ぐるなびの掲載料はいくら?プランの違いや掲載費用の内訳についてまとめました

ホットペッパー・食べログに並び、主要グルメサイトとして名高い「ぐるなび」。

近年、楽天との提携を強め、サイト全体のネット予約利用者が昨年比較1.8倍にも伸びているそうです。

そんな「ぐるなび」で有料掲載を検討しているけど費用はどのくらい掛かるのか、そういった疑問をお持ちの方に向けて、ぐるなび有料掲載費用やプラン、商品等、徹底的に解説していきます。

※この記事は2019年9月時点の料金価格です。

ぐるなびの基本掲載費用

ぐるなびの有料掲載は月額1万円(税別)から可能です。

他媒体と異なり、掲載費用の上限はなく、特集やPR枠といった商品を組み合わせを選ぶことが出来ます。

ぐるなびの掲載期間

掲載期間は1年間です。

月額1万円で契約した場合、年間に掛かる掲載料金は12万円(税別)となります。

契約は1年毎の更新となり、更新月が近づくと営業担当から更新確認の連絡が入ります。

原則として、契約時の料金を途中で下げることは出来ません。

また、中途解約はお店を閉業する場合のみ対応してくれます。

ぐるなびの掲載プラン

ぐるなびの掲載プランは大きく分けて3種類。

  • エントリー会員プラン…無料
  • ビギナー会員プラン…月額1万円~4万9999円
  • 正会員プラン…月額5万円以上

主な違いは店舗情報の優先表示や特集ページへの表示といった露出度合い。

正会員プランは掲載費用が高ければ高いほど、通常検索内で上位表示されます。

掲載プラン毎の違いは以下の通り。

エントリー会員プラン

エントリー会員プランは無料で掲載することが出来ますが、有料会員に比べて掲載できる情報量が限定されます。

エントリープランで掲載できる情報

  • 基本情報
  • 写真
  • トップページの紹介文

エントリー会員プランはよほど掲載しているお店が少ないエリアでない限り、アクセスが集まりません。

正直なところ、掲載できる情報も十分とは言えないため、ホームページ代わりとしても使い勝手はよくありません。

個人的には、エントリー会員プランでぐるなびに掲載する必要はないと思います。

ビギナー会員プラン

月額掲載費用1万円~5万円未満で有料掲載している店舗はビギナー会員プランとなります。

店舗ページに掲載できる情報は正会員プランと同じです。

違いは、パソコンでのアクセス数が月間3000PVを超えると通常検索での掲載順位が落とされます。

ビギナー会員プランの掲載順
正会員プラン>ビギナー会員ビギナー会員(月間3000PV到達した場合)>エントリー会員

地方や競合の少ない業態であれば、ビギナー会員プランでもそこそこ集客出来ます。

正会員プラン

月額掲載費用5万円以上で有料掲載している店舗は正会員プランとなります。

ビギナー会員プランとの違い

  • 月間PVによるアクセス制限なし
  • 通常検索での優先表示
  • ぐるなびの営業担当(コンサルタント)がつく

主な違いは上述の通り。

ぐるなびの営業担当(コンサルタント)がついてくれるため、毎月の予算組み提案や季節の販促対策、セミナーの案内等をしてくれます。

また、正会員プラン同士の場合、通常検索においての掲載順は月間の掲載費用が高い順に決まります。

正会員プランの掲載順
月額5万円 < 月額10万円 < 月額15万円 < 月額20万円 < 以降、+10万円単位で優先表示

上記のような掲載順であることから競合の多いエリア・業態ほど掲載費用が高額になりがちです。

例えば、「新宿の居酒屋」のような競合が多いエリア・業態の場合、月額60万円以上支払っている店舗が多く、通常検索において上位表示させるためにはかなりのお金を支払う必要があります。

ぐるなびの商品の種類とそれぞれの価格

ぐるなびは他のグルメサイトと異なり、契約した予算内から商品を組み合わせて掲載します。

商品の種類と価格は以下の通り。

基本掲載 1万円
新着情報 3万円
宴会特集 通常 5万円or7万円
特別 15万円or20万円
上位オプション 1万5千円or3万円
テーマ追加 1万円
その他特集 通常 5万円or7万円
特別 15万円or20万円
上位オプション 1万5千円or3万円
PR枠 パソコン 5万円
スマホ
グーグル広告 10万円

