Instagramで商品・サービスを販売する2つのアイデア

写真や動画で、商品の魅力を視覚的に宣伝できるInstagram(インスタグラム)。

無料で使えるSNSだからこそ、ビジネスに活用したいと考えている個人事業主や中小企業も多いのではないでしょうか。

そんな方に向けて、Instagram(インスタグラム)を活用した商品販売方法を2つご紹介致します。

1つ目の方法は、主に物販向けの「Instagramショッピング機能」を使った販売方法を紹介していきます。

2つ目の方法は、ユーザーと直接やり取りを行う「直接販売」について紹介していきます。この方法では、「Instagramショッピング機能」が利用できない無形商品やサービスといった商品販売も可能です。

方法1.Instagramショッピング機能を利用する

インスタグラムで商品販売を行う基本的な方法です。

Instagramショッピング機能は、投稿画像・動画から商品購入ページに直接リンクできる機能です。

上記の例のように、Instagramショッピング機能を使えば、投稿画像・動画に商品タグ(商品名と価格、商品購入ページへのリンク)を設定することができます。

ユーザーが投稿画像をタップすることで、商品タグが表示されます。

商品タグをタップすれば、商品詳細ページから購入ページにアクセスできるため、認知から購入までスムーズな導線作りが可能です。

また、Instagram上の店舗であるショップとして一覧ページショップ検索にも表示されるため、Instagramで商品を探しているユーザーの目に止まりやすくなります。

Instagramショッピング機能の導入手順

導入前に準備しておくもの

Instagramショッピング機能の導入には、

  • ECサイト(ネットショップ)
  • Instagramアカウント
  • Facebookアカウント

が必要です。

ECサイト(ネットショップ)は、審査に必要なので申込み前に用意しておきましょう。

ECサイト(ネットショップ)を持っていない場合は、ショッピング機能との連携機能が提供されているネットショップ作成サービスを利用すると良いでしょう。

Instagramと連携できるネットショップ作成サービス3選
サービス初期費用月額固定費決済手数料販売手数料
Squareオンラインビジネス無料
  • フリー:0円/月
  • プロフェッショナル:1,200円/月
  • パフォーマンス:2,500円/月
  • プレミアム:6,800円/月
3.60~3.95%無料
STORES 無料
  • フリープラン:0円/月
  • スタンダードプラン:2,178円/月
3.60~5.0%無料
BASE無料
  • 従来プラン:0円/月
  • グロースプラン(2022年4月~提供開始):5980円/月
2.90~3.60%+40円0~3%

導入手順

Instagramショッピング機能の導入手順は以下の通り。

  1. Instagramでの販売に適していることを確認
  2. Instagramアカウントが個人用の場合は、ビジネスアカウントまたはクリエイターアカウントに切り替える
  3. FACEBOOKページとアカウントリンクさせる
  4. コマースマネージャーからショップ追加を行う
  5. 商品カタログを作成し、審査を受ける

