Airペイ(エアペイ)のキャッシュレス・消費者還元事業の審査期間は?いつまで経っても審査中なので問い合わせみた

※Airペイ(エアペイ)の「キャッシュレス・消費者還元事業」登録受付は2020年3月末を持って終了しました。

モバイル決済サービス各社のキャンペーン情報は以下の記事をご覧ください。

関連記事

現在、モバイル決済サービス各社では、導入や手数料に伴うお得なキャンペーンが実施されております。 通常時より決済手数料がお得になったり、導入に必要な周辺機器を無料提供するなど、サービスによって様々です。 この記事では、現在モバイル[…]

10月からの増税に伴い、「キャッシュレス・消費者還元事業」が実施されました。

Airペイ(エアペイ)では、管理画面から簡単に申請出来たり、新規申し込み時には同時に「キャッシュレス・消費者還元事業」の申し込みが出来るので手続きが非常に簡単です。

6月ごろに申し込みをしたのですが、9月に入っても「キャッシュレス・消費者還元事業」の審査完了の連絡がなかったため、Airペイ(エアペイ)に審査状況の確認と、新規で申し込んだ際にどの程度審査時間が掛かるのか確認してみました。

※この記事は、既にAirペイ(エアペイ)を利用している店舗の「キャッシュレス・消費者還元事業」審査期間についての記事です。

「Airペイ(エアペイ)の新規申し込み」「キャッシュレス・消費者還元事業」の同時申込を行った場合の審査期間や流れは以下の記事をご覧ください。

関連記事

2020年11月より、「キャッシュレス0円キャンペーン」の実施が再開されました。 当記事では、Airペイ(エアペイ)の申し込みの流れ(2019年11月申し込み時)について解説しておりますので、これから申し込みをする方は参考にしてみ[…]

そもそもキャッシュレス・消費者還元事業とは

キャッシュレス・消費者還元事業は、2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引上げ後の一定期間に限り、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元等を支援する事業です。
出典:Airペイ(エアペイ)公式サイト

お客側(利用者側)のメリット

「キャッシュレス・消費者還元事業」の加盟店として登録されたお店でキャッシュレス決済(クレジットカード・電子マネーなど)するとお会計の最大5%分がポイントとして還元されます。

そのため、同じようなお店であれば、キャッシュレス・消費者還元事業の加盟店を利用した方がお得になるため、お店側にとっても集客促進に繋がります。

お店側(事業者側)のメリット

「キャッシュレス・消費者還元事業」の加盟店に登録するメリットは、お店の負担なしに最大5%分がポイント還元により増税後の来店促進に繋がります。

また、端末導入無料になったり、決済手数料が3.25%以下(Airペイの場合、全決済ブランド2.16%)になるといったメリットもあります。

Airペイ(エアペイ)の場合、カードリーダー代が0円(通常⇒税別18,334円)に加え、iPadの無料レンタルすることが出来ます。

【Airペイ】導入無料!全31種の決済にまとめて対応

キャッシュレス・消費者還元事業になった店舗がやるべきこと

「キャッシュレス・消費者還元事業」の審査可決後に、Airペイから送付される掲示物を利用者の目の届く場所に掲示する必要があります。

掲示物は以下のようなものが送付されます。




出典:Airペイ(エアペイ)公式サイト

全てを掲示する必要はなく、お客様が「キャッシュレス・消費者還元事業」の加盟店であることを認識出来れば問題ありません。

ポイント還元等の処理は各キャッシュレス業者が行うため、店舗側が対応する必要があることは掲示物の掲示のみです。

細かいルールとして「コースは現金のみ」「クレジットカードはOKだけど電子マネーはNG」といったお店独自の決済ルールを設けることは禁止されております。

キャッシュレス・消費者還元の審査期間は最大2か月

「キャッシュレス・消費者還元事業」の審査はAirペイの審査とは別に行われます。


上述の図の通り、Airペイで各決済ブランドの審査が行われ、審査が通った決済ブランドから「キャッシュレス・消費者還元事業」の審査が行われます。

Airペイサポートに問い合わせたところ、今から(2019年10月時点)申し込んだ場合、「キャッシュレス・消費者還元事業」の審査には最大2か月ほど掛かるそうです。

つまり、「2019年10月1日」に申し込みを行った場合、「2019年12月1日」ごろに「キャッシュレス・消費者還元事業」の審査結果がメールにて連絡がきます。

※『2020年1月22日追記』「Airペイの審査」から「キャッシュレス・消費者還元事業」の審査結果までの具体的な期間は以下の記事をご覧ください。

関連記事

2020年11月より、「キャッシュレス0円キャンペーン」の実施が再開されました。 当記事では、Airペイ(エアペイ)の申し込みの流れ(2019年11月申し込み時)について解説しておりますので、これから申し込みをする方は参考にしてみ[…]

Airペイび各ブランドで決済が出来る状態でも、「キャッシュレス・消費者還元事業」の審査が終わるまでは利用者へのポイント還元や手数料負担の軽減は対象外となります。

審査中は「キャッシュレス・消費者還元事業」として扱われないため、消費者還元・事業者の還元ともに受けることは出来ません。

【Airペイ】導入無料!全31種の決済にまとめて対応

Airペイのキャッシュレス・消費者還元事業の審査機関はイーコンテクスト

Airペイにおける「キャッシュレス・消費者還元事業」の審査はイーコンテクストという総合決済サービスを提供する会社で行われているようです。

Airペイ(エアペイ)サポートに、審査状況について問い合わせたところ、「審査はイーコンテクストが行っているため、イーコンテクストに問い合わせることで審査状況についての回答を得られるかもしれません」とのこと。。。

なんとも漠然とした回答ですが、審査状況について情報を知りたい場合は、イーコンテクストに問い合わせることで進捗について回答を得られるかもしれません。

審査可決後は管理画面から消費者還元についての詳細情報が確認できる

「キャッシュレス・消費者還元事業」の審査可決後は、管理画面上から補助期間などの詳細情報を確認することが出来ます。

「キャッシュレス・消費者還元事業」結果については、Airペイ申し込み時に入力したメール宛に審査結果のメールが届きます。

僕の場合、6月に申し込みをして審査結果のメールが届いたのは9月27日ごろなので、かなりギリギリでした。

新規開業する場合は1日でも早く申し込みするべき

これから新規出店する場合は、「キャッシュレス・消費者還元事業」の審査に時間が掛かってしまうため、開業前の事前申し込みを行うことをおすすめします。

お店の内装工事中であっても、必要な書類を用意することで、審査を先に進めることが出来ます。

「キャッシュレス・消費者還元事業」へ加盟することで、増税後の消費促進に大きく関わるので、まだ申し込みをしていない場合は早めの申し込みするようにしましょう。

【Airペイ】導入無料!全31種の決済にまとめて対応
関連記事

[add_mobrank_p222 id='2620' comi_box_in='comi_box_in6' h='2' h_syosai='' des='' rank='' link='1' title='一目でわかるAirペイ(エアペイ[…]

運営者HIRAKUのTwitterはこちら
>乱立するQRコードを一括導入

乱立するQRコードを一括導入

当サイトは、決済サービスから取次業務の委託を受けております。

国内主要QRコード決済の中でも「決済手数料」「入金手数料」「導入費用」全て無料で導入できるものをご案内致します。

CTR IMG