このほかにもトリップアドバイザーへの広告出稿や外国語ページといった商品もありますが、この記事ではぐるなびに関連する主要商品について解説していきます。

基本掲載

基本掲載 1万円

有料プランで掲載を行う場合の基本掲載料です。

ぐるなびで有料掲載を行う場合には必須の商品です。

新着情報

新着情報 3万円

新着情報は、通常検索の店舗一覧、店舗ページトップにお店からのお知らせを表示することが出来ます。

新着情報は「最新情報1」「最新情報2」の2つまで設定することが出来、検索一覧ページには「最新情報1」の内容が表示されます。

多少、検索順位にも影響しますが、現在は予算・ネット予約受付の設定の方が重視されます。

店舗ページへの誘導率アップ・スマホ閲覧時ではトップ表示されるため、成約率アップの2点を目的に購入の有無を判断すると良いでしょう。

宴会特集

宴会特集 通常 5万円or7万円
特別 15万円or20万円
上位オプション 1万5千円or3万円
テーマ追加 1万円

シーズンに合わせ「歓送迎会」「忘新年会」といったテーマに沿った宴会系テーマを取り扱った特集です。

商品価格はエリアによって「5万円~(郊外・地方)」or「7万円~(都心部)」のいずれかです。

集客効果はエリアによって異なり、「金沢 居酒屋」のような「エリア+業態」ワードでグーグル検索を行った際に業態トップページが表示されるエリアであれば、店舗ページへのアクセスアップに期待が持てます。

「エリア+業態」ワードでグーグル検索を行った際に表示されるページは「業態トップページ」or「店舗一覧ページ」で具体例を挙げると以下の通りです。

業態トップページが表示される例
店舗一覧ページが表示される例

「エリア+業態」ワードで表示されるページが「業態トップページ」か「店舗一覧ページ」であるか確認してから購入を検討すると良いでしょう。

通常枠と特別枠の違い

他の特集も同様ですが、「通常枠」「特別枠」の2種類を提供しております。

通常枠と特別枠の違い

  • 特集ページでの画像設定枚数
  • 特集ページでの掲載順位

「通常枠」と「特別枠」の違いは上述の2点。

特集ページでの画像設定枚数

「通常枠」と「特別枠」では特集ページ内で表示される画像枚数に違いがあります。

通常枠と特別枠の表示の違い

上記の通り、通常枠は画像3枚に対し、特別枠では10枚の写真が表示されます。

特集ページでの掲載順位

「通常枠」と「特別枠」のもう一つの違いは掲載順位です。

「特別枠」の方が優先表示されます。また、掲載順位を上げる上位オプションという商品もあり、特集ページ内での表示順位は以下のようになります。

特別枠+上位オプション > 特別枠 > 通常枠+上位オプション > 通常枠

掲載順位が上に来るほど、ユーザーの目に触れやすくなります。

贅沢・地方特集

その他特集 通常 5万円or7万円
特別 15万円or20万円
上位オプション 1万5千円or3万円

宴会系テーマ以外の特集商品です。

宴会特集の場合、特集2本目以降は1万円でテーマ追加出来ますが、贅沢・地方特集はテーマ追加が出来ません。

それ以外については宴会特集とほとんど変わりがありません。

特集自体の露出が少ないため、特別な理由がない限りは購入する必要はないでしょう。

PR枠

PR枠 パソコン 5万円
スマホ

店舗一覧ページ内の上部2枠にランダム表示されます。

PR枠の掲載位置

パソコン・スマホそれぞれで枠を販売しており、各5万円。
常時、2枠表示されますが、参画店舗数に限りがないため、PR枠を購入している店舗が多ければ多いほど、表示回数が少なくなります。

逆にPR枠を購入している店舗が2店舗以下であれば常時表示されるため、集客に期待が持てます。

グーグル広告

グーグル広告 10万円

ぐるなび内の商品ではありませんが、検索エンジン連動型広告であるリスティング広告・ディスプレイ広告の運用をぐるなびが行ってくれます。

通常、グーグル広告はクリック課金型ですが、ぐるなびが運用する場合「50万インプレッション(表示回数)=10万円」で提供しております。

正直、自社運用した方がコスト面では安上がりですが、競合が多いエリア・業態の場合、特集・PR枠を購入するより集客効果に期待できます。

ネット予約手数料(1名辺り最大200円)

