Square(スクエア)がPayPay(ペイペイ)に対応!気になる決済手数料など料金、導入手順は?

2022年8月10日お店のキャッシュレス導入Square

決済サービス『Square(スクエア)』では、8月9日からQRコード決済『PayPay(ペイペイ)』決済への対応を開始しました。

これまで『Square(スクエア)』では、カード決済や電子マネー決済に対応しておりましたが、QRコード決済には未対応でした。

『PayPay(ペイペイ)』決済に対応したことで、『Square(スクエア)』で対応可能な決済ブランドは全19種になりました。

この記事では、『Square(スクエア)』で『PayPay(ペイペイ)』を使う上での決済手数料等の料金、決済方式、導入手順、メリットやデメリットなど徹底解説していきます。

Square 基本情報 早見表

総合評価
28.5点/35点
導入費用 7980円~※カードリーダーを使用しない場合は無料
決済手数料 3.25~3.95%
月額固定費 無料
入金手数料 無料
入金サイクル 三井住友、みずほ銀行は翌営業日 ※他行は週1回
その他手数料 なし
審査期間 最短15分
決済方法・決済ブランド全19種
カード決済全6種
VISA
決済手数料3.25%
Mastercard®
決済手数料3.25%
AMEX
決済手数料3.25%
JCB
決済手数料3.95%
DinersClub
決済手数料3.25%
Discover
決済手数料3.25%
お支払い方法
1回払い
対応
2回払い
非対応
リボ回払い
非対応
分割払い
非対応
ボーナス一括払い
非対応
タッチ決済
対応
電子マネー決済全12種
iD
決済手数料3.75%
QUICPay
決済手数料3.75%
suica
決済手数料3.25%
PASMO
決済手数料3.25%
Kitaca
決済手数料3.25%
tolCa
決済手数料3.25%
manaca
決済手数料3.25%
ICOCA
決済手数料3.25%
SUGOCA
決済手数料3.25%
nimoca
決済手数料3.25%
はやかけん
決済手数料3.25%
ApplePay
決済手数料3.25~3.95%
QRマネー決済全1種
PayPay
決済手数料3.25%
決済端末
Square Reader
Square Reader
Square Reader
価格
7980円(税込)
タイプ
モバイル決済端末
必要周辺機器
スマホまたはタブレット※iOS・andloid対応
レシートプリンター
必要な場合は別途用意
対応決済方法
  • カード決済(ICカード/タッチ決済)
    ※磁気カードは同梱の磁気専用リーダーを利用
  • 電子マネー決済
Square Terminal
Square Terminal
Square Terminal
価格
46,980円(税込)
タイプ
オールインワン決済端末
必要周辺機器
なし
レシートプリンター
端末に内蔵
対応決済方法
  • カード決済(ICカード/磁気カード/タッチ決済)
  • 電子マネー決済
Square Stand
Square Stand
Square Stand
価格
29,980円(税込)
タイプ
iPad連動型決済端末
必要周辺機器
iPad
レシートプリンター
必要な場合は別途用意
対応決済方法
  • カード決済(ICカード/タッチ決済)
  • 電子マネー決済
Square POSレジアプリ
Square POSレジアプリ
Square POSレジアプリ
価格
無料
タイプ
スマホアプリ
必要周辺機器
スマホまたはタブレット※iOS・andloid対応
レシートプリンター
必要な場合は別途用意
対応決済方法
  • カード決済(カード情報を手入力して決済)
機能・特徴
対面決済
オンライン決済
請求書決済
メールリンク型決済
ネットショップ作成
POSレジ
継続課金機能
iOS対応
andloid対応

『Square(スクエア)』における『PayPay(ペイペイ)』の決済手数料は3.25%

Square(スクエア)』で『PayPay(ペイペイ)』の決済を行う場合に掛かる決済手数料は3.25%です。

『Square(スクエア)』が元々対応しているVISA、Mastercard等と同じ料率です。

他社の決済サービスと比較しても、大きな違いはありません。

決済サービス PayPayの決済手数料
Square(スクエア) 3.25
stera pack 3.25
スマレジ・PAYGATE 3.24%~
Airペイ(エアペイ) 3.24

決済手数料以外に料金は掛かる?

