STORESターミナル(旧:Coiney)とTimes Pay(タイムズペイ)を9つの項目で比較!

店舗事業者を中心にキャッシュレス対応できる決済サービスである「STORESターミナル(旧:Coiney)」「Times Pay(タイムズペイ)」

どちらのサービスもスマホ・タブレットといったモバイル端末を利用することで、導入費用や回線工事不要でキャッシュレス決済に対応することができます。

この記事では「STORESターミナル(旧:Coiney)」「Times Pay(タイムズペイ)」2つのサービスにスポットを当て、9つの項目で比較を行い、違いを解説していきます。

「STORESターミナル(旧:Coiney)」と「Times Pay(タイムズペイ)」の基本情報

Times Pay(タイムズペイ)の基本情報

対応決済ブランド全17種
クレジットカード電子マネーQRコード決済
全6種
visaVISA
Mastercard®Mastercard®
JCBJCB
AmericanExpressAMEX
DinersClubDinersClub
DiscoverDiscover
全11種
nanaconanaco
WAONWAON
SuicaSuica
PASMOPASMO
KitacaKitaca
toICatoICa
manacamanaca
ICOCAICOCA
SUGOCASUGOCA
nimocanimoca
はやかけんはやかけん
非対応
決済手数料
3.24 ~3.74%
導入費用
38,000円(税込)
審査期間
申し込みから約3週間
カードリーダー
導入時に提供
モバイル端末
導入時に提供
対応OS
専用タブレット
入金サイクル

月2回

入金手数料
無料
レシートプリンター
導入時に提供
サポート対応

年中無休
9:00~23:00

STORESターミナル(旧:Coiney)の基本情報

対応決済ブランド全16種
クレジットカード電子マネーQRコード決済
全6種
visaVISA
Mastercard®Mastercard®
JCBJCB
AmericanExpressAMEX
DinersClubDinersClub
DiscoverDiscover
全9種
SuicaSuica
PASMOPASMO
KitacaKitaca
toICatoICa
manacamanaca
ICOCAICOCA
SUGOCASUGOCA
nimocanimoca
はやかけんはやかけん
全1種
WeChat PayWeChat Pay
(中国向け)
決済手数料
3.24%~3.74%
導入費用
無料キャンペーン中
審査期間
最短 2営業日
カードリーダー
無料キャンペーン中
モバイル端末
利用者が 用意
対応OS
iOS/andloid
※電子マネーはiOSのみ
入金サイクル

自動入金:月1回
手動入金:振込依頼から2営業日

入金手数料
無料
※10万未満の入金時は200円(税別)
レシートプリンター
必要であれば別途購入
サポート対応

平日
10:00~18:00

現在実施中のキャンペーン
決済端末実質無料キャンペーン
審査通過日から3か月以内にひと月でも合計20万円以上の決済利用で「カードリーダーが無料」になるキャンペーン。合計50万円以上の決済利用ならさらにもう1台無料!STORESターミナル(旧:Coiney)は、「iOS端末」でも「andloid端末」でも使えるため、手持ちのスマホを使えば導入費用が一切掛かりません。 また、2020年9月30日までの申し込みで「10万円未満の売上金入金時」に掛かる入金手数料200円(税別)が無料になります。
申し込み期間
終了未定

9つの項目で比較

当記事は以下の9つの項目で「STORESターミナル(旧:Coiney)」「Times Pay(タイムズペイ)」を比較してみました。

【比較①】キャンペーンで比較

それぞれが実施しているキャンペーンは以下の通り。

  • STORESターミナル
  • 決済端末実質無料キャンペーン
  • 終了未定
  • 審査通過日から3か月以内にひと月でも合計20万円以上の決済利用で「カードリーダーが無料」になるキャンペーン。合計50万円以上の決済利用ならさらにもう1台無料!STORESターミナル(旧:Coiney)は、「iOS端末」でも「andloid端末」でも使えるため、手持ちのスマホを使えば導入費用が一切掛かりません。 また、2020年9月30日までの申し込みで「10万円未満の売上金入金時」に掛かる入金手数料200円(税別)が無料になります。
  • Times Pay
  • なし

