※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

エアペイの手数料は高い?他社との比較・手数料一覧など詳しく解説

CMでもお馴染みの店舗向け決済サービス『Airペイ(エアペイ)』。

全63種ものキャッシュレス決済を1.08~3.24%の決済手数料で利用できるわけですが、Airペイ(エアペイ)の手数料は他社と比べて高いのでしょうか?

結論として手数料は決して高くありません。

『Airペイ(エアペイ)』の手数料に関して特徴をまとめると以下の通りです。

Airペイの手数料まとめ
  • 決済手数料は3.24%と決して高くない
    ※COIN+のみ1.08%
  • 導入から運用まで加盟店負担の手数料は決済手数料のみ
  • 一部の決済ブランドの手数料は他社に比べてやや高い

この記事では『Airペイ(エアペイ)』の手数料をテーマに他社との比較、手数料に関連して気になる点について徹底解説してきます。

Airペイのお得なキャンペーン
  • iPad&カードリーダーの2点が無料!
  • 提供されるiPadはPOSレジなど他社アプリの利用もOK
  • キャンペーンはiPadの在庫限りで予告なく終了
目次

そもそも決済手数料はどうやって決まるの?相場はいくら?

キャッシュレス決済を導入する場合、決済代行会社を利用することが一般的です。

決済代行会社の役割

加盟店に代わって、カード会社や決済サービスとの契約を代行し、決済端末の提供やシステム開発、入金処理を一本化します。

決算代行会社の仕組み

『Airペイ(エアペイ)』のような決済手数料を開示するサービスが登場する前は、決済手数料が加盟店ごとに個別に見積もられ、設定されることが一般的でした。

決済手数料の設定は、業種や取り扱う商品に基づいて決まり、カード会社や決済代行社にとってのリスクの高さによって手数料が変動します。リスクが高いと判断される業種や商品では、それに応じて高い決済手数料が設定されることが一般的です。

カード会社にとってのリスクとは?
  • マネーロンダリングや現金化など不正利用
  • チャージバック(返金)申請が多い
  • チャージバック(返金)発生時の代金未回収

業種別の決済手数料相場は以下の通り。

業種名手数料の相場
家電量販店、コンビニなどの大型チェーン店~1.5%
デパート、百貨店2~3%
個人経営店、専門店3~5%
居酒屋、レストランなど飲食店3~7%
エステや美容医療、学習塾など5~10%

また、決済ブランドによっても料率は異なります。例えば、JCBは手数料が高く設定される傾向にありましたが、近年ではVISAやMastercardと同様の料率になってきています。

Airペイ(エアペイ)の決済手数料は一律3.24%※COIN+のみ1.08%

Airペイ(エアペイ)の決済手数料は一律1.08~3.24%

Airペイ(エアペイ)は、加盟店の業種・売上規模を問わず、一律の決済手数料で利用可能です。

『Airペイ(エアペイ)』では決済ブランドごとに『1.08%』または『3.24%』決済手数料が設定されています。ただし、決済手段によって消費税の取り扱いが異なります。

カード決済決済手数料3.24%
(非課税)
VISAVISA
MastercardMastercard
AMEXAMEX
JCBJCB
DinersClubDinersClub
DiscoverDiscover
銀聯(UNION PAY)銀聯
電子マネー決済手数料3.24%
(非課税)
iDiD
QUICPayQUICPay
決済手数料3.24%
(税別2.95%)
交通系IC交通系IC詳細
QRコード決済決済手数料3.24%
(税別2.95%)
楽天PAY楽天PAY
PayPayPayPay
d払いd払い
auPAYauPAY
J-Coin PayJ-Coin Pay
SmartCodeSmartCode詳細
ALIPAY+ALIPAY+詳細
WeChat PayWeChat Pay
Union QRUnion QR
決済手数料1.08%
(税別0.99%)
COIN+COIN+

旧来の決済代行会社と比べて、どのくらい決済手数料に違いがあるか、私が過去に働いていた飲食店を例にみてみましょう。

私が働いていた飲食店では「テンポスの決済端末」「銀行系の決済端末」を併用していましたが、「Airペイ(エアペイ)」に乗り換えました。

決済手数料の変化は以下の通り。

決済ブランドAirペイテンポスの決済端末銀行系の決済端末

VISA/Mastercard
3.24%3.24%非対応

JCB/AMEX/Diners Club/DISCOVER
3.24%非対応4.50%

VISA、mastercardの決済手数料は横並びですが、JCBやAMEXは1%以上安くなりました。

しかも、バラバラだった契約先や決済端末を一本化でき、電子マネーやQRコード決済にも対応できるようになりました。このように、決済手数料以外にも多くのメリットがありました。

今なら"iPadと決済端末"が無料

解説記事はこちら

【比較一覧表】Airペイ(エアペイ)の決済手数料は高い?安い?

【比較】Airペイ(エアペイ)の決済手数料は高い?安い?

