JMS提供の決済端末『VEGA3000』がPayPay、楽天ペイ、d払いに対応!

2022年4月25日キャッシュレス導入(店頭決済)VEGA3000

2022年4月15日より、JCB出資の決済代行会社JMSが提供するマルチ決済端末『VEGA3000』が新たに、QRコード決済『PayPay(ペイペイ)』『楽天ペイ』『d払い』に対応しました。

JMS提供のマルチ決済端末「VEGA3000」

今回で対応可能なQRコード決済は『全20種』、クレジットカードや電子マネー決済を合わせると『全44種』もの決済方法に対応することになります。

この記事では、今回追加された『PayPay(ペイペイ)』『楽天ペイ』『d払い』の決済手数料を始め、これらの決済方法を『VEGA3000』で使う際の注意点など徹底解説していきます。

『PayPay(ペイペイ)』『楽天ペイ』『d払い』の決済手数料は3.24%

JMS提供の『VEGA3000』でQRコード決済を行う場合、決済手数料は一律3.24%です。

今回追加された『PayPay(ペイペイ)』『楽天ペイ』『d払い』も同様の料率(=3.24%)が適用されます。

【導入無料】全44種の決済方法に対応!

今回の追加で国内主要QRコード決済の全てに対応

今回の追加により、国内シェアトップのQRコード決済全てに対応可能となりました。

現在、JMS提供の『VEGA3000』が対応可能なQRコード決済は以下の通りです。

VEGA3000が対応できるQR決済コード一覧
楽天PAY
決済手数料3.24%
LINE PAY
決済手数料3.24%
PayPay
決済手数料3.24%
d払い
決済手数料3.24%
auPAY
決済手数料3.24%
メルペイ
決済手数料3.24%
ファミペイ
決済手数料3.24%
ANA PAY
決済手数料3.24%
EPOS PAY
決済手数料3.24%
ゆうちょペイ
決済手数料3.24%
銀行ペイ
決済手数料3.24%
Payどん
決済手数料3.24%
atone
決済手数料3.24%
pring
決済手数料3.24%
ギフティプレモPlus
決済手数料3.24%
ララPay
決済手数料3.24%
Lu Vit Pay
決済手数料3.24%
ALIPAY
(中国)
決済手数料3.24%
WeChat Pay
(中国)
決済手数料3.24%
K PLUS
(タイ)
決済手数料3.24%

MMD研究所が2022年1月に実施したアンケート調査によると、最も利用されているQRコード決済サービスは「PayPay」「d払い」「楽天ペイ」の3社です。

出典:MMD研究所「2022年1月スマートフォン決済(QRコード)利用動向調査」

JMS提供の『VEGA3000』では上記全てのQR決済に対応しており、他社サービスと比較しても郡を抜いて多いです。

例えば、リクルートが提供する『Airペイ(エアペイ)』では全13種のQRコード決済に対応しておりますが、楽天ペイやメルペイ、ファミペイ、ゆうちょペイには非対応です

また、カード決済や、電子マネー決済においても対応数は業界最多水準となっており、店頭での対面決済におけるキャッシュレス決済の全てに対応しているといっても過言ではありません。

【導入無料】全44種の決済方法に対応!

今回追加された決済方法を『VEGA3000』で使う場合のデメリットや注意点

そんなJMS提供の『VEGA3000』で今回追加された「PayPay」「d払い」「楽天ペイ」を利用する上でのデメリットや注意点として以下のようなことが挙げられます。

導入前に知っておくべきデメリット・注意点
  • 一部のQRコード決済は直接契約した方がお得
  • 端末到着時点ではQRコード決済は利用できない場合がある
  • 据え置き型のVEGA3000では別途バーコードスキャナが必要
  • QRコード(2次元バーコード)の読み取りができない

詳しくは以下の記事で解説しておりますので、気になる方はこちらをご覧ください。

【まとめ】人気3社のQR決済に対応したことで国内主要キャッシュレス決済全てに対応

これまでJMSの『VEGA3000』は、対応決済方法の種類こそ多いものの、対応しているQRコード決済はマイナーものばかりという点が大きな欠点でした。

しかし、今回追加された『PayPay(ペイペイ)』『楽天ペイ』『d払い』は、QRコード決済の中でもシェアが大きく、特に『PayPay(ペイペイ)』は郡を抜いて利用者が多い決済方法です。

これまで対応していた決済方法と併せると全44種に対応可能となり、クレジットカード決済、電子マネー決済、QRコード決済の全てにおいて、国内シェアの大きい全ての決済方法に対応可能となりました。

また、『VEGA3000』の提供元であるJMSでは、1店舗につき1台まで決済端末を無料提供しているため、導入費用は掛かりません。

導入から決済まで店舗が負担する費用は3.24~3.74%の決済手数料のみ、契約の縛りや月額費用も掛からないので、初めてキャッシュレス決済を導入するお店にもおすすめです。