Alipay(アリペイ)・WeChatPay(ウィーチャットペイ)導入におすすめのモバイル決済サービス

『Alipay(アリペイ)』『WeChat Pay(ウィーチャットペイ)』は、中国におけるモバイル決済のシェアのほとんどを占めるQRコード決済サービスです。

2018年には「約838万人」もの中国人が日本に訪れ、その消費金額1兆6,946億円。

飲食店から小売店まで、様々な実店舗ビジネスにおいて、大きな収益源となる中国人を集客したいと考えるオーナーさんも多いはず!

『Alipay(アリペイ)』『WeChat Pay(ウィーチャットペイ)』の導入は、訪日中国人の利便性向上に繋がります。

この記事では、『Alipay(アリペイ)』『WeChat Pay(ウィーチャットペイ)』導入におすすめのモバイル決済サービスをご紹介していきます。

Alipay(アリペイ)とは

中国アリババグループのAlipay(アリペイ/支付宝)は、タオバオをはじめとしたネットショップサイトで利用される、中国モバイルペイメント業界で約54%のシェア(2017年第一四半期・Ant Financial発表)を占める世界最大の第三者決済です。
Alipay(アリペイ/支付宝)決済とは

中国本土でのモバイル決済額は2018年で約4,709兆円にのぼり、その半分以上のシェアを誇るのが『Alipay(アリペイ)です。

中国ではショッピングや食事、交通など生活の必要な支払いに使われ、レストランから屋台まで多岐に渡るお店で導入されております。

日本国内でも訪日中国人を誘致するため、導入店舗は増加傾向にあり、2019年時点で30万店以上が導入しております。

ちなみに、国内向けQRコード決済サービスである『PayPay』とは提携関係にあり、アリババグループが技術提供しているそうです。

WeChat Pay(ウィーチャットペイ)とは

ウィーチャットペイ(Wechat Pay・微信支付)は、世界中で8億人が使う決済サービスです。
中国で最も利用されているコミュニケーションアプリ「WeChat(微信)」内で提供されている決済サービスがウィーチャットペイ(Wechat Pay・微信支付)です。

『WeChat Pay(ウィーチャットペイ)』は中国本土で約39%のシェアを誇るQRコード決済サービスです。

WeChat(ウィーチャット)とは、日本でいうところのLINEのようなチャットアプリです。

サービス開始時期は2013年と、2004年ごろからサービスを開始したAlipay(アリペイ)と比べると後発のサービスですが、チャットアプリが提供する決済サービスということや実店舗決済の対応をいち早く行ったことから急激にシェアを伸ばしているようです。

『Alipay(アリペイ)』同様に、ショッピングや食事など多岐に渡るお店で導入されております。

Alipay(アリペイ)とWeChat Pay(ウィーチャットペイ)の違いは?

中国の店舗では基本的に『Alipay(アリペイ)』と『WeChat Pay(ウィーチャットペイ)』の両方に対応しており、利用者側も両方を利用することが多いようです。

用途によって使い分ける利用者が多く、チャットアプリが母体である『WeChat Pay(ウィーチャットペイ)』は、ご祝儀等のお祝い金やお小遣いなど、金銭が絡むコミュニケーションの場に多く利用されます。

対して、『Alipay(アリペイ)は、クレジットカードより低金利のローン機能の実装など、金融特化したサービスに力を入れております。

公共料金や家賃の支払いを『Alipay(アリペイ)』を利用する人が多いようです。

とはいえ、どちらもシェアが高く、お店での支払いを行う際の基本機能に大きな違いがあるわけではありません。

日本でも様々な決済サービスがありますが、結局のところ、使い分けは利用者によるところが大きいため、両方に対応しておくことが無難でしょう。

違いについてもっと詳しく知りたい方は以下の記事がおすすめです。

Alipay(アリペイ)・WeChat Pay(ウィーチャットペイ)の認定代理店

日本でそれぞれの決済方法に対応するには、認定代理店から申し込みする必要があります。

『Alipay(アリペイ)』で例を出すと認定代理店は2019年6月時点では以下の29社。

  • 株式会社アプラス
  • インタセクト・コミュニケーションズ株式会社
  • 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
  • オリックス株式会社
  • 株式会社ジャックス
  • 株式会社セブン・ペイ
  • 株式会社ネットスターズ
  • PayPay株式会社
  • 株式会社ユニヴァ・ペイキャスト
  • 株式会社リクルートライフスタイル
  • 株式会社イーコンテクスト
  • ANA Digital Gate株式会社
  • 沖縄銀行
  • キャナルペイメントサービス株式会社
  • 住信SBIネット銀行株式会社
  • 株式会社トランザクション・メディア・ネットワークス
  • 飛騨信用組合
  • ベリトランス株式会社
  • 株式会社ラカラジャパン
  • 株式会社リージョナルマーケティング
  • 株式会社インコムジャパン
  • SBペイメントサービス株式会社
  • 株式会社オリエントコーポレーション
  • 株式会社ぐるなび
  • 株式会社セブン・カードサービス
  • 日本恒生ソフトウェア株式会社
  • ビリングシステム株式会社
  • マーチャント・サポート株式会社
  • 楽天銀行株式会社

