※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

エアペイ対応のiPad、iPhone機種・世代一覧|対応iOSのバージョンなど徹底解説

エアペイ対応のiPad、iPhone機種・世代一覧|対応iOSのバージョンなど徹底解説

この記事では、Airペイ(エアペイ)対応のiOS端末をお探しの方に向けて、対応するiOSのバージョンから具体的なiPadやiPhoneの機種・世代を一覧でまとめました。

おすすめのiOS端末や現在実施中のキャンペーンについても解説していますので、ぜひ最後までご覧ください。

Airペイのお得なキャンペーン
  • iPad&カードリーダーの2点が無料!
  • 提供されるiPadはPOSレジなど他社アプリの利用もOK
  • キャンペーンはiPadの在庫限りで予約なく終了
目次

Airペイ(エアペイ)対応の「iOS」および「iPad OS」のサポート期間

2024年2月現在、Airペイ(エアペイ)を使えるのは「iOS 15またはiPadOS 15」以上に対応したiOS端末です。現在のiOSおよびiPadOSの最新バージョンは17です。

歴代iOSのAirペイサポート終了日とOSリリース日は以下の通りです。

OSバージョンAirペイのサポート終了日OSリリース日
iOS 92018年7月30日2015年9月16日
iOS 102019年6月30日2016年9月14日
iOS 112020年3月25日2017年9月19日
iOS 122021年3月17日2018年9月17日
iOS 13 / iPadOS 132022年3月22日2019年9月19日
※iPad OSは9月24日
iOS 14 / iPadOS 142023年6月27日2020年9月16日
iOS 15 / iPadOS 152024年3月21日2021年9月21日
iOS 16 / iPadOS 16未定
※2025年3月まで?
2022年9月12日
※iPad OSは10月25日
iOS 17 / iPadOS 17未定
※2026年3月まで?
2023年9月18日

Airペイ(エアペイ)では、OSのリリースから約3年でサポートが終了します。

Appleは毎年OSをアップデートしており、アップデートに伴い、古いモデルのサポートが終了し、最新OSにアップデートできなくなることがあります。

特に、「iOS 15 / iPadOS 15」のサポートが2024年3月21日に終了するため、「iOS 16 / iPadOS 16」にアップデートできない以下の機種の買い替えが必要となります。

2024年3月21日でAirペイのサポートが終了する機種
  • iPad
    • iPad Air2
    • iPad mini 4
  • iPhone
    • iPhone SE(第1世代)
    • iPhone 6s
    • iPhone 6s Plus
    • iPhone 7
    • iPhone 7 Plus

iPadやiPhoneは、発売から5~7年間は最新OSにアップデート可能です。

型落ち機種を選ぶことで購入費用を抑えることができますが、あまりにも古いモデルでは最新OSアップデートに対応できないため、注意が必要です。

Airペイ(エアペイ)対応のiOS端末|機種・世代一覧

ここでは、Airペイ(エアペイ)に対応しているiOS端末の機種をiPadとiPhoneに分けて、一覧で紹介します。

Airペイ(エアペイ)は、iOS 15/iPadOS 15以上を搭載したiPadまたはiPhoneであれば、モデルや機種に関わらず使用可能です。

Airペイ(エアペイ)対応のiPad一覧

機種名対応OSサポート終了日
iPad Air2
iPad mini 4
~iPadOS 15.x2024年3月21日
iPad(第5世代)
iPad Pro 9.7インチ
iPad Pro 12.9インチ(第1世代)
~iPadOS 16.x未定
 ※2025年3月まで?
iPad(第6世代)
iPad(第7世代)
iPad(第8世代)
iPad(第9世代)
iPad(第10世代)
iPad Air(第3世代)
iPad Air(第4世代)
iPad Air(第5世代)
iPad mini(第5世代)
iPad mini(第6世代)
iPad Pro 10.5インチ
iPad Pro 11インチ(第1世代)
iPad Pro 11インチ(第2世代)
iPad Pro 11インチ(第3世代)
iPad Pro 11インチ(第4世代)
iPad Pro 12.9インチ(第2世代)
iPad Pro 12.9インチ(第3世代)
iPad Pro 12.9インチ(第4世代)
iPad Pro 12.9インチ(第5世代)
iPad Pro 12.9インチ(第6世代)
~iPadOS 17.x未定
 ※2026年3月まで?

Airペイ(エアペイ)対応のiPhone一覧

機種名対応OSサポート終了日
iPhone SE(第1世代)
iPhone 6s
iPhone 6s Plus
iPhone 7
iPhone 7 Plus
~iOS 15.x2024年3月21日
iPhone 8
iPhone 8 Plus
iPhone X
~iOS 16.x未定
 ※2025年3月まで?
iPhone SE(第2世代)
iPhone SE(第3世代)
iPhone XS
iPhone XS Max
iPhone XR
iPhone 11
iPhone 11 Pro
iPhone 11 Pro Max
iPhone 12
iPhone 12 mini
iPhone 12 Pro
iPhone 12 Pro Max
iPhone 13
iPhone 13 mini
iPhone 13 Pro
iPhone 13 Pro Max
iPhone 14
iPhone 14 Plus
iPhone 14 Pro
iPhone 14 Pro Max
iPhone 15
iPhone 15 Plus
iPhone 15 Pro
iPhone 15 Pro Max
~iOS 17.x未定
 ※2026年3月まで?

