※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

Tap to Pay on iPhone(iPhoneのタッチ決済)が日本上陸!決済手数料・導入方法など徹底解説

Tap to Pay on iPhone(iPhoneのタッチ決済)が日本上陸!決済手数料・導入方法など徹底解説

「Tap to Pay on iPhone」は、iPhoneを決済端末化できる事業者向けの新しいサービスです。このサービスは店舗だけでなく、イベントや移動販売など、様々な場所での対面決済に利用できます。

2024年5月16日(木)から、日本国内でも「iPhoneのタッチ決済」としてサービスの提供が始まります。

この記事では、「Tap to Pay on iPhone(iPhoneのタッチ決済)」の基本的な仕組み、導入するメリット、使用できるiPhoneの種類、実際の導入方法まで網羅的に解説します。

すでにキャッシュレス決済を導入済みのお店でも、予備機として活用できるため、ぜひ最後までご覧ください。

目次

Tap to Pay on iPhone(iPhoneのタッチ決済)の仕組みとは?

『Tap to Pay on iPhone(iPhoneのタッチ決済)』は、iPhoneを決済端末として使える事業者向けサービスです。

通常、対面でのカード決済には専用の決済端末が必要です。『Tap to Pay on iPhone(iPhoneのタッチ決済)』ではiPhoneのNFC機能(近距離での無線通信)を利用して直接カード情報を読み取り、決済します。

Tap to Pay on iPhone

iPhoneのNFCを活用した代表的な機能といえば「Apple Pay」でのタッチ決済です。コンビニやスーパーでiPhoneを決済端末にかざして支払う光景はよく見かけます。

iPhoneの「Apple Pay」での支払いイメージ

「Apple Pay」では情報を読み取られる側ですが、iPhoneは逆にカードやスマホをかざすことで情報を読み取ることができるのです。例えば、オンラインで行政手続きをする際にマイナンバーカードをiPhoneでスキャンする等が挙げられます。

このように、iPhoneのNFCの読み取り機能をカード決済に活用したのが『Tap to Pay on iPhone』です。

Tap to Pay on iPhone(iPhoneのタッチ決済)が対応する決済手段

『Tap to Pay on iPhone(iPhoneのタッチ決済)では、以下の決済手段に対応できます。

  • タッチ決済に対応したクレジットカードやデビットカード
  • Apple PayやGoogle Payといったデジタルウォレットに登録されたカード
タッチ決済に対応したクレジットカードやデビットカード
①タッチ決済に対応したクレジットカードやデビットカード
Apple PayやGoogle Payといったデジタルウォレットに登録されたカード
②Apple PayやGoogle Payといったデジタルウォレットに登録されたカード

対応するカードブランドは、日本でも利用者の多いVISA、Mastercard、JCB、AMEXです。契約先によっては、Diners ClubやDISCOVERも利用可能です。

ただし、SUICAなどの交通系ICカードやiD、QUICPayなどの国産電子マネーには非対応です。

また、タッチ決済に対応していないクレジットカードは利用できません。カードがタッチ決済に対応しているかは、カード面に以下のマークが記載されているかどうかで確認できます。

タッチ決済対応のマークが記載されたクレジットカードの画像

Tap to Pay on iPhone(iPhoneのタッチ決済)を導入するメリットとは?

一般的な決済端末に比べて、『Tap to Pay on iPhone(iPhoneのタッチ決済)には以下のメリットがあります。

  • 初期費用が抑えられる
  • 導入スピードが早い
  • 持ち運びが簡単

『Tap to Pay on iPhone(iPhoneのタッチ決済)なら専用の決済端末が不要なため、初期費用を抑えられるだけでなく、最短即日で導入できます。また、キッチンカーやイベント出店など屋外での利用では、持ち運びやすく荷物も少なく済むので、非常に便利です。

さらに、日本で『Tap to Pay on iPhone(iPhoneのタッチ決済)』を提供する決済サービスの一つである『Square(スクエア)』には、無料で使えるPOSレジ機能が備わっています。屋外イベント等、レジスペースが限られる場合でも、iPhone一台でカード決済とレジ機能の両方を手軽に利用できる点は大きな魅力です。

Tap to Pay on iPhone(iPhoneのタッチ決済)の導入方法

「Tap to Pay on iPhone(iPhoneのタッチ決済)」を導入するには、Appleから承認を受けた決済代行会社と契約する必要があります。日本では以下の4社が承認を受けています。

Tap to Pay on iPhone(iPhoneのタッチ決済)を提供する決済代行会社
  • リクルート(Airペイ タッチ)
  • Square
  • GMO-FG
  • Adyen (近日中に利用可能)