「STORESターミナル」では、導入に必要なカードリーダーを無料提供するキャンペーンを実施しております。

手持ちのスマホを使えば、実質無料で導入可能です。

「Times Pay(タイムズペイ)」では現在、実施中のキャンペーンはありません。

モバイル決済サービス各社のキャンペーン情報は以下の記事をご覧ください。

関連記事

現在、モバイル決済サービス各社では、導入や手数料に伴うお得なキャンペーンが実施されております。 通常時より決済手数料がお得になったり、導入に必要な周辺機器を無料提供するなど、サービスによって様々です。 この記事では、現在モバイル[…]

【比較②】決済ブランドの種類&決済手数料で比較

対応可能な決済ブランドの種類で比較すると以下の通りです。

  • STORESターミナル
  • 全16種
  • 全6種
  • 全9種
  • 全1種
  • 3.24~3.74%
  • Times Pay
  • 全17種
  • 全6種
  • 全11種
  • 非対応
  • 3.24 ~3.74%

決済ブランドの種類で比較すると、Times Pay(タイムズペイ)の方が1種多いです

それでは決済方法別に、「STORESターミナル(旧:Coiney)」「Times Pay(タイムズペイ)」それぞれが対応している決済ブランドと決済手数料を見ていきましょう。

クレジットカード決済可能ブランドで比較

  • STORESターミナル
  • 全6種
  • VISA
    決済手数料3.24%
    Mastercard®
    決済手数料3.24%
    AMEX
    決済手数料3.24%
    JCB
    決済手数料3.74%
    DinersClub
    決済手数料3.74%
    Discover
    決済手数料3.74%
  • Times Pay
  • 全6種
  • VISA
    決済手数料3.24%
    Mastercard®
    決済手数料3.24%
    AMEX
    決済手数料3.74%
    JCB
    決済手数料3.74%
    DinersClub
    決済手数料3.74%
    Discover
    決済手数料3.74%

クレジットカードの対応ブランドは両サービスに違いはありません。

決済手数料では、「American Express」の料率に違いがあり、STORESターミナル(旧:Coiney)の方が0.5%低いです。

0.5%の違いは小さいようですが、1000万円決済すれば5万円もの差が出ます。

利用するサービスが異なるだけで、手数料に差が出るのであれば、料率が低いSTORESターミナル(旧:Coiney)を選ぶべきでしょう。

電子マネー決済可能ブランドで比較

  • STORESターミナル
  • 全9種
  • suica
    決済手数料3.24%
    PASMO
    決済手数料3.24%
    Kitaca
    決済手数料3.24%
    tolCa
    決済手数料3.24%
    manaca
    決済手数料3.24%
    ICOCA
    決済手数料3.24%
    SUGOCA
    決済手数料3.24%
    nimoca
    決済手数料3.24%
    はやかけん
    決済手数料3.24%
  • Times Pay
  • 全11種
  • nanaco
    決済手数料3.24%
    WAON
    決済手数料3.24%
    suica
    決済手数料3.24%
    PASMO
    決済手数料3.24%
    Kitaca
    決済手数料3.24%
    tolCa
    決済手数料3.24%
    manaca
    決済手数料3.24%
    ICOCA
    決済手数料3.24%
    SUGOCA
    決済手数料3.24%
    nimoca
    決済手数料3.24%
    はやかけん
    決済手数料3.24%

電子マネー決済の対応ブランド数では、「WAON」「nanaco」に対応しているTimes Pay(タイムズペイ)の方が種類が多いです。

どちらのサービスも対応している電子マネーは、事前チャージで利用されるものが多く、単価の低い商品を扱うお店など少額決済が多いお店向けです。

QRコード決済可能ブランドで比較

  • STORESターミナル
  • 全1種
  • WeChat Pay
    (中国向け)
    決済手数料3.24%
  • Times Pay
  • 非対応

Times Pay(タイムズペイ)は、QRコード決済に未対応、STORESターミナル(旧:Coiney)もWeChatPayのみとどちらもQRコード決済への対応は不十分です。

QRコード決済への対応を充実させたい場合には、他社サービスとの併用がおすすめです。

一部のQRコード決済は、直接契約することで、決済手数料が無料で利用できます。

具体例として「PayPay」を挙げると以下の通り。

  • PayPay(ペイペイ)
  • 全4種
  • PayPay
    決済手数料無料
    ALIPAY
    (中国向け)
    決済手数料無料
    ALIPAY HK
    (香港向け)
    決済手数料無料
    kakaopay
    (韓国向け)
    決済手数料無料