ランチ ディナー
ぐるなび 1名/50円 1名/200円

ぐるなびのネット予約機能を利用する場合、1名辺り最大200円のネット予約手数料が発生します。

ランチタイムは「7:00~14:59」来店の予約が対象です。

ネット予約手数料は多くのグルメサイトで掲載料とは別で発生します。
※他のグルメサイトのネット予約手数料については以下の記事をご参照ください。

関連記事

スマホ・PCがあればどこでもお店を予約できるネット予約。各グルメサイトで即予約システムがリリースされてから年々利用者は増えております。 グルメサイトでは、即予約受付をすることで掲載順位が優先されたり、特集ページに表示されます。そのため[…]

月額費用に応じてポイント倍増キャンペーン店舗になる

ぐるなびではネット予約を利用することで「楽天ポイント」が貯まります。

ポイントサービスの強化を目的とした「ポイント倍増キャンペーン」を宴会シーズンに開催しております。

ポイント倍増キャンペーンは「2倍」or「3倍」のいずれかで、対象店舗になる条件は「一定以上の月額契約を行う」ことです。

  • ポイント3倍対象基準…月額13万円以上
  • ポイント2倍対象基準…月額5万円以上

※上記の対象店舗の条件は、2019年10月後半から行われるキャンペーンのもので、今後変更される可能性があります。

ちなみに、ポイント倍増店舗となった場合でもネット予約手数料が同じ倍率だけ上がるということはありません(ポイント3倍店舗でもディナータイムのネット予約手数料は1名辺り200円)。

有料掲載の内訳例

ぐるなびは他のグルメサイトと異なり、契約した予算内から商品を組み合わせて掲載します。

具体的な例を挙げると以下の通りです。

月額予算10万円のお店の内訳例①

  • 基本掲載⇒1万円
  • 新着情報⇒4万円
  • 特集⇒5万円

月額予算10万円のお店の内訳例②

  • 基本掲載⇒1万円
  • スマホPR枠⇒5万円

例②では月額掲載額より少ない6万円分の商品を組み合わせておりますが、残額分は翌月以降にストックしておくことが出来ます。

予算を貯めておいて、繁忙期に高額商品を組み合わせる等、予算組みに自由が利きます。

月によって組み合わせを変えることができるのはメリットでもある反面、管理が面倒というデメリットでもあります。

また、それぞれの商品ごとの成果を数値として開示してもらえないので、反響がいまいちわかりづらいです。

どの商品を付けたら良いかはエリアによって、見極めるポイントがあり、別の記事で解説予定です。

ぐるなびは有料掲載すべきか

他のグルメサイトも同様ですが、エリアと業態次第です。

ぐるなびは1万円から掲載出来ますが、食べログ・レッティのように口コミ目的で来るユーザーもいないため、集客効果は掲載費用と競合数によります。

例えば新宿・渋谷といった競合が多いエリアでは高額な掲載費用を支払っている店舗が多く、ある程度予算をかけないと全く集客に繋がらないこともあります。

逆に高額の掲載費用を支払っている店舗の割合が少ないエリアでは、1万円でも充分な集客が出来る場合もあります。

掲載の有無、プランについては、実際にぐるなびに問い合わせを行い、営業担当から同エリア・同業態のお店の集客について情報を確認してから判断すると良いでしょう。

近年、グルメサイトが増えていることもあり、高額掲載費用をかけて露出を増やしても費用対効果が悪いので、僕がコンサルしているお店の場合、10万円を超える場合は掲載を見送ることが多いです。

まとめ

以上、ぐるなびの有料掲載やプランによる違い、商品について解説してみました。

営業担当と月1程度打ち合わせをしており、都度情報を確認しておりますが、エリアによって若干の違いや新しい料金プランになっていることもあります。

実際に掲載する場合には、ぐるなび営業と打ち合わせを行い、自店のエリア・業態の競合数を把握するようにしましょう。

運営者HIRAKUのTwitterはこちら
>乱立するQRコードを一括導入

乱立するQRコードを一括導入

当サイトは、決済サービスから取次業務の委託を受けております。

国内主要QRコード決済の中でも「決済手数料」「入金手数料」「導入費用」全て無料で導入できるものをご案内致します。

CTR IMG