上述の流れで審査を受け、問題がなければ『Instagramショッピング機能』が利用可能になります。

審査後から投稿やストーリーズに「商品タグ」として商品名・価格の表示と商品販売ページへのリンクが設定できます。

Instagramショッピング機能のメリット

認知から購入までのスムーズな導線が作れる

Instagram(インスタグラム)は、それぞれのユーザーが持つ興味関心に合わせた投稿が表示されるよう設計されております。

そのため、普段の投稿に関連した商品であれば、興味関心の強いユーザーに認知させることができるのです。

また、投稿内の商品タグをタップするだけで商品購入ページに辿り着くことができるため、認知から購入までスムーズな導線作りが可能になります。

広告っぽさの少ない宣伝ができる

Instagramショッピング機能は、投稿に商品タグを設置できるため、過度な売り込みを感じさせません。

あからさまな広告を嫌うユーザーに、自然な流れで宣伝することができます。

むしろ、インスタ映えするクリエイティブな投稿を意識することで、ユーザーが拡散してくれることにも期待が持てます。

初期費用や維持費がかからない

Instagramショッピング機能は、初期費用や維持費が掛かりません

Instagram(インスタグラム)に対して費用が発生するのは、広告出稿を行った場合のみです。

ただし、自前のECサイト(ネットショップ)が必要になるので、これらに掛かる販売手数料等の利用料の負担が必要です。

Instagramショッピング機能のデメリット

自前のECサイト(ネットショップ)が必要

日本では、InstagramおよびFacebookアプリ内での決済に対応していないため、自前のECサイトを用意する必要があります。

これからECサイトを作成する場合、Square(スクエア)BASE等、Instagramショッピング機能と連携対応しているサービスを利用すると良いでしょう。

Instagramと連携できるネットショップ作成サービス3選
サービス初期費用月額固定費決済手数料販売手数料
Squareオンラインビジネス無料
  • フリー:0円/月
  • プロフェッショナル:1,200円/月
  • パフォーマンス:2,500円/月
  • プレミアム:6,800円/月
3.60~3.95%無料
STORES 無料
  • フリープラン:0円/月
  • スタンダードプラン:2,178円/月
3.60~5.0%無料
BASE無料
  • 従来プラン:0円/月
  • グロースプラン(2022年4月~提供開始):5980円/月
2.90~3.60%+40円0~3%

コマースポリシーで制限されている商品は販売できない

Instagram(インスタグラム)を運営するMeta社(旧Facebook)は、Instagramショッピング機能に関するコマースポリシー(利用規約)を定めております。

コマースポリシーで制限されている商品を販売する場合は、Instagramショッピング機能を使うことができません。

具体的には、

  • 無形商品…デジタルコンテンツやセミナー、イベントなど物体としての形を持たないもの
  • サービス…ハウスクリーニングやコンサルティング、デザイン制作、写真撮影などの役務提供
  • タバコ、アルコール類
  • 成人向け製品
  • 経口サプリメント
  • 医療関連アイテム

上述のようなものが挙げられます。

引用:Facebookで販売できないのは、どのようなものですか。
https://www.facebook.com/help/130910837313345

例えば、イラストレーターやデザイナーが作成した作品をInstagram上で販売したいという場合、デジタルデータではInstagramショッピング機能を使うことができません

このような無形商品やサービスをInstagram(インスタグラム)上で宣伝して、発注を受けたい場合には、後述する直接販売を行う必要があります。

利用開始までに時間が掛かる

前述したとおり、Instagramショッピング機能は、Meta社(旧Facebook)が定めたコマースポリシーに従っている商品しか販売できません。

そのため、販売商品がコマースポリシーに従っているか、審査を受ける必要があります

この審査には一週間~一カ月ほど時間が掛かります。

ECサイト(ネットショップ)を持っていない場合には、審査を受ける前にECサイトを新たに作成する必要があるので、さらに時間が掛かります。

すぐに販売を開始したい場合には、後述する『直接販売』でとりあえず販売を開始し、審査が通り次第、Instagramショッピング機能を使うと良いでしょう。

方法2.直接販売する

Instagram(インスタグラム)で商品販売を行うもう一つの方法は、直接販売する方法です。

ECサイトを持っていない場合や、Instagramショッピング機能が利用できない無形商品を販売したい場合は、こちらの方法で販売を行います。

また、オーダーメイド品などお客様と相談しながら販売したい場合も直接販売がおすすめです。

Instagram(インスタグラム)で直接販売を行う手順

直接販売は、Instagramアカウントさえあれば、すぐに始めることができます

  1. プロフィールや投稿で商品が購入できる旨を伝える
  2. 購入希望者とDMでやり取りを行ったり、プロフィールに設置した販売ページから購入手続きをしてもらう
  3. 決済用のリンクや銀行振込などで商品代金を頂く
  4. 商品を発送する

直接販売でも商品の価格が共通の商品であれば、ECサイト(ネットショップ)を用意しておくとお客様にとって便利なだけでなく、安心感を与えます。

ただし、ECサイト(ネットショップ)作成は手間が掛かるので、商品名と価格を設定するだけで『決済用のリンク』が作成できる『Squareオンラインチェックアウト』の利用がおすすめです。