Airペイ(エアペイ)』の決済手数料は決して高くありません。

『Airペイ(エアペイ)』同様に一律の決済手数料でサービスを提供している他社と比較すると以下の通りです。

※決済ブランド別の手数料では、料率が低いものを赤文字にしています。

スクロールできます
決済サービス決済手数料
の下限~上限
カード決済電子マネー決済QRコード決済

VISA/Mastercard

JCB

AMEX/Diners Club/DISCOVER

UnionPay(銀聯)

iD

QUICPay

交通系電子マネー

nanaco/WAON/楽天EDY

PayPay

d払い

auPAY

楽天Pay

COIN+
Airペイ(エアペイ)公式サイト1.08~3.24%3.24%
(非課税)
3.24%
(非課税)
3.24%
(非課税)
3.24%
(非課税)
3.24%
(非課税)
3.24%
(非課税)
3.24%
(税別2.95%)
非対応3.24%
(税別2.95%)
3.24%
(税別2.95%)
3.24%
(税別2.95%)
3.24%
(税別2.95%)
1.08%
(税別0.99%)
Square(スクエア)公式サイト3.25~3.75%
※対面決済は一律3.25%で利用可
3.25%
(非課税)
3.25%
(非課税)
3.25%
(非課税)
非対応3.25%
(非課税)
3.25%
(非課税)
3.25%
(税別2.95%)
非対応3.25%
(税別2.95%)
非対応非対応非対応非対応
STORES決済公式サイト1.98~3.24%3.24%
(非課税)
3.24%
(非課税)
3.24%
(非課税)
非対応非対応非対応1.98%
(税別1.80%)
非対応非対応非対応非対応非対応非対応
sterapack公式サイト2.70~3.24%2.70~3.24%
(税区分は非公開)
3.24%
(税区分は非公開)
3.24%
(税区分は非公開)
3.24%
(税区分は非公開)
3.24%
(税区分は非公開)
3.24%
(税区分は非公開)
3.24%
(税区分は非公開)
3.24%
(税区分は非公開)
3.24%
(税区分は非公開)
3.24%
(税区分は非公開)
3.24%
(税区分は非公開)
3.24%
(税区分は非公開)
非対応
stera pack for クリニック※医療機関限定公式サイト1.50~3.24%1.50%
(税区分は非公開)
※要問合せ※要問合せ3.24%
(税区分は非公開)
3.24%
(税区分は非公開)
※要問合せ3.24%
(税区分は非公開)
3.24%
(税区分は非公開)
3.24%
(税区分は非公開)
3.24%
(税区分は非公開)
3.24%
(税区分は非公開)
3.24%
(税区分は非公開)
非対応
PayCas Mobile公式サイト2.80~3.56%2.80%
(非課税)
3.56%
(税別3.24%)
3.56%
(税別3.24%)
3.24%
(非課税)
3.24%
(税別2.95%)
3.56%
(税別3.24%)
3.24%
(税別2.95%)
3.24%
(税別2.95%)
3.08%
(税別2.80%)
3.24%
(税別2.95%)
3.24%
(税別2.95%)
3.24%
(税別2.95%)
非対応
楽天ペイ 公式サイト 3.24%3.24%
(非課税)
3.24%
(非課税)
3.24%
(非課税)
非対応3.24%
(非課税)
3.24%
(非課税)
3.24%
(税別2.95%)
3.24%
(税別2.95%)
非対応非対応3.24%
(税別2.95%)
3.24%
(税別2.95%)
非対応
PayPay公式サイト1.76~2.18%非対応非対応非対応非対応非対応非対応非対応非対応1.76~2.178%
(税別1.60~1.98%)
非対応非対応非対応非対応

決済手数料の下限は『Airペイ(エアペイ)』が最も安価ですが、1.08%が適用されるのは『COIN+』というマイナーなQR決済のみです。つまり、『COIN+』を除けば『Airペイ(エアペイ)』の決済手数料は一律3.24%ということなりますが、

COIN+は、リクルートと三菱UFJ銀行の合弁会社が運営している決済ブランドです。

一部の決済ブランドでは他社の手数料が安い場合もあるものの、全体的には『Airペイ(エアペイ)』の手数料は安く、業界最安水準に入ります。

今なら"iPadと決済端末"が無料

解説記事はこちら

Airペイ(エアペイ)より決済手数料が安い5つのサービス|各社の特徴と注意点

一部の決済サービスでは、『Airペイ(エアペイ)』よりも安い決済手数料で特定の決済ブランドを利用できます。

以下の表は、『Airペイ(エアペイ)』よりも安い決済手数料で扱うブランドを持つサービスをまとめたものです。

スクロールできます
決済サービス対象ブランド手数料率Airペイとの差
※数字が小さいほど、Airペイより安い
sterapack公式サイト
VISA/Mastercard
2.70~3.24%-0.54~0%
stera pack for クリニック※医療機関限定公式サイト
VISA/Mastercard
1.50%1.74%
STORES決済公式サイト
交通系電子マネー
 1.98%1.26%
PayCas Mobile公式サイト
VISA/Mastercard
2.80%0.44%

PayPay
 3.08%0.16%
PayPay公式サイト
PayPay
 1.76~2.18%-1.48~-1.062%

決済サービスによっては月額サービス利用料が掛かるため、一定以上の決済額がなければ『Airペイ(エアペイ)』よりコストが高くつく可能性があります。

ここから、各決済サービスごとに手数料を含む料金や、手数料を安く抑えるための条件を詳しく解説していきます。

stera pack(ステラパック)
VISA、Mastercardの決済手数料が安い!