アプリや決済情報の管理画面はそれぞれが提供するサービスを利用する必要がありますが、決済手数料が無料になるのは非常に魅力的ですね。

「ALIPAY」は中国、「ALIPAY HK」は香港、「kakaopay」は韓国人向けのQRコード決済でそれぞれ各国のシェアトップを誇る決済サービスです。

当サイトからQRコード決済各社と直接契約のお申し込みが可能です

当サイトは、決済サービスから取次業務の委託を受けております。

国内主要QRコード決済の中でも「決済手数料」「入金手数料」「導入費用」全て無料で導入できるものをご案内致します。

決済ブランドと決済手数料での比較まとめ

  • 通常時の決済手数料は横並びだが、AMEXの料率のみSTORESターミナル(旧:Coiney)が0.5%低い
  • 一部のQRコード決済は直接契約することで決済手数料0円
決済ブランドと決済手数料で選ぶなら「Airペイ(エアペイ)」

全31種の決済ブランドに対応!

airpay
「Airペイ(エアペイ)」は、全31種の決済ブランドに対応しております。

決済手数料は、「STORESターミナル」「Times Pay(タイムズペイ)」両社と比較しても横並びです。

決済ブランドと決済手数料で選ぶなら「Airペイ(エアペイ)」がおすすめです。

【比較③】導入費用(初期費用)&周辺機器で比較

  • STORESターミナル
  • iOS
    andloid
  • 無料キャンペーン中
  • 必要であれば別途購入
  • Times Pay
  • 専用タブレットのみ
    38000円(税込)
  • 導入時に提供
  • 導入時に提供

周辺機器については、両サービスとも「カードリーダー」と「モバイル端末」の2点が最低限必要です。

STORESターミナル(旧:Coiney)はキャンペーンを利用することで「カードリーダー」のみ無料提供されます。

Times Pay(タイムズペイ)は、導入費用として38000円(税込)が掛かります。

導入費用に関しては、カードリーダーが無料提供されるSTORESターミナル(旧:Coiney)の方がお得ですが、モバイル端末(スマホorタブレット)とレシートプリンターが必要な場合は店舗側で用意が必要です

対して、Times Pay(タイムズペイ)は導入に必要な機器3点を導入時に提供してもらえるため、店舗側の負担が少ないです。

両サービスともに月額費用は掛かりません。

それでは、周辺機器ごとに詳しく解説していきます。

モバイル端末(スマホ・タブレット)

対応モバイル端末(スマホ・タブレット)は、

  • Times Pay(タイムズペイ)=専用タブレットのみ
  • STORESターミナル(旧:Coiney)=タブレットorスマホ(iOS・andloidのどちらでも利用可能
専用タブレットのみ
タブレットorスマホ(iOS・andloidのどちらでも利用可能)

Times Pay(タイムズペイ)は導入時に提供される専用タブレットを利用します。

この専用タブレットはauの4G回線付きのため、ネット環境がないお店や屋外でも利用することができます。

対して、STORESターミナル(旧:Coiney)はモバイル端末のOSを問いませんが、店舗側で用意する必要があります。
また、電子マネー決済は、iOS端末のみ対応しております。

ただし、Times Pay(タイムズペイ)の専用タブレットは、Times Pay(タイムズペイ)の決済しか利用出来ません

これは、POSアプリなど他のアプリのインストールが制限されているためです。

決済以外の用途でもタブレットを利用したい場合は、iPadを個別で購入し、「STORESターミナル」を利用することをおすすめします。

決済端末(カードリーダー)

STORESターミナル(旧:Coiney)はキャンペーン利用でカードリーダーが無料提供されます。

充電式で持ち運びが可能、手のひらサイズのコンパクトな端末です。

レシートプリンター

モバイル決済サービスは、明細をメール送信できるため、レシートプリンターは必須ではありません。

しかし、お店によっては紙での明細を求められることが多いこともあるでしょう。

STORESターミナル(旧:Coiney)の場合、レシートプリンターは別途購入する必要があります。

レシートプリンターは安いものでも2万円程度と決して安くはありません。

Times Pay(タイムズペイ)は、導入時にレシートプリンターを提供してくれるため、店舗側で用意する必要がありません。

各周辺機器の保証期間

各サービスの周辺機器についての保証範囲は以下の通り。

  • Times Pay(タイムズペイ)…決済端末(カードリーダー)・レシートプリンターに1年間
  • STORESターミナル(旧:Coiney)…決済端末(カードリーダー)のみ1年間