「Tap to Pay on iPhone(iPhoneのタッチ決済)」を導入する流れは以下の通りです。

Tap to Pay on iPhone(iPhoneのタッチ決済)導入の流れ
  • 決済代行会社が提供する決済サービスに申し込み
  • 加盟店審査
  • iPhoneに各社が提供する決済用アプリをインストール
  • 初期設定
  • テスト決済
  • 利用開始

上記の通り、決済代行会社と契約後、各社が提供する決済用アプリをiPhoneにインストールし、初期設定を済ませれば、顧客はiPhoneにカードをタッチするだけで簡単に支払いができます。

加盟店審査が早く、専用端末の配送がないため、一般的な決済端末に比べて導入までにかかる期間が非常に短いです。

特に、リクルートが提供する『Airペイ タッチ』『Square(スクエア)は、申し込みから最短15分で審査が完了し、審査後すぐに「Tap to Pay on iPhone(iPhoneのタッチ決済)」の利用が可能です。

Tap to Pay on iPhone(iPhoneのタッチ決済)の料金・決済手数料

「Tap to Pay on iPhone(iPhoneのタッチ決済)」の加盟店が負担する費用は、契約先によります。

具体的な料金を開示している『Airペイ タッチ』『Square(スクエア)の場合は以下の通りです。

Square(スクエア)Airペイ(エアペイ)
初期費用
Square(スクエア)
無料
Airペイ(エアペイ)
無料
決済手数料
Square(スクエア)
3.25%
Airペイ(エアペイ)
3.24%
入金手数料
Square(スクエア)
無料
Airペイ(エアペイ)
無料
月額費用
Square(スクエア)
無料
Airペイ(エアペイ)
無料
その他手数料
Square(スクエア)
なし
Airペイ(エアペイ)
なし

加盟店の費用負担は、どちらのサービスも決済手数料のみです。

各サービスの違いについては、『Tap to Pay on iPhone対応のおすすめの決済代行サービス』にて詳しく解説します。

Tap to Pay on iPhone(iPhoneのタッチ決済)が利用可能なiPhoneのモデル

「Tap to Pay on iPhone(iPhoneのタッチ決済)」は最新のiOSである「iOS 17」に対応するiPhoneで利用できます。具体的には、iPhoneXS以降に発売されたモデルが対象です。以下に対応するiPhoneをまとめました。

Square「スマホでタッチ決済」対応のiPhone
  • iPhoneXS
  • iPhoneXS Max
  • iPhoneXR
  • iPhone11
  • iPhone11 Pro
  • iPhone11 Pro Max
  • iPhoneSE (第2世代)
  • iPhone12 mini
  • iPhone12
  • iPhone12 Pro
  • iPhone12 Pro Max
  • iPhone13 mini
  • iPhone13
  • iPhone13 Pro
  • iPhone13 Pro Max
  • iPhoneSE (第3世代)
  • iPhone14
  • iPhone14 Plus
  • iPhone14 Pro
  • iPhone14 Pro Max
  • iPhone15
  • iPhone15 Plus
  • iPhone15 Pro
  • iPhone15 Pro Max

Tap to Pay on iPhone(iPhoneのタッチ決済)対応のおすすめの決済代行サービス

日本で「Tap to Pay on iPhone(iPhoneのタッチ決済)」に対応している決済代行サービスは、まだまだ数が少ないのが現状です。現時点で対応できるおすすめの決済代行サービスは、『Airペイ タッチ』と『Square(スクエア)』の2つです。

各決済サービスの違いを以下の表にまとめました。

Airペイ(エアペイ)Square(スクエア)
決済アプリ
Airペイ(エアペイ)
Airペイ タッチ
Square(スクエア)
SquarePOSレジアプリ
加盟店負担の費用
Airペイ(エアペイ)
決済手数料3.24%のみ
Square(スクエア)
決済手数料3.25%のみ
POSレジ機能
Airペイ(エアペイ)
なし
※Airレジを含むPOSレジアプリとの連携に非対応
Square(スクエア)
あり
レシート発行
Airペイ(エアペイ)
メール送信のみ
※プリンター非対応
Square(スクエア)
メール送信
SMS送信
プリンター対応
決済上限
Airペイ(エアペイ)
物理カードの場合は15000円まで
デジタルウォレットは実質なし
Square(スクエア)
なし
対応カードブランド
Airペイ(エアペイ)
VISAVISA
MastercardMastercard
AMEXAMEX
JCBJCB
Square(スクエア)
VISAVISA
MastercardMastercard
AMEXAMEX
JCBJCB
DinersClubDinersClub
DiscoverDiscover
電子マネー決済
Airペイ(エアペイ)
不可
※決済端末があれば対応可能
Square(スクエア)
不可
※決済端末があれば対応可能
QRコード決済
Airペイ(エアペイ)
楽天PAY楽天PAY
PayPayPayPay
d払いd払い
auPAYauPAY
上記含む全44種に対応
※別アプリ(AirペイQR)利用が必要
Square(スクエア)
PayPayPayPay
入金サイクル
Airペイ(エアペイ)
最短月6回
Square(スクエア)
最短翌営業日
審査期間
Airペイ(エアペイ)
最短15分
Square(スクエア)
最短15分
詳細はこちら