sterapack

Airペイよりも手数料が低い決済ブランド

対象ブランド
VISA/Mastercard
手数料率2.70~3.24%
Airペイとの差-0.54~0%

stera packの特徴

  • 【業界最安水準】VISA、Mastercardの決済手数料2.70%~!
  • 【初期費用0円】高性能なマルチ決済端末を無料で導入できる!
  • 【充実のサポート】契約中は修理・交換無料!レシートロールは何度でも無料発注可!

stera pack 』は、Visa、mastercardの決済手数料が2.70%~利用できます。ただし、適用される決済手数料率は契約プランによります。

プランVISA・Mastercardの決済手数料月額費用
お試しプラン3.24%
※2年目以降はスタンダードプランへ以降
1年間無料
スタンダードプラン2.70%3300円

2.70%の決済手数料を適用するには、月額3300円のスタンダードプランが必要です。

つまり、VisaとMasterCardの決済額が月間で平均61.1万円以上なければ、毎月の費用負担が『Airペイ(エアペイ)』より高くなってしまいます。

キャッシュレス決済を初めて導入する場合、毎月の決済額を見積もるのは難しいかもしれません。しかし、お試しプランなら2年目から自動的にスタンダードプランに切り替わり、2.70%の手数料が適用されます。

また、決済端末を返却すれば解約金はかからないため、初年度で毎月の決済額が一定額を超えるのか確認して、サービスの継続と解約を判断すると良いでしょう。

さらに、契約期間中は「修理・交換」や「レシートロールの発注」が何度でも無料で利用できます。アフターサポートを重視する場合、月間の決済額が61.1万円に達しない場合でも『stera pack』の利用はおすすめです。

導入前にチェックしておくべき注意点
  • VisaとMasterCardの決済額が一定以上ないと月額利用料の分だけ負担が増える
  • お試しプラン契約中はVISA、MasterCardの決済手数料が3.24%
  • 三井住友銀行以外への入金は1回辺り220円の振込手数料が掛かる
  • 申込から導入まで1.5~2か月ほど時間がかかる
  • 持ち運びができない
  • 解約時にはstera terminalの返却が必要

【初期費用0円】決済手数料2.70%~


stera packの料金

お試しプラン(1年間)
初期費用無料
決済手数料3.24%
入金手数料三井住友銀行無料
その他の銀行1回辺り220円
月額サービス利用料無料
解約金なし
スタンダードプラン
初期費用無料
決済手数料2.70~3.24%
入金手数料三井住友銀行無料
その他の銀行1回辺り220円
月額サービス利用料3300円/月
解約金なし

stera packの決済手段

カード決済決済手数料2.70%
※お試しプランは3.24%
VISAVISA
MastercardMastercard
決済手数料3.24%
AMEXAMEX
JCBJCB
DinersClubDinersClub
DiscoverDiscover
銀聯(UNION PAY)銀聯
電子マネー決済決済手数料3.24%
iDiD
QUICPayQUICPay
nanaconanaco
WAONWAON
楽天Edy楽天Edy
交通系IC交通系IC詳細
QRコード決済決済手数料3.24%
楽天PAY楽天PAY
PayPayPayPay
d払いd払い
auPAYauPAY
メルペイメルペイ
ALIPAY+ALIPAY+詳細
WeChat PayWeChat Pay
Union QRUnion QR

stera packのお支払方法

一括払い対応
2回払い対応
分割払い対応
リボ払い対応
ボーナス一括払い対応

stera packの決済端末

決済端末stera terminal
決済端末の種類据置型マルチ決済端末
価格0円
保証期間契約中は修理・交換が何度でも無料
契約中はレシートロール紙も無料で追加発注可能
周辺機器不要
本体サイズ108 mm x 266 mm x 100 mm
(幅 x 高さ x 奥行き)
持ち運び不可
通信環境Wi-Fi
有線LAN
POSレジ連携stera pack POS
ビジコム
POS+
NECモバイル
スマレジ
Uレジ
ローズシステム
ズーズー
フーディ―ポケット

stera packの入金サイクル

金融機関を問わず月2回・月6回から選択式

stera packの審査

審査通過率

stera packの導入スピード

導入までの目安申込みから1.5か月~

stera packの信頼性とセキュリティ

提供元SMBC GMO PAYMENT株式会社
(三井住友カードとGMOの合弁会社)
セキュリティ対策PCI DSS準拠クレジットカード情報を安全に取り扱うための国際標準に準拠。
なりすましやカード偽造の被害対策にも対応。
※PCI DSSは国際カードブランド5社(American Express、Discover、JCB、Mastercard®、VISA)が定めた、カード会員情報の保護に関する安全基準。
不正利用対策三井住友カードのセキュリティノウハウとVisaの不正検知システムを融合した世界最大の不正使用検出レーダーを搭載

実施中のキャンペーン・お得情報

お試しプラン

月額費用3300円が1年間無料で導入可能。

公式でチェック

決済端末を無料提供

アプリ対応のマルチ決済端末「stera terminal」を1店舗につき、1台まで無料提供!決済手数料は「2.70%~」と業界最安のため、カード決済の利用額が大きいお店におすすめです。

公式でチェック

【初期費用0円】決済手数料2.70%~

stera pack for クリニック|
医療機関限定で決済手数料1.50%~導入できる!