両サービスともに水没など利用者の不注意や意図的な破損の場合は対象外です。

保証対象外の場合、新規購入扱いとなり、通常価格で再購入する必要があります。

カードリーダー 15000円(税別)
タブレット 20000円(税別)
プリンター 15000円(税別)
カードリーダー 19800円(税別)

導入費用(初期費用)&周辺機器での比較まとめ

  • Times Pay(タイムズペイ)は導入費用として38000円(税込)が掛かる
  • STORESターミナルは、手持ちのスマホorタブレットを使うことで実質導入費用が無料
  • STORESターミナルはiOS/andloid両方に対応しているが電子マネーはiOSのみ対応
導入費用(初期費用)&周辺機器で選ぶなら「STORESターミナル」

キャンペーン利用でカードリーダーを無料提供!

storesターミナルロゴ
「STORESターミナル」では、新規導入を対象に「カードリーダー」を無料提供しております。

iOS/andloid端末の両方に対応しているため、手持ちのスマホを使えば導入費用は掛かりません。

「Times Pay(タイムズペイ)」は導入費用が38000円(税込)と高額かつ、提供されるタブレットは「Times Pay(タイムズペイ)」の決済しか利用できない点がネックです。

【比較④】入金手数料&入金サイクルで比較

各サービスで決済を行った売上金の入金サイクル・入金手数料は以下の通り。

  • STORESターミナル
  • 無料
    ※10万未満の入金時は200円(税別)
  • 自動入金:月1回 手動入金:振込依頼から2営業日 ※金融機関を問わず「自動」「手動」から選択可
  • Times Pay
  • 無料
  • 月2回

入金手数料は両サービスともに無料ですが、STORESターミナル(旧:Coiney)は10万円未満の入金時のみ200円の手数料がかかります

入金サイクルは、振込依頼を行うことで決済日の2営業日以内に着金するSTORESターミナル(旧:Coiney)の方が多いですが、管理画面から操作が必要です。

各サービス入金サイクルの詳細は以下の以下の通り。

STORESターミナル(旧:Coiney)の対応金融機関と入金サイクル

STORESターミナル(旧:Coiney)は金融機関によって入金サイクルが異なることはありません。

「月1回の自動入金」or「振込依頼から2営業日以内に着金する手動入金」のいずれかから選択することができます。

手動入金の場合、管理画面上から振込依頼の操作が必要です。

手動入金のサイクル詳細は以下の通り。

振込依頼可能日 決済日の翌日 午前6時以降
入金予定日 振込依頼から2営業日以内

具体例を挙げると以下の通り。

「2020年8月10日に10万円分のカード決済」「2020年8月11日に10万円の振込依頼」「8月13日までに入金」

ただし、土日祝日など金融機関休業日は明け2営業日以内の入金が行われます。

手動入金の場合は、振込依頼を行わない限り、売上金は入金されません

自動入金の場合、1か月間の売上が翌月20日にまとめて入金されます。

対象期間 入金日
1日~末日 翌月20日

土日祝日など金融機関休業日は翌営業日の入金

「手動入金」「自動入金」は管理画面上から選択可能で、入金サイクルを変更する場合、設定を変えた翌月から適用となります。

Times Pay(タイムズペイ)の入金サイクル

Times Pay(タイムズペイ)は金融機関を問わず、売上の入金は月2回です。

対象期間 入金日
1日~15日 当月末日
16日~末日 翌月15日~

入金日が土日祝日など金融機関休業日は「1日~15日の売上=前営業日」「16日~末日の売上=翌営業日」に入金されます。

国内の金融機関であれば、売上金の入金先として指定することができます。

入金手数料&入金サイクルでの比較まとめ

  • 「STORESターミナル」は決済日から最短2営業日以内に入金される
  • 「Times Pay(タイムズペイ)」は決済額に関わらず入金手数料が無料
入金手数料&入金サイクルで選ぶなら「STORESターミナル」

決済日から最短2営業日以内に入金

storesターミナルロゴ
「STORESターミナル」は、決済日から最短2営業日以内に入金されます。

対して、「Times Pay(タイムズペイ)」は、月2回と入金回数が少ない点がネックです。

「STORESターミナル」は一度の入金額が10万円未満の場合、入金手数料200円(税別)が掛かります。

しかし、、入金サイクルは資金繰りへの影響が大きいため、入金サイクルの早い「「STORESターミナル」がおすすめです。

【比較⑤】審査・導入スピードで比較

  • STORESターミナル
  • 最短 2営業日
  • 審査後2~3日営業日
    ※オンライン決済は審査後すぐ
  • Times Pay
  • 申し込みから約3週間