上記の2つのサービスでは、機能性に優れており、決済上限がない『Square(スクエア)』がおすすめです。

一方で、『Airペイ タッチ』単体では機能性が乏しいですが、姉妹サービスであるAirペイQRを使えば、全44種ものQRコード決済にもiPhone1台で対応できます。より多くの決済手段に対応したい方は『Airペイ タッチ』がおすすめです。

ここからは、各決済サービスごとに詳しく解説します。

『Airペイ タッチiPhone1台で48種のキャッシュレス決済に対応できる

Airペイ(エアペイ)のロゴ
Airペイ(エアペイ)のTap to Pay on iPhone(iPhoneのタッチ決済)イメージ

Airペイ タッチの特徴

  • 全48種|4種の国際カードブランド&全63種のQRコード決済に対応
  • 導入後の負担費用は3.24%の決済手数料のみ
  • 初期費用0円|今ならiPad&カードリーダーが無料

『Airペイ タッチ』はリクルートが提供する『Airペイ(エアペイ)』の機能の一つです。『Airペイ』の決済用アプリはいくつかに分かれています。

iPhoneの画面に並ぶAirペイ系のアプリ
  • Airペイ
    カードリーダーを用いたカード決済と電子マネー決済用のアプリ
  • AirペイQR
    QRコード決済用のアプリ
  • Airペイポイント
    dポイントやPontaポイントなど共通ポイント用のアプリ
  • Airペイ タッチ
    Tap to Pay on iPhone(iPhoneのタッチ決済)用のアプリ

そのため、『Airペイ タッチ』は『Airペイ』では対応しているAirレジとの連携やレシートプリンターとの接続など一部機能には対応していません。レシート発行はデジタルレシートとしてメール送信するしか方法がなく、決済時に顧客から毎回メールアドレスを尋ねるのは現実的ではありません。

レシート発行が必要な場合には、後述する『Square(スクエア)』の方が使い勝手が良いでしょう。

また、一度に決済できる上限が設けられており、物理カードの場合は15,000円を超える金額を決済できません。

Airペイ(エアペイ)のTap to Pay on iPhone(iPhoneのタッチ決済)イメージ
物理カードの決済上限は15,000円まで
Airペイ(エアペイ)のTap to Pay on iPhone(iPhoneのタッチ決済)イメージ
デジタルウォレットの決済上限は実質なし(999万9,999円まで)

『Airペイ タッチ』は『Airペイ』を申し込むと利用できますが、『Airペイ』より審査が早く、専用の端末の送付がありませんiPhoneを持っていればすぐに利用開始できます。そのため、『Airペイ』が使えるようになるまでの期間に利用する際には、決済上限額に気をつけましょう

このように、まだまだ実用的には課題があるように見えますが、『Airペイ タッチ』と『AirペイQR』を併用すれば、iPhone1台で48種もの決済手段に対応できます。姉妹サービスの『AirペイQR』はiPhoneのカメラで顧客が提示したQRコードを読み取り決済するため、『Airペイ タッチ』同様に専用の端末が不要です。

イベント出店やキッチンカー、個人タクシーのような移動店舗では、専用の端末がいらずiPhone1台で多くの決済手段に対応できるのは特に魅力的です。

今なら"iPadと決済端末"が無料


Airペイ タッチの料金

初期費用無料
決済手数料1.08~3.24%
入金手数料無料
月額サービス利用料無料
解約金なし

Airペイ タッチの決済手段

カード決済決済手数料3.24%
VISAVISA
MastercardMastercard
AMEXAMEX
JCBJCB
QRコード決済※決済手数料1.08%
COIN+COIN+
決済手数料3.24%
楽天PAY楽天PAY
PayPayPayPay
d払いd払い
auPAYauPAY
J-Coin PayJ-Coin Pay
SmartCodeSmartCode詳細
ALIPAY+ALIPAY+詳細
WeChat PayWeChat Pay
Union QRUnion QR
※QRコード決済は姉妹サービスAirペイQRを利用

Airペイ タッチの入金サイクル

三井住友、みずほ、三菱UFJ銀行月6回
その他の金融機関月3回
AirペイQR決済分月1回

Airペイ タッチの導入スピード

導入までの目安最短15分

Airペイ タッチの機能性

POSレジ機能なし
POSレジ連携非対応
レシート発行メール送信のみ
※プリンター非対応
決済上限物理カードの場合は15000円まで
デジタルウォレットは実質なし

実施中のキャンペーン・お得情報

キャッシュレス導入0円キャンペーン

実店舗を持つ事業者を対象に「iPad」と「カードリーダー」の2点が無料!導入費用0円でキャッシュレス決済に対応可能!