stera pack for クリニック

Airペイよりも手数料が低い決済ブランド

対象ブランド
VISA/Mastercard
手数料率1.50%
Airペイとの差-1.74%

stera pack for クリニックの特徴

  • 【医療機関限定】VISA、Mastercardの決済手数料1.50%!
  • 【初期費用0円】高性能なマルチ決済端末を無料で導入できる!
  • 【充実のサポート】契約中は修理・交換無料!レシートロールは何度でも無料発注可!

stera pack for クリニック』は、医療機関専用の特別プランでVisa・Mastercardの決済手数料が1.50%で利用できます。

このプランの対象となるのは病院や診察所(クリニック)に限定されており、薬局など他の医療関連施設は対象外です。

月額費用3300円が必要ですが、決済手数料は『Airペイ(エアペイ)』の料率の半分以下で設定されています。そのため、Visa・Mastercard決済額が月間で平均19万円を超える場合、Airペイを使用するよりもコストが安くなります。

『Airペイ(エアペイ)』以外のサービスと比較しても圧倒的に安価な決済手数料で利用できるため、病院や診察所(クリニック)には『sterapack for クリニック』の利用がおすすめです。

導入前にチェックしておくべき注意点
  • JCB系ブランドの決済手数料率は要問合せ
  • 三井住友銀行以外への入金は1回辺り220円の振込手数料が掛かる
  • 申込から導入まで1.5~2か月ほど時間がかかる
  • 持ち運びができない
  • 解約時にはstera terminalの返却が必要

【初期費用0円】決済手数料1.50%~!


stera pack for クリニックの料金

初期費用無料
決済手数料1.50~3.24%
入金手数料三井住友銀行無料
その他の銀行1回辺り220円
月額サービス利用料3300円/月
解約金なし

stera pack for クリニックの決済手段

カード決済決済手数料1.50%
VISAVISA
MastercardMastercard
決済手数料3.24%
銀聯(UNION PAY)銀聯
要問い合わせ
AMEXAMEX
JCBJCB
DinersClubDinersClub
DiscoverDiscover
電子マネー決済決済手数料3.24%
iDiD
nanaconanaco
WAONWAON
楽天Edy楽天Edy
交通系IC交通系IC詳細
要問い合わせ
QUICPayQUICPay
QRコード決済決済手数料3.24%
楽天PAY楽天PAY
PayPayPayPay
d払いd払い
auPAYauPAY
メルペイメルペイ
ALIPAY+ALIPAY+詳細
WeChat PayWeChat Pay
Union QRUnion QR

stera pack for クリニックのお支払方法

一括払い対応
2回払い非対応
分割払い非対応
リボ払い非対応
ボーナス一括払い非対応

stera pack for クリニックの決済端末

決済端末stera terminal
決済端末の種類据置型マルチ決済端末
価格0円
保証期間契約中は修理・交換が何度でも無料
契約中はレシートロール紙も無料で追加発注可能
周辺機器不要
本体サイズ108 mm x 266 mm x 100 mm
(幅 x 高さ x 奥行き)
持ち運び不可
通信環境Wi-Fi
有線LAN
POSレジ連携stera pack POS
ビジコム
POS+
NECモバイル
スマレジ
Uレジ
ローズシステム
ズーズー
フーディ―ポケット

stera pack for クリニックの入金サイクル

金融機関を問わず月2回・月6回から選択式

stera pack for クリニックの審査

審査通過率

stera pack for クリニックの導入スピード

導入までの目安申込みから1.5か月~

stera pack for クリニックの信頼性とセキュリティ

提供元SMBC GMO PAYMENT株式会社
(三井住友カードとGMOの合弁会社)
セキュリティ対策PCI DSS準拠クレジットカード情報を安全に取り扱うための国際標準に準拠。
なりすましやカード偽造の被害対策にも対応。
※PCI DSSは国際カードブランド5社(American Express、Discover、JCB、Mastercard®、VISA)が定めた、カード会員情報の保護に関する安全基準。
不正利用対策三井住友カードのセキュリティノウハウとVisaの不正検知システムを融合した世界最大の不正使用検出レーダーを搭載

実施中のキャンペーン・お得情報

常時、決済端末を無料提供

アプリ対応のマルチ決済端末「stera terminal」を1店舗につき、1台まで無料提供!決済手数料は「2.70%~」と業界最安のため、カード決済の利用額が大きいお店におすすめです。

公式でチェック

【初期費用0円】決済手数料1.50%~!

STORES決済(ストアーズ決済)
交通系電子マネーの決済手数料が安い!

STORES決済

Airペイよりも手数料が低い決済ブランド

対象ブランド
交通系電子マネー
手数料率1.98%
Airペイとの差-1.26%

STORES決済の特徴

  • 【交通系電子マネーがお得】決済手数料1.98%でSuicaなど9種の電子マネーに対応可能!
  • 【初期費用0円】10万円以上の決済で決算端末が無料
  • 【スピード導入】申し込みから最短3営業日で導入できる!