審査から導入までに期間はSTORESターミナル(旧:Coiney)の方が早いです。

どちらのサービスも、導入時点では「VISA/Mastercard®」の決済しか行えません。

他の決済ブランドは順次審査が通り次第、決済可能となり、全ブランドの決済対応には約1か月程度掛かります。

また、申込み内容に不備があると審査に遅れが出てしまうので、申し込み内容に誤りがないようお気を付けください。

審査・導入スピードでの比較まとめ

  • 導入スピードの早さならSTORESターミナル(旧:Coiney)
  • どちらのサービスも導入時点では「VISA/Mastercard®」しか決済できない
  • 全ブランドの審査通過には導入から1か月程度掛かる
審査・導入スピードで選ぶなら「STORESターミナル」

申し込みから導入まで約1週間

storesターミナルロゴ
申し込みから導入まで約3週間掛かる「Times Pay(タイムズペイ)」に対して、「STORESターミナル」は1週間程度で導入可能です。

申し込み直後からカード決済ができる「Square(スクエア)」もおすすめ!

Square(スクエア)ロゴ
「Square(スクエア)」は、17種類のカード決済/電子マネー決済に対応している決済サービスです。

一般的に決済サービス導入には、申し込み後の審査に時間が掛かります。

「Square(スクエア)」は、サービスの利用状況を重視する「途上審査型」であるため、申し込み時の審査が自動で行われます。

そのため、書類提出などは不要で、申し込みフォームから必要事項を入力した直後からカード決済の利用が可能です。

【比較⑥】お支払い方法(分割・ボーナス払い)で比較

クレジット決済の支払い方法については、両サービスとも一部の決済ブランドでは分割払いに対応しております。

  • STORESターミナル
  • 不可
  • 不可
  • Times Pay
  • 不可

両サービスとも「VISA/Mastercard®」のみ、他ブランドは1回払いのみ対応しております。
※Times Pay(タイムズペイ)はDiners Clubのリボ払いに対応

こうした「お支払い方法」は、決済額が大きくなるほど需要が高い機能になるため、高単価商品を扱うお店は対応しておくことをおすすめします。

全ての「お支払い方法」に対応可能な決済サービスは「おてがるPay」のみです。

お支払い方法で選ぶなら「おてがるPay」

モバイル決済サービスで「お支払い方法」が最も豊富!

おてがるPayロゴ
多くのモバイル決済サービスは「1回払いのみ」である中、「おてがるPay」は、分割払いなどモバイル決済サービスでもっともお支払い方法が豊富なサービスです。

また、「ボーナス一括払い」は他のモバイル決済サービスでは提供していないため、高額商品を取り扱う店舗でのカード決済導入にもおすすめです。

【比較⑦】決済機能で比較

両サービスとも店頭での対面決済向けのサービスです。

「STORESターミナル」に関しては、「カード決済可能な請求書発行」も可能です。

  • STORESターミナル
  • 不可
  • 不可
  • 不可
  • Times Pay
  • 不可
  • 不可
  • 不可
  • 不可

店舗事業者であっても、「ジム」や「学習塾」の月謝など継続的に課金を行う商品を提供している場合は、両サービスとも利用することができません。

こうしたお店は、継続課金機能を持つ「Square(スクエア)」を利用すると良いでしょう。

さまざまな決済機能を使いたいなら「Square(スクエア)」がおすすめ

豊富な決済機能を持つ「Square(スクエア)」

Square(スクエア)ロゴ
「Square(スクエア)」は、モバイル決済で最も多くの決済機能を持つサービスです。

「対面決済」はもちろん、「カード決済機能付きの請求書発行」「自社ECサイトでのオンライン決済」「月謝払いなど継続課金」など様々な決済に対応しております。

【比較⑧】POSレジ・会計ソフトとの連携で比較

  • STORESターミナル
  • スマレジ
    ユビレジ
    poscube
    ORANGE POS
  • freee
    MFクラウド会計
  • Times Pay
  • 不可
  • 不可

