査期間最短1週間
    導入費用無料入金手数料PayPay銀行(旧:ジャパンネット銀行)は無料
    ※他行は105円(税込)
  • 対応決済ブランドの種類全3種
    未対応
    未対応
    全3種

    auPAY

    • キャンペーン2021年7月末まで決済手数料無料
    対応決済ブランドの種類全3種
    未対応
    未対応
    全3種
    決済手数料無料
    ※auPAYは2021年7月末まで ※auPAY以外は3.25%
    審査期間申し込みから最短2営業日
    導入費用無料入金手数料無料
運営者HIRAKUのTwitterはこちら