0円スタートキャンペーン

iOS端末(iPadまたはiPhone)に接続して使用する決済端末を無料提供

あわせて読みたい
Airペイ(エアペイ)のキャンペーン情報【2024年5月版】iPadが無料でもらえるって本当? リクルートが提供する決済サービス『Airペイ(エアペイ)』では新規申込時に使えるキャンペーンを2つ実施しております。 中でも『Airペイ(エアペイ)』は導入に必要なカードリーダーが無料提供さ...

今なら"iPadと決済端末"が無料

『Square(スクエア)iPhoneを決済端末機能付きのPOSレジとして活用できる

Square(スクエア)ロゴ
Square(スクエア)のTap to Pay on iPhone

Squareの特徴

  • POSレジ機能|iPhone1台が決済端末機能付きのPOSレジとして活用できる!
  • レシート発行|SMSやメール送信に加え、レシートプリンターとの接続にも対応!
  • 決済上限なし|物理カードもデジタルウォレットも決済上限を気にせず利用できる!

『Square(スクエア)』は、米国発の決済サービスです。外資系サービスですが、三井住友カードと業務提携しているため、信頼性の高いサービスです。

『Square(スクエア)』の決済は「Square POSレジアプリ」を通じて行います。『Airペイ』のように複数のアプリに分かれておらず、一つのアプリで「Tap to Pay on iPhone(iPhoneのタッチ決済)」はもちろん、専用端末を用いた決済、POSレジ機能まで利用できます。

Square POSレジアプリの機能を説明する図。1つのアプリでTap to Pay on iPhone(iPhoneのタッチ決済)、専用端末を用いた決済、POSレジ機能を利用できることを示しています。

つまり、iPhone1台が決済端末機能付きのPOSレジとして機能します。また、レシートはメール送信、SMS送信に加え、レシートプリンターによる紙の明細発行も可能です。レシートプリンターは別途購入する必要がありますが、バッテリー内蔵のモバイル型プリンターなら持ち運びやすいです。

19,000~20,800円※時期によって価格変動あり

また、『Airレジ』や『スマレジ』といった他社のPOSレジアプリとも連携可能です。

このように、会計業務に必要な全ての機能が備わっているため、『Airペイ タッチ』よりも実用性の高いサービスとなっています。

【登録無料】審査結果は最短15分!


Squareの料金

初期費用0円
決済手数料3.25%
※オンライン決済は3.25~3.75%
入金手数料無料
月額サービス利用料無料
解約金なし

Squareの決済手段

カード決済決済手数料3.25%
VISAVISA
MastercardMastercard
AMEXAMEX
JCBJCB
DinersClubDinersClub
DiscoverDiscover
QRコード決済決済手数料3.25%
PayPayPayPay

Squareの入金サイクル

三井住友、みずほ銀行翌営業日
その他の金融機関週1回

Squareの導入スピード

導入までの目安申込み当日~3営業日

Squareの機能性

POSレジ機能あり
POSレジ連携SquarePOSレジ
Airレジ
スマレジ
レシート発行メール送信
SMS送信
プリンター対応
[
決済上限なし

【登録無料】審査結果は最短15分!

まとめ

この記事のまとめ
  • 2024年5月16日(木)から日本でも「iPhoneのタッチ決済」としてTap to Pay on iPhoneが提供開始
  • 『Tap to Pay on iPhone(iPhoneのタッチ決済)』はiPhoneそのものを決済端末として利用できるサービス
  • 『Tap to Pay on iPhone(iPhoneのタッチ決済)』の導入は『Square(スクエア)』がおすすめ

以上、日本でもサービスが開始された『Tap to Pay on iPhone(iPhoneのタッチ決済)』について解説しました。

iPhoneそのものを決済端末として利用できるため、初期費用がかかりません。また、一般的な決済端末に比べて、加盟店審査が早く最短15分で導入できる手軽さも魅力的です。

具体的な用途としては、決済端末の審査を待っている間の繋ぎや、既に決済端末を導入している店舗でも故障時の予備機として活用できます。

また、最小限の手荷物でカード決済に対応できるのは、イベント出店やキッチンカー、個人タクシーなど移動店舗にとって大きなメリットです。

特に、『Square(スクエア)』ならiPhone1台で、場所を選ばずにカード決済に対応したPOSレジ環境を構築できるので、おすすめです。

ちなみに『Square(スクエア)』ではAndroid端末でも「Tap to Pay」を利用できます。

『Tap to Pay on iPhone(iPhoneのタッチ決済)』が気になる方は、まずはSquareアカウントを無料で作成し、実際に試してみてください。

【申込無料】審査結果がすぐわかる!

Squareの解説記事はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次