STORES 決済 (旧:Coiney)』では、交通系電子マネーを業界最安の決済手数料1.98%で利用できます。

決済可能な交通系電子マネーは全国の鉄道会社が発行する以下の9種です。

交通系電子マネーは、老若男女を問わず幅広く使われており、とくに5000円以下の少額決済で多く利用されます。小売店やランチタイムの飲食店、カフェなどの業種では対応しておくことをおすすめします。

ただし、カード決済やPayPay等のQRコード決済に比べるとニーズが少ない決済手段でもあります。

『STORES 決済 (旧:Coiney)』は対応できる決済手段の種類が少ないです。そのため、まずは『Airペイ(エアペイ)』を導入し、交通系電子マネーのニーズが多ければ、追加で『STORES 決済 (旧:Coiney)』を契約することをおすすめします。

導入前にチェックしておくべき注意点
  • 申込日から180日以内に累計10万円以上の決済が確認できない場合は、決済端末代として19,800円がかかる
  • 対応可能な決済手段が少ない

今なら"決済端末"が無料


STORES決済の料金

初期費用無料
決済手数料1.98~3.24%
入金手数料無料
月額サービス利用料無料
解約金なし

STORES決済の決済手段

カード決済決済手数料3.24%
VISAVISA
MastercardMastercard
AMEXAMEX
JCBJCB
DinersClubDinersClub
DiscoverDiscover
電子マネー決済決済手数料1.98%
交通系IC交通系IC詳細
QRコード決済決済手数料3.24%
WeChat PayWeChat Pay

STORES決済のお支払方法

一括払い対応
2回払い対応
分割払い対応
リボ払い不可
ボーナス一括払い不可

STORES決済の決済端末

決済端末STORES決済 カードリーダー
STORES決済 カードリーダー
決済端末の種類モバイル決済端末
価格19,800円申込から180日以内に累計10万円以上の決済で無料
保証期間発送日から1年間
周辺機器スマホまたはタブレット(android・iOS両方に対応)
プリンター(無くても利用可)
本体サイズ71 mm x 18 mm x 103 mm
(幅 x 高さ x 奥行き)
持ち運び
通信環境Wi-Fi
モバイル通信

※スマホ・タブレット経由
POSレジ連携STORES レジ
スマレジ
ユビレジ
あっと決済
Bionly
Salon Answer
POS+
Orange Operation
poscube
Loyverse POS
NEXPO
Okage DX Platform
かんたんレジ

STORES決済の入金サイクル

自動入金金融機関を問わず月1回
手動入金
※管理画面から振込依頼
金融機関を問わず翌々営業日

STORES決済の審査

審査通過率

STORES決済の導入スピード

導入までの目安申込みから約3営業日

STORES決済の信頼性とセキュリティ

提供元STORES株式会社
セキュリティ対策PCI DSS準拠クレジットカード情報を安全に取り扱うための国際標準に準拠。
なりすましやカード偽造の被害対策にも対応
※PCI DSSは国際カードブランド5社(American Express、Discover、JCB、Mastercard®、VISA)が定めた、カード会員情報の保護に関する安全基準。
不正アクセス対策カードリーダーやスマホ、タブレットにカード情報を残さずに都度カード会社へ送信。
情報漏洩のリスクを低減します。
スキミング対策カード情報を暗号化することで、不正コピー(スキミング)を防ぎます。
カード情報の暗号化によってスキミング防止

実施中のキャンペーン・お得情報

条件達成で決済端末が無料!

お申し込み完了後180日(約6ヶ月)以内に合計10万円以上の決済を行うと「カードリーダー(通常19800円)」が無料に!「iOS」「android」どちらでも使えるため、手持ちのスマホを使えば導入費用が一切掛かりません。

公式でチェック

今なら"決済端末"が無料

PayCAS Mobile|
VISA・Mastercard・PayPayの決済手数料が安い!

PayCas Mobile

Airペイよりも手数料が低い決済ブランド

対象ブランド
VISA/Mastercard

PayPay
手数料率2.80% 3.08%
Airペイとの差0.44%0.16%

PayCAS Mobileの特徴

  • 【初期費用0円】通常78,800円の決済端末が無料
  • 決済手数料2.80%~】VISA/Mastercard/PayPayが安い
  • 【周辺機器不要】ソフトバンクSIM対応&プリンター内臓のマルチ決済端末

PayCAS』は、VisaとMastercardの決済手数料が2.80%、PayPayが3.08%で利用できますが、月額1,980円のサービス利用料が必要です。

そのため、特定の決済額以下だと『Airペイ(エアペイ)』よりコストが高くなります。

決済方法月間平均決済額
Visa・Mastercard45万円以上
PayPay123.8万円以上
Visa/MastercardとPayPay半分ずつ66万円以上

月間平均決済額が上記のいずれかより大きい場合、『Airペイ(エアペイ)』よりコストを抑えることができます。

ただし、電子マネー決済に対応する場合は追加で月額1,020円がかかり、JCB系ブランドは決済手数料が3.56%と高く設定されています。

さらに、4年間の長期契約が必要で、途中解約時には最大66,000円の違約金が発生します。また、他社の決済端末を既に導入している場合は申込みができないケースもあり、他社サービスとの併用が難しいです。

Visa、Mastercard、PayPayの利用が多い店舗には『PayCAS』はおすすめですが、JCB系ブランドの利用が多いお店や、長期契約に不安がある場合は、他の決済サービスを検討すべきでしょう。