Square(スクエア)』で『PayPay(ペイペイ)』を導入する場合、決済手数料以外の費用は掛かりません。

『PayPay(ペイペイ)』決済にはカードリーダー等も必要ないので、手持ちのスマホとSquareアカウントさえあれば利用可能です。

【無料】Squareアカウント登録はこちら

ただし、これから『Square(スクエア)』の導入を検討しており、カード決済や電子マネー決済も利用したい場合は別途、決済端末が必要です。

『Square(スクエア)』の決済端末で最も安価なSquare Readerは7,980円です。

Squareの決済端末については以下の記事をご覧ください。

決済方式はお客側がQRコードを読み取るユーザースキャン方式

Square(スクエア)』での『PayPay(ペイペイ)』の決済方式はお客側がQRコードを読み取るユーザースキャン方式です。

『Square(スクエア)』では、現在3種類の決済端末を提供しておりますが、どの決済端末を利用する場合でも、ディスプレイ上にQRコードを表示させ、それをお客様が読み取り決済処理を行います。

Square Stand利用時のPayPay決済イメージ
Square Terminal利用時のPayPay決済イメージ
Square Reader利用時のPayPay決済イメージ

ちなみに、Square Terminal(スクエアターミナル)やSquare Stand(スクエアスタンド)は、バーコードリーダーを接続することができますが、コンビニのようにバーコードリーダーを用いて決済を行う「ストアスキャン方式」には対応しておりません

『Square(スクエア)』における『PayPay(ペイペイ)』の導入方法

Square(スクエア)』では、VISA,Mastercard以外の決済方法を利用する場合、管理画面上から申込みが必要です。

Squareアカウントを開設していない方は、以下よりアカウント登録を行ってください。

【無料】Squareアカウント登録はこちら

それではスマホ、パソコンそれぞれでの導入手順を解説していきます。

スマホから申込みする場合

STEP
管理画面(Squareデータ)にログイン
STEP
画面左下「≡」アイコンからメニューを開く
STEP
メニュー下部の「設定」を選択
STEP
「アカウントと設定」を選択
STEP
「企業または店舗の情報」を選択
STEP
「店舗情報」を選択
STEP
店舗情報が表示されたら、右方向に横スクロール
STEP
PayPay下の「有効化する」をクリックして完了
STEP
審査完了後からPayPay決済が可能に!
審査期間には10日~30日ほど時間が掛かります。
審査結果はSquareアカウントで登録しているメールアドレス宛に後日届きます。
【無料】Squareアカウント登録はこちら

パソコンから申込みする場合

STEP
管理画面(Squareデータ)にログイン
STEP
画面左下「設定」を選択
STEP
「アカウントと設定」を選択
STEP
「企業または店舗の情報」を選択
STEP
「店舗情報」を選択
STEP
店舗一覧画面が表示されたら、PayPay下の「有効化する」を選択して完了
STEP
審査完了後からPayPay決済が可能に!
審査期間には10日~30日ほど時間が掛かります。
審査結果はSquareアカウントで登録しているメールアドレス宛に後日届きます。
【無料】Squareアカウント登録はこちら

『PayPay(ペイペイ)』を『Square(スクエア)』で使うメリットとは?

『PayPay(ペイペイ)』を『Square(スクエア)』で対応するメリットは以下のようなことが挙げられます。

  • 全19種のキャッシュレス決済やオンライン決済までまとめて管理できる
  • 連携可能なPOSレジアプリが多い
  • 入金サイクルが早い

それぞれ解説していきます。

全19種のキャッシュレス決済やオンライン決済までまとめて管理できる

Square(スクエア)』では、『PayPay(ペイペイ)』以外にも以下の決済ブランドに対応可能です。

カード決済
VISA
決済手数料3.25%
Mastercard®
決済手数料3.25%
AMEX
決済手数料3.25%
JCB
決済手数料3.95%
DinersClub
決済手数料3.25%
Discover
決済手数料3.25%
タッチ決済
VISA
決済手数料3.25%
MasterCard
決済手数料3.25%
AMEX
決済手数料3.25%
JCB
決済手数料3.95%
電子マネー決済
iD
決済手数料3.75%
QUICPay
決済手数料3.75%
suica
決済手数料3.25%
PASMO
決済手数料3.25%
Kitaca
決済手数料3.25%
tolCa
決済手数料3.25%
manaca
決済手数料3.25%
ICOCA
決済手数料3.25%
SUGOCA
決済手数料3.25%
nimoca
決済手数料3.25%
はやかけん
決済手数料3.25%
ApplePay
決済手数料3.25~3.95%