Instagram(インスタグラム)で直接販売するメリット

すぐに始められる

Instagramショッピング機能は、導入までの手順が多く、手間が掛かります。

直接販売する場合、審査を受ける必要がないため、思い立ったらすぐに商品販売することができます。

プロフィールや投稿で購入できることを伝え、購入したい場合はDMまたは、プロフィールに設置した販売ページへのアクセス促すだけです。

販売できる商品の幅が広い

直接販売ならInstagramショッピング機能で制限されている無形商品やサービスも販売可能です。

例えば、ウェブデザイナーや動画クリエイター等、Instagram(インスタグラム)上で自分の活動を宣伝し、仕事の発注を受けることができます。

また、オンラインサロンやイベント等では、その模様をInstagram(インスタグラム)上で公開し、参加者を募ることもできます。

お客様とコミュニケーションが取りやすい

販売のやり取りをDMで行う場合、お客様とコミュニケーションをとりながら販売を行うことができます。

仕様が決まっているようなものであれば、こうしたコミュニケーションは不要ですが、
オーダーメイド品やサービスの発注など、お客様の希望が反映されるような商品発注毎に仕様が異なる商品を販売する際には、直接販売がおすすめです。

具体例を挙げると、無店舗型のドライフラワー専門店『mukutou(むくとう)』では、『Squareオンラインチェックアウト』とInstagram(インスタグラム)を活用し、オーダーメイドで受注を受けております。

Instagram(インスタグラム)で直接販売するデメリットはユーザーの誘導が必要な点

購入したい方はDMからの連絡プロフィールのリンクから注文するように誘導が必要なため、商品自体の魅力はもちろん、ユーザーを引きつける写真や動画がより一層求められます

直接販売するなら『Squareオンラインチェックアウト』がおすすめ

直接販売を行う場合、決済方法が限定的になってしまいます。

そこで、便利なのが決済サービス『Square(スクエア)』が提供する『オンラインチェックアウト

Squareオンラインチェックアウト』は、商品名や値段を登録するだけで、クレジットカードに対応した決済用のリンクを商品ごとに作成できるサービスです。

Squareオンラインチェックアウト』で対応できるカードブランド
  • 全6種
  • VISA
    Mastercard®
    AMEX
    JCB
    DinersClub
    Discover

初期費用や月額費用などはかからず、3.60%(JCBのみ3.95%)の決済手数料のみで利用可能です。

こうした決済サービスの多くは、無形商品の販売は禁止しているものも少なくありませんが、Squareオンラインチェックアウト』なら『無形商材』の販売も可能です。また、月謝払いや週払いなど継続課金にも対応しているため、販売できる商品の幅が非常に広いことも特徴の一つです。

また、『Square(スクエア)』は豊富な決済機能を備えており、Instagramショッピング機能に対応したネットショップを無料で作成することができます。

「まずは【直接販売】から始めて、ゆくゆくはネットショップを立ち上げてInstagramショッピング機能を活用したい」といった場合は、両方に対応した決済機能を持つSquareの利用が最適でしょう。

【まとめ】取り扱い商品・サービスに併せた販売方法でInstagram(インスタグラム)を活用しよう!

以上、Instagram(インスタグラム)を活用した商品販売方法を2つ紹介してみました。

基本的には、認知から販売までシームレスな導線を作ることができる『Instagramショッピング機能』を利用しての販売がおすすめです。

しかしながら、取扱い商品によっては『Instagramショッピング機能』がそもそも利用できなかったり、お客様とのコミュニケーションが必要な場合があります。そのような場合は『直接販売』すると良いでしょう。

『直接販売』はこんな人におすすめ!

  • ECサイトを持っていない方
  • すぐにInstagram(インスタグラム)上で商品販売を行いたい方
  • 無形商品やサービスの販売などショッピング機能で制限されている商品を販売したい方
  • オーダーメイド品などお客様と相談が必要な方

どちらの販売方法にも対応可能な決済機能を持つ『Square』は、導入から利用開始まで3.60~3.95%の決済手数料のみで利用可能です。

アカウント作成費用はもちろん、維持費等もかからないため、Instagram(インスタグラム)上での商品・サービス販売を検討している方は、とりあえずアカウント作成しておくと良いでしょう。

【無料】Squareアカウント作成はこちら