導入前にチェックしておくべき注意点
  • Visa、MasterCard、PayPayの決済額が一定以上ないと月額利用料の分だけ負担が増える
  • すでに他社の決済端末を契約している場合、導入できない可能性がある
  • JCB系の決済ブランドが課税対象となり、決済手数料3.56%と他社より高い
  • 月額利用料として1980円、電子マネー決済を利用する場合はさらに月額1020円が掛かる
  • 4年間の契約の縛りがあり、解約時は残月数に応じた違約金が発生する

【導入無料】申込みはこちら


PayCAS Mobileの料金

初期費用無料
決済手数料2.80~3.56%
※税別2.80~3.24%
入金手数料無料
月額サービス利用料月額費用1,980円(税別)/月
電子マネー利用月額費用1,020円(税別)/月
解約金13カ月以内の解約:66,000円
25カ月以内の解約:49,500円
37カ月以内の解約:33,000円
49カ月以内の解約:16,500円

PayCAS Mobileの決済手段

カード決済決済手数料2.80%
VISAVISA
MastercardMastercard
決済手数料3.24%
銀聯(UNION PAY)銀聯
決済手数料3.56%
※税別3.24%
AMEXAMEX
JCBJCB
DinersClubDinersClub
DiscoverDiscover
電子マネー決済決済手数料3.24%
iDiD
nanaconanaco
WAONWAON
楽天Edy楽天Edy
交通系IC交通系IC詳細
決済手数料3.56%
※税別3.24%
QUICPayQUICPay
QRコード決済 決済手数料3.08%
※税別2.80%
PayPayPayPay
 決済手数料3.24%
※税別2.95%
楽天PAY楽天PAY
d払いd払い
auPAYauPAY
J-Coin PayJ-Coin Pay
メルペイメルペイ
ALIPAYALIPAY
WeChat PayWeChat Pay
雲閃付雲閃付

PayCAS Mobileのお支払方法・決済機能

QRコード決済ストアスキャン方式

※端末上のカメラでお客様提示のQRコードを読み取り
オンライン決済不可

PayCAS Mobileの決済端末

決済端末PayCAS Mobile
PayCAS Mobile
決済端末の種類マルチ決済端末
価格78,800円
PayPayからの申込みで0円
保証期間4年間
周辺機器不要
※ストアスキャン方式で決済する場合はスマホまたはタブレット
本体サイズ78 mm x 57 mm x 175.7 mm
(幅 x 高さ x 奥行き)
持ち運び
POSレジ連携blayn
nRegi-mini
リアレジ

PayCAS Mobileの入金サイクル

金融機関を問わず月2回

PayCAS Mobileの審査

審査通過率

PayCAS Mobileの導入スピード

導入までの目安約1か月

PayCAS Mobileの信頼性とセキュリティ

提供元PayPay株式会社
セキュリティ対策 PCI DSS準拠クレジットカード情報を安全に取り扱うための国際標準に準拠。
なりすましやカード偽造の被害対策にも対応

※PCI DSSは国際カードブランド5社(American Express、Discover、JCB、Mastercard®、VISA)が定めた、カード会員情報の保護に関する安全基準。
不正アクセス対策 端末にカード情報を残さずに都度カード会社へ送信。

情報漏洩のリスクを低減します。
スキミング対策 カード情報を暗号化することで、不正コピー(スキミング)を防ぎます。

カード情報の暗号化によってスキミング防止

【導入無料】申込みはこちら

PayPay(直接契約)
PayPayを1%台の決済手数料で導入!

PayPay

Airペイよりも手数料が低い決済ブランド

対象ブランド
PayPay
手数料率 1.76~2.18%
Airペイとの差-1.48~-1.062%

PayPayの特徴

  • 【決済手数料がお得】1.76~2.178%(税別1.60~1.98)でPayPay決済に対応
  • 【初期費用0円】QRコードの設置のみで導入

PayPay』は直接契約することで、決済手数料1.76~2.18%(税別1.60~1.98%)で利用できます。PayPayユーザーに対してアプリ内でクーポン発行等ができる『PayPayマイストアライトプラン』に加入することで適用される手数料が軽減されます。

プラン決済手数料月額費用
無料プラン2.178%(税別1.98%)無料
PayPayマイストアライトプラン1.76%(税別1.60%)1980円(税別)

PayPay決済が月間で平均52.1万円以上あれば、『PayPayマイストアライトプラン』に加入することで毎月のコストを抑えることができます。

いずれにしても『Airペイ(エアペイ)』経由でPayPay決済を行うより、安価な決済手数料で利用できるため、少しでも決済手数料の負担を軽減したい直接契約して使うと良いでしょう。

導入前にチェックしておくべき注意点
  • PayPayとALIPAY系以外の決済手段に対応できない
  • POSレジ連携ができない

【導入無料】PayPayに決済手数料1.60%~対応


PayPayの料金

月額無料プラン
初期費用無料
決済手数料2.178%
※税別1.98%
入金手数料通常入金無料
早期振込サービス利用時
※振込先がPayPay銀行
入金額の0.38%
+
20円/1回
※税別
早期振込サービス利用時
※その他の金融機関
入金額の0.38%
+
200円/1回
※税別
月額サービス利用料無料
解約金なし
ライトプラン
初期費用無料
決済手数料1.76%
※税別1.60%
入金手数料通常入金無料
早期振込サービス利用時
※振込先がPayPay銀行
入金額の0.38%
+
20円/1回
※税別
早期振込サービス利用時
※その他の金融機関
入金額の0.38%
+
200円/1回
※税別
月額サービス利用料1,980円/月
解約金なし