また、店頭での対面決済以外にも、ネットショップ作成やメールリンク決済などオンライン決済、ギフトカード機能など様々な決済機能が備わっております。

このように様々な決済ブランド、決済機能を利用する場合、通常であれば複数の決済サービスを併用する必要があり、管理画面や売上金の入金がバラバラになってしまいます。

『Square(スクエア)』であれば、一つの管理画面でまとめて管理することができます。

『Square(スクエア)』の機能の多くは3.25~3.95%の決済手数料のみで利用できるため、運用コストも非常に安価です。

連携可能なPOSレジアプリが多い

決済端末とPOSレジを連携することで、会計金額の二度打ちが不要になるため、金額間違いなど細かいミス防止に繋がります。

Square(スクエア)』は、決済サービスの中でも連携可能なPOSレジが多く、以下のPOSレジと連携可能です。

連携可能なPOSレジ
SquarePOSレジ
Airレジ
スマレジ
ユビレジ
Bionly
poscube
ORANGE POS

Square POSレジは『Square(スクエア)』が提供している無料のPOSレジアプリです。

飲食店向けの機能であるオーダーエントリーシステムや、小売店の在庫管理効率化に最適なバーコードリーダーにも対応しているため、これからPOSレジ導入を検討している方にもおすすめです。

無料で使えるSquareのPOSレジ詳細はこちら

入金サイクルが早い

Square(スクエア)』で決済した売上金は後日指定口座に振込入金されます。

入金サイクルは以下の通り。

金融機関 入金サイクル
三井住友・みずほ銀行 翌営業日入金
その他の口座 週1回入金

『PayPay(ペイペイ)』と直接契約して導入する場合、入金サイクルが月1回と非常に少ないです。

『Square(スクエア)』では、決済金額を問わず最短翌営業日に手数料無料で入金されるため、資金繰りに余裕がない個人事業主などの小規模事業者にもおすすめです。

【無料】Squareアカウント登録はこちら

『PayPay(ペイペイ)』をSquare(スクエア)で使うデメリットや注意点はある?

『PayPay(ペイペイ)』を『Square(スクエア)』で使う上でデメリットや注意点として、以下のようなものが挙げられます。

  • 『PayPay(ペイペイ)』以外のQRコード決済には非対応
  • 審査に10日~30日ほど掛かってしまう。
  • PayPayと直接契約する場合に比べて決済手数料が高い

それぞれ解説していきます。

『PayPay(ペイペイ)』以外のQRコード決済には非対応

現在、『Square(スクエア)』は、『PayPay(ペイペイ)』以外のQRコード決済には対応しておりません。

そのため、d払いやauPAY、楽天ペイといったQRコード決済を導入する場合、他社サービスと併用する必要があります。

より多くのQRコード決済に対応したい場合は、国内主要キャッシュレス決済に網羅的に対応している以下の決済サービスがおすすめです。

ただし、『Square(スクエア)』の事業者向けサービス担当責任者を務めるアリッサ・ヘンリー氏は過去のインタビューにおいて、「展開する国のニーズに合わせた決済ブランドに対応していく」と明言しております。

言葉通り、QRコード決済の国内シェアトップである『PayPay(ペイペイ)』に対応したことから、今後、他のQRコード決済への対応する可能性には期待できるでしょう。

審査に10日~30日ほど掛かってしまう。

Square(スクエア)』のカード決済や電子マネー決済は、審査スピードが非常に早いことが特徴です。

VISA、Mastercardに至っては最短15分で審査が完了します。

しかし、『PayPay(ペイペイ)』の審査に関しては、約10日~30日ほど時間が掛かってしまいます。

『Square(スクエア)』に限らず、決済代行サービスを経由する場合、QRコード決済の審査には約1ヶ月ほど時間が掛かってしまうため、『PayPay(ペイペイ)』の審査スピードに関しては他社と大きな違いはないようです。

PayPayと直接契約する場合に比べて決済手数料が高い

『PayPay(ペイペイ)』は、公式サイト上から直接契約することで決済手数料1.60~1.98%で導入可能です。

Square(スクエア)』で利用する場合の決済手数料は3.25%なので、約1%以上高い料率です。

ただし、『PayPay(ペイペイ)』と直接契約して利用する場合、管理画面や入金サイクルがバラバラになってしまうため、管理や事務作業の手間が増えてしまいます。

また、『PayPay(ペイペイ)』から発行される専用の決済QRコードを別途設置する必要があり、レジ周りをスッキリさせたい場合にはおすすめできません。

PAYPAY加盟店向け公式サイトはこちら

まとめ

これまでQRコード決済への対応が期待されてきた『Square(スクエア)』がついに『PayPay(ペイペイ)』に対応しました!

Square(スクエア)』は決済端末のデザイン性が高く、実店舗からオンラインまで幅広い業種で使える決済機能が豊富な決済サービスです。

『PayPay(ペイペイ)』に対応したことで導入を検討している方は、まずは無料で作れるSquareアカウントを登録し、アプリや管理画面の操作してみてはいかがでしょうか。