外部サービスとの連携機能はSTORESターミナル(旧:Coiney)が充実しており、モバイル決済サービスの中でも最も多くのサービスと連携が可能です。

モバイル決済サービスは、外部サービスと連携することで会計業務・経理業務が効率化されますが、連携せずとも利用することは可能です。

便利な機能ではありますが、連携しなくてもそこまで不便ではないため、導入費用や決済手数料など他の面を重視してサービスを選択することをおすすめします。

【比較⑨】サポート対応で比較

それぞれのサポート窓口の対応方法と対応時間は以下の通り。

  • STORESターミナル
  • 電話
    メール
  • 平日10:00~18:00
  • Times Pay
  • 電話
    メール
  • 年中無休9:00~23:00

「Times Pay(タイムズペイ)」はサポート対応に力を入れているサービスではありますが、訪問サポートには対応しておりません。

2社間で比較するとサポート対応では「Times Pay(タイムズペイ)」がおすすめですが、
モバイル決済サービスで唯一、「対面訪問」でのサポートを行っている「おでがるPay」はサポート力が高いだけでなく、導入費用が無料です。

サポート対応で選ぶなら「おでがるPay」

モバイル決済サービスで唯一対面サポートあり!

おてがるPayロゴ
「おでがるPay」は、モバイル決済サービスの中で唯一、「対面訪問」でのサポートに対応しております。

電話サポートにおいても全国に専用デスクを分散することで、混線しないようスムーズなサポート提供に力を入れております。

また、他のモバイル決済サービスと異なり、提供元の「JMS株式会社」は決済代行事業を中心に行っているため、専門的な内容であっても回答スピードが早いことで定評のあるサービスです。

結局、導入費用や手数料など料金はどっちがお得?

どちらの決済サービスを選ぶか、もっとも重要なポイントとして「いくら掛かるのか?」と料金面が気になる方が多いと思います。

そこで、以下の条件で、それぞれの決済サービスの料金を比較してみます。

  • 決済額100万円
  • 決済方法の利用率は全て同一
  • 決済手数料は「STORESターミナル」「Times Pay(タイムズペイ)」両方が対応しているブランドで比較
  • STORESターミナル
  • 33400円~
  • 33400円
  • 0円~
  • 0円
  • Times Pay
  • 71733円
  • 33733円
  • 0円
  • 38000円

決済手数料の計算式は以下の通り。

100万円(売上)÷決済手数料率の平均=決済手数料

決済手数料は、「STORESターミナル」「Times Pay(タイムズペイ)」両方が対応しているブランドに絞って比較しております。

「Times Pay(タイムズペイ)」は導入費用が38000円(税込)と高額であることから「STORESターミナル」の方が料金が安い結果となりました。

料金で選ぶであれば「STORESターミナル」の利用がおすすめです。
STORESターミナルの申し込みはこちら!

【まとめ】「STORESターミナル(旧:Coiney)」と「Times Pay(タイムズペイ)」それぞれの強みとは?

「STORESターミナル(旧:Coiney)」「Times Pay(タイムズペイ)」、2社のモバイル決済サービスを比較してみました。

「STORESターミナル(旧:Coiney)」「Times Pay(タイムズペイ)」の比較一覧は以下の通り。

手数料率・導入コストで選ぶのであれば「STORESターミナル(旧:Coiney)」、サポート体制や周辺機器の手配を任せたいのであれば「Times Pay(タイムズペイ)」といった感じですね。

「STORESターミナル(旧:Coiney)」「Times Pay(タイムズペイ)」導入を迷っている事業者の方が、この記事を読んで自分に合ったサービスを選ぶことが出来れば幸いです。

関連記事

Times Pay(タイムズペイ)とはどんなサービス? Times Pay(タイムズペイ)は、クレジットカード・交通系電子マネー決済に対応したモバイル(スマホ)決済サービスです。 最大の特徴は、タブレット・カードリーダー[…]

関連記事

『STORESターミナル(旧:Coiney)』とは? 『STORESターミナル(旧:Coiney)』はコイニー株式会社が提供するモバイル決済サービスです。 クレジットカード・電子マネー・QRコード決済など全16種類のキャ[…]

当サイトからQRコード決済各社と直接契約のお申し込みが可能です

当サイトは、決済サービスから取次業務の委託を受けております。

国内主要QRコード決済の中でも「決済手数料」「入金手数料」「導入費用」全て無料で導入できるものをご案内致します。

運営者HIRAKUのTwitterはこちら
>乱立するQRコードを一括導入

乱立するQRコードを一括導入

当サイトは、決済サービスから取次業務の委託を受けております。

国内主要QRコード決済の中でも「決済手数料」「入金手数料」「導入費用」全て無料で導入できるものをご案内致します。

CTR IMG