Airペイ(エアペイ)対応のおすすめのiOS端末と選び方

Airペイ(エアペイ)での利用におすすめのiOS端末は、以下の機種です。

iPad 第7世代
中古相場:29000
発売時期:2019年
OS:iPad OS17対応
画面サイズ:10.2インチ
iPhoneSE 第2世代
中古相場:20000
発売時期:2020年
OS:iOS 17対応
画面サイズ:4.7インチ

世代が古いほど価格を抑えられますが、サポート期間も短くなるため、将来的な使用期間とコストのバランスを考えることが重要です。

例えば、iPad Air 2は中古市場で、約1~1.5万円で手に入りますが、iPadOS 16以降へのアップデートができません。Airペイでは「iOS 15 / iPadOS 15」のサポートが2024年3月21日に終了するため、すぐに使えなくなってしまいます。

過去のOSアップデートの傾向からiPadなら第7世代以降iPhoneならiPhoneSE第2世代以降なら今後3年程度は利用できる可能性が高いです。

また、Airペイ(エアペイ)など店舗向けアプリは高いスペックを必要としないため、スタンダードモデルのiPadやiPhoneSEでもスムーズに動作します。

Airペイ(エアペイ)で利用するiOS端末の機種変更・追加時にはカスタマーサポートへの連絡が必要

Airペイでは、セキュリティ対策として、アカウントに紐づいたクライアント証明書を持つiOS端末しか利用できません。

一度登録されたiPadやiPhoneは、加盟店側では登録解除ができないため、端末の変更や追加にはカスタマーサポートを通じて手続きを行う必要があります。

機種変更には申請から最長翌営業日端末追加には約2~3週間の時間がかかります。

また、別の店舗でAirペイを利用する際は、新たに加盟店申請を行う必要があります。この場合、現在実施中の『キャッシュレス導入0円キャンペーン』が利用でき、iPadとカードリーダーの2点が無料貸与されます。

2店舗目を開業する場合など、改めてAirペイ(エアペイ)を申込む方は、お得なこの機会にお申し込みすることをおすすめします。

Airペイのお得なキャンペーン
  • iPad&カードリーダーの2点が無料!
  • 提供されるiPadはPOSレジなど他社アプリの利用もOK
  • キャンペーンはiPadの在庫限りで予約なく終了

よくある質問(FAQ)

Airペイ(エアペイ)対応のiPadは何世代のモデルから利用可能ですか?

スタンダードモデルのiPadなら第5世代から利用できます。

また、iPadOS 15以上に対応しているモデルであれば利用できますが、2024年3月21日以降はiPadOS 16以上でないと利用できなくなります。

Airペイ(エアペイ)はiPad miniでも使えますか?

iPad miniでも利用できます。

ただし、iPadOS 15以上に対応している必要があり、iPad mini 4以降のモデルなら利用できます。しかし、iPad mini 4はiPadOS 16以降にアップデートできないため、2024年3月21日からはiPad mini(第5世代)以降のモデルでなければ利用できません。

Airペイ(エアペイ)のiPadキャンペーンについて教えてください。

現在、Airペイ(エアペイ)では導入に必要なiPadとカードリーダーを無料貸与する『キャッシュレス導入0円キャンペーン』を実施しています。

提供されるiPadのモデルや色の指定はできませんが、私が過去に利用した際には、当時の最新モデルでした。

現在、iPadは旧モデルの第9世代でも新品は49.800円と高価です。

Airペイ(エアペイ)で提供されるiPadは、POSレジや予約管理アプリなど、店舗管理用のアプリならAirペイ以外もインストールして利用できるため、少しでもコストを抑えたい方におすすめのキャンペーンです。

今なら"iPadと決済端末"が無料

まとめ

この記事のまとめ
  • AirペイはiOS 15/iPadOS 15以上のiOS端末に対応
    ※iOS 15/iPadOS 15は2024年3月21日をもってサポート終了
    ※以降はiOS 16/iPadOS 16以上のiOS端末に対応
  • Airペイ対応のおすすめのiOS端末は「iPad 第7世代」「iPhoneSE 第2世代」
  • Airペイを利用するiOS端末変更時にはカスタマーサポートへの連絡が必要
  • キャッシュレス導入0円キャンペーン』利用でiPadが無料貸与される

以上、Airペイ(エアペイ)が対応しているiPad・iPhoneをテーマに解説しました。

現在、iOS 15/iPadOS 15以上のiOS端末であれば利用可能ですが、Airペイ(エアペイ)におけるiOS 15/iPadOS 15のサポートは2024年3月21日で終了します。

そのため、Airペイ(エアペイ)用のiOS端末を購入する方は、iOS 16/iPadOS 16以上に対応しているかを確認しましょう。

新しくAirペイ(エアペイ)を導入する方は、キャッシュレス導入0円キャンペーン』を利用すれば、iPadとカードリーダーが無料貸与されます。

このキャンペーンはiPadの在庫がなくなり次第、事前告知なく終了します。『キャッシュレス導入0円キャンペーン』の導入を検討中の方はお早めのお申し込みがおすすめです。

Airペイのお得なキャンペーン
  • iPad&カードリーダーの2点が無料!
  • 提供されるiPadはPOSレジなど他社アプリの利用もOK
  • キャンペーンはiPadの在庫限りで予約なく終了
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次