PayPayの決済手段

QRコード決済 決済手数料
1.76%or2.178%
(税別1.60%or1.98%)
PayPayPayPay
LINE PAYLINE PAY
ALIPAY+ALIPAY+詳細

PayPayのお支払方法・決済機能

QRコード決済ストアスキャン方式

※スマホまたはタブレットのカメラでお客様提示のQRコードを読み取り

ユーザースキャン方式

※レジに設置したQRコードをお客様がスマホで読み取り
オンライン決済不可

PayPayの決済端末

決済端末PayPay決済用のQRコード
PayPay(直接契約)
決済端末の種類QRコード
価格無料
保証期間
周辺機器不要
※ストアスキャン方式で決済する場合はスマホまたはタブレット
持ち運び
POSレジ連携不可

PayPayの入金サイクル

通常入金金融機関を問わず月1回
早期振込サービスPayPay銀行翌日入金
その他の銀行翌営業日入金

PayPayの審査

審査通過率

PayPayの導入スピード

導入までの目安申込みから1週間~

PayPayの信頼性とセキュリティ

提供元PayPay株式会社
セキュリティ対策 PCI DSS準拠 クレジットカード情報を安全に取り扱うための国際標準に準拠。
なりすましやカード偽造の被害対策にも対応

※PCI DSSは国際カードブランド5社(American Express、Discover、JCB、Mastercard®、VISA)が定めた、カード会員情報の保護に関する安全基準。
脆弱性診断外部機関による脆弱性診断とサイバー攻撃のテストを実施
データ保護個人情報(電話番号、名前など)や決済情報などが通る通信経路を暗号化して保存

【導入無料】PayPayに決済手数料1.60%~対応

Airペイ(エアペイ)は決済手数料以外の手数料は高い?

決済手数料以外の手数料は高い?

Airペイ(エアペイ)』は、決済手数料以外の手数料は一切掛かりません

他社サービスでは、月額利用料や入金手数料が発生することがあり、決済手数料のみで利用できる『Airペイ(エアペイ)』は、シンプルで使いやすい料金設定です。

スクロールできます
決済サービス決済手数料入金手数料月額固定費解約金
Airペイ(エアペイ)1.08~3.24% 無料 無料なし
Square(スクエア)3.25~3.75%
※対面決済は一律3.25%で利用可
 無料 無料なし
STORES決済1.98~3.24% 無料 無料なし
sterapack2.70~3.24% 三井住友銀行は無料
※他行は1回辺り220円(税込)
 3300円/月 ※1年間無料のお試しプランなし
stera pack for クリニック※医療機関限定1.50~3.24% 三井住友銀行は無料
※他行は1回辺り220円(税込)
 3300円/月 ※1年間無料のお試しプランなし
PayCas Mobile2.80~3.56% 無料 1,980円(税別)/月
※電子マネーを契約する場合はさらに1,020円(税別)/月
16,500~66,000円
※4年以内の解約時
楽天ペイ3.24% 楽天銀行は無料 ※他行は1回辺り330円 無料なし
PayPay1.76~2.18% 無料 無料 ※月額プラン加入時は1980円(税別)/月なし

現在、『Airペイ(エアペイ)』ではiPadとカードリーダーが無料の『キャッシュレス導入0円キャンペーン 』を実施しており、初期費用0円で始めることができます。

今なら"iPadと決済端末"が無料

Airペイ(エアペイ)の手数料には消費税は掛かる?税込?税抜?消費税の扱いは?

エアペイの手数料は税込?税抜?消費税の扱いは?
Airペイ(エアペイ)公式サイト上では、決済手数料が以下のように表記されています。

Airペイ(エアペイ)公式サイトトップの手数料一覧

一見、決済手数料は0.99%~に見えますが、ここに表記されている決済手数料はカード決済、iD、QUICPay、ApplePay以外は全て税別表示です。

実際に加盟店側が負担する決済手数料は、表記されている料率に10%の消費税が上乗せされたものです。

Airペイ(エアペイ)公式サイトトップの手数料一覧(税込)

消費税の総額表示が事業者間取引(BtoB)で義務ではないため、このような表記がなされています。一方で、カード決済とiD、QUICPay、ApplePayの決済手数料は消費税非課税のため、表記されている料率がそのまま適用されます。

消費税の取扱いは決済サービスによって異なるため、当記事の『【比較一覧表】Airペイ(エアペイ)の決済手数料は高い?安い?』では税表記を行っています。

Airペイ(エアペイ)の決済手数料は交渉で安くなる?

エアペイの決済手数料は交渉で安くなる?

結論として、交渉によって決済手数料を下げることは困難です。

Airペイ(エアペイ)』では、一律の決済手数料を設定することで、加盟店契約や決済・入金処理の効率化を図っています。そのため、交渉によって個別の加盟店だけ決済手数料を下げるのは難しいのが現状です。

エアペイの決済手数料は業種・売上を問わず一律

そもそも決済代行会社と手数料を交渉するには、全国規模のチェーン店のような大規模な売上が必要になることが一般的です。

少しでも決済手数料を抑えたいのなら、『Airペイ(エアペイ)』より手数料が低い他社サービスを併用するのが一つの解決策です。ただし、月額サービス利用料がかかるサービスは併用には適していません。

『Airペイ(エアペイ)』と併用して使うなら以下の3社がおすすめです。

【まとめ】Airペイ(エアペイ)の手数料負担を抑えるにはどうすれば良い?