アリババジャパン

上述の中で『WeChat Pay(ウィーチャットペイ)』の認定代理店も兼ねている事業者であれば、一つの決済サービスで両方を管理することが出来ます。

『Alipay(アリペイ)』『WeChat Pay(ウィーチャットペイ)』の導入は「Airペイ(エアペイ)」がおすすめ

airpay
リクルートが提供するモバイル決済サービス『Airペイ(エアペイ)』は、「カード決済」「電子マネー決済」「QRコード決済」をまとめて導入することができます。

QRコード決済は以下の12種類に対応しております。

  • 全12種
  • LINE PAY
    決済手数料3.24%
    PayPay
    決済手数料3.24%
    d払い
    決済手数料3.24%
    auPAY
    決済手数料3.24%
    J-Coin Pay
    決済手数料3.24%
    ALIPAY
    (中国)
    決済手数料3.24%
    ALIPAY HK
    (香港)
    決済手数料3.24%
    WeChat Pay
    (中国)
    決済手数料3.24%
    kakaopay
    (韓国)
    決済手数料3.24%
    Union QR
    (中国)
    決済手数料3.24%
    touch'n go
    (マレーシア)
    決済手数料3.24%
    ezlink
    (シンガポール)
    決済手数料3.24%

『Alipay(アリペイ)』『WeChat Pay(ウィーチャットペイ)』への対応はもちろん、国内主要QRコード決済4種にも対応することができます。

  • 対応決済ブランドの種類全31種
    全7種
    全12種
    全12種

    Airペイ(エアペイ)

    • キャンペーンカードリーダーが無料
    対応決済ブランドの種類全31種
    全7種
    全12種
    全12種
    決済手数料3.24~3.74%審査期間最短3営業日
    導入費用実質無料入金手数料無料

「PayPay(ペイペイ)」ならAlipay(アリペイ)系のQRコード決済3種が決済手数料1.98%で利用可能!


国内向けQRコード決済サービス『PayPayと直接契約を行うことで「Alipay(アリペイ)系のQRコード決済3種」をまとめて導入することができます。

  • 全4種
  • PayPay
    決済手数料無料
    ALIPAY
    (中国)
    決済手数料1.98%
    ALIPAY HK
    (香港)
    決済手数料1.98%
    kakaopay
    (韓国)
    決済手数料1.98%

PayPay』と直接契約を行った場合、決済手数料が業界最安水準で利用することができます

  • PayPay⇒2021年9月末まで無料
  • その他⇒1.98%

『WeChat Pay(ウィーチャットペイ)』には対応しておりませんが、他社サービスでは「3.24%」の決済手数料率が平均的な中、『PayPay自体の決済手数料は無料かつ、ALIPAY系のQRコード決済が1.98%と手数料が最も安いサービスです。

  • 対応決済ブランドの種類全4種
    非対応
    非対応
    全4種

    PayPay

    • キャンペーン2021年9月末まで決済手数料無料
    対応決済ブランドの種類全4種
    非対応
    非対応
    全4種
    決済手数料無料
    ※2021年10月以降は1.60~1.98%
    審査期間最短1週間
    導入費用無料入金手数料PayPay銀行は無料
    ※他行は105円(税込)

まとめ

中国人向けQRコード決済である『Alipay(アリペイ)』『WeChat Pay(ウィーチャットペイ)』の導入におすすめの決済サービスについてご紹介してみました。

キャッシュレス決済導入のハードルとして、決済手数料は大きな壁であるため、直接契約することで決済手数料が無料で利用できる『PayPay』は非常に魅力的です。

契約先の違いだけでお得に導入できるので、インバウンド集客が多いお店やこれから強化するお店は『PayPay』を活用してみてください。

各決済サービスの申し込みはこちら
  • 対応決済ブランドの種類全31種
    全7種
    全12種
    全12種

    Airペイ(エアペイ)

    • キャンペーンカードリーダーが無料
    対応決済ブランドの種類全31種
    全7種
    全12種
    全12種
    決済手数料3.24~3.74%審査期間最短3営業日
    導入費用実質無料入金手数料無料
  • 対応決済ブランドの種類全4種
    非対応
    非対応
    全4種

    PayPay

    • キャンペーン2021年9月末まで決済手数料無料
    対応決済ブランドの種類全4種
    非対応
    非対応
    全4種
    決済手数料無料
    ※2021年10月以降は1.60~1.98%
    審査期間最短1週間
    導入費用無料入金手数料PayPay銀行は無料
    ※他行は105円(税込)
運営者HIRAKUのTwitterはこちら