Airペイ(エアペイ)手数料徹底解説まとめ

以上、『Airペイ(エアペイ)』の手数料をテーマに解説してみました。

決済ブランド単位でみれば『Airペイ(エアペイ)』より、決済手数料が安価な決済サービスも存在します。

しかし、『Airペイ(エアペイ)』の手数料は決して高くなく、料金形態もシンプルで使いやすいです。

Airペイのメリット
  • iPadとカードリーダーが無料
  • 導入から運用まで加盟店負担の手数料は決済手数料のみ
  • 全63種もの決済手段にまとめて対応できる
  • 決済手数料は1.08~3.24%と決して高くない

今ならiPad&カードリーダーが無料の『キャッシュレス導入0円キャンペーン 』を実施しているので、導入を検討中の方はこの機会に申込みしてはいかがでしょうか?

Airペイのお得なキャンペーン
  • iPad&カードリーダーの2点が無料!
  • 提供されるiPadはPOSレジなど他社アプリの利用もOK
  • キャンペーンはiPadの在庫限りで予告なく終了

よくある質問(FAQ)

Airペイ(エアペイ)の利用手数料はいくらですか?

導入から運用まで1.08~3.24%の決済手数料のみです。

  • カード決済・iD・QUICPay・ApplePay
    3.24%(非課税)
  • 交通系電子マネー・QRコード決済(Coin+以外)
    3.24%(税別2.95%)
  • Coin+
    1.08%(税別0.99%)
Airペイ(エアペイ)の手数料には消費税はかかりますか?

カード決済とiD、QUICPay、ApplePayは非課税、それ以外の決済手段は消費税が掛かります。

Airペイ(エアペイ)の手数料の計算方法は?

「各決済方法の売上金額の合計 × 手数料率(3.24%※COIN+のみ1.08%)」で計算されます。

小数点以下は切り捨てとなります。

なお、管理画面上では月ごとの決済額と手数料の内訳を確認することができます。

Airペイ管理画面の月次振込明細ページ
どうしてAirペイ(エアペイ)の決済手数料は一律なのですか?

効率的に加盟店獲得ができるためです。

加盟店ごとに個別見積りを行う場合、加盟店毎に決済手数料を設定できますが、審査や入金処理など手間が掛かります。

決済手数料など料金形態を一律にすることで審査から導入、運用まで効率的に行えるため、結果的にコスト削減ができます。

各社のお申し込みはこちら

対応決済ブランドの種類

カード決済

全7種

電子マネー決済

全12種

QRコード決済

全44種

キャンペーン

キャッシュレス導入0円キャンペーン
実店舗を持つ事業者を対象に「iPad」と「カードリーダー」の2点が無料!
0円スタートキャンペーン
実店舗なしでもOK!カードリーダーが無料!
導入費用無料
決済手数料1.08~3.24%
月額固定費無料
入金手数料 無料
その他手数料なし
審査期間申込日の翌日~3営業日

お申し込みはこちら

対応決済ブランドの種類

カード決済

全7種

電子マネー決済

全16種

QRコード決済

全27種

キャンペーン

お試しプラン
月額費用3300円が1年間無料で使える
決済端末を無料提供
マルチ決済端末「stera terminal」を1店舗につき、1台まで無料提供!
導入費用無料
決済手数料2.70~3.24%
月額固定費3300円/月 ※1年間無料のお試しプラン
入金手数料 三井住友銀行は無料
※他行は1回辺り220円(税込)
その他手数料なし
審査期間申込みから1.5か月~

お申し込みはこちら

対応決済ブランドの種類

カード決済

全7種

電子マネー決済

全16種

QRコード決済

全27種

導入費用無料
決済手数料1.50~3.24%
月額固定費3300円/月 ※1年間無料のお試しプラン
入金手数料 三井住友銀行は無料
※他行は1回辺り220円(税込)
その他手数料なし
審査期間申込みから1.5か月~

対応決済ブランドの種類

カード決済

全6種

電子マネー決済

全10種

QRコード決済

全1種

キャンペーン

条件達成で決済端末が無料!
お申し込み完了後180日以内に合計10万円以上の決済を行うと「カードリーダー(通常19800円)」が無料
導入費用無料
決済手数料1.98~3.24%
月額固定費無料
入金手数料 無料
その他手数料なし
審査期間申込みから約3営業日

対応決済ブランドの種類

カード決済

全7種

電子マネー決済

全16種

QRコード決済

全16種

導入費用
決済手数料2.80~3.56%
月額固定費1,980円/月
入金手数料 無料
その他手数料なし
審査期間申込みから約1か月~

お申し込みはこちら

対応決済ブランドの種類

カード決済

非対応

電子マネー決済

非対応

QRコード決済

全9種

導入費用無料
決済手数料1.60~1.98%
月額固定費無料 ※月額プラン加入時は1980円(税別)/月
入金手数料 無料
その他手数料なし
審査期間最短1週間

お申し込みはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次