おてがるPayとTimes Pay(タイムズペイ)を9つの項目で比較!

店舗事業者を中心にキャッシュレス対応できる決済サービスである「おてがるPay」「Times Pay(タイムズペイ)」

両サービスともにサポート体制に力をいれているモバイル決済サービスで、IT機器が苦手な方でも安心して利用できるサービスです。

そんな2つの決済サービスを9つの項目で比較しつつ、違いや特徴を徹底解説していきます。

目次

「おてがるPay」と「Times Pay(タイムズペイ)」の基本情報

おてがるPay 基本情報 早見表

総合評価
24点/35点
導入費用
38280円
決済手数料
3.24~3.74%
月額固定費
無料
入金手数料
無料
入金サイクル
月2回or月6回 ※分割・ボーナス払い等に対応したい場合は月2回
その他手数料
なし
審査期間
申し込みから約1か月
決済方法・決済ブランド全19種
カード決済全7種
VISA
決済手数料3.24%
Mastercard®
決済手数料3.24%
AMEX
決済手数料3.74%
JCB
決済手数料3.74%
DinersClub
決済手数料3.74%
Discover
決済手数料3.74%
銀聯
決済手数料3.74%
お支払い方法
1回払い
対応
2回払い
対応
リボ回払い
対応
分割払い
対応
ボーナス一括払い
対応
タッチ決済
非対応
電子マネー決済全12種
iD
決済手数料3.74%
QUICPay
決済手数料3.74%
suica
決済手数料3.24%
PASMO
決済手数料3.24%
Kitaca
決済手数料3.24%
tolCa
決済手数料3.24%
manaca
決済手数料3.24%
ICOCA
決済手数料3.24%
SUGOCA
決済手数料3.24%
nimoca
決済手数料3.24%
はやかけん
決済手数料3.24%
ApplePay
決済手数料3.24~3.74%
QRマネー決済未対応
決済端末
おてがるPayカードリーダー
おてがるPayカードリーダー
おてがるPayカードリーダー
価格
38,280円(税込)
タイプ
モバイル決済端末
必要周辺機器
iPadまたはiPhone
レシートプリンター
モバイルプリンターの提供あり
対応決済方法
  • カード決済(ICカード/磁気カード)
  • 電子マネー決済

Times Pay Times Pay(タイムズペイ)基本情報 早見表

総合評価
16.5点/35点
導入費用
38,000円(税込)
決済手数料
3.24 ~3.74%
月額固定費
無料
入金手数料
無料
入金サイクル
月2回
その他手数料
審査期間
申し込みから約3週間
決済方法・決済ブランド全17種
カード決済全6種
VISA
決済手数料3.24%
Mastercard®
決済手数料3.24%
AMEX
決済手数料3.74%
JCB
決済手数料3.74%
DinersClub
決済手数料3.74%
Discover
決済手数料3.74%
お支払い方法
1回払い
対応
2回払い
対応
リボ回払い
対応
分割払い
対応
ボーナス一括払い
非対応
タッチ決済
非対応
電子マネー決済全11種
nanaco
決済手数料3.24%
WAON
決済手数料3.24%
suica
決済手数料3.24%
PASMO
決済手数料3.24%
Kitaca
決済手数料3.24%
tolCa
決済手数料3.24%
manaca
決済手数料3.24%
ICOCA
決済手数料3.24%
SUGOCA
決済手数料3.24%
nimoca
決済手数料3.24%
はやかけん
決済手数料3.24%
QRマネー決済非対応

「おてがるPay」と「Times Pay(タイムズペイ)」を9項目で比較!

【比較①】キャンペーンで比較

「おてがるPay」「Times Pay(タイムズペイ)」ともに、現在キャンペーンの実施は行っておりません

モバイル決済サービス各社のキャンペーン情報は以下の記事をご覧ください。

【比較②】決済ブランドの種類&決済手数料で比較

対応可能な決済ブランドの種類で比較すると以下の通りです。

おてがるPayTimes Pay
カード
決済の種類
全7種全6種
電子マネー
決済の種類
全12種全11種
QRコード
決済の種類
未対応非対応
合計全19種全17種

対応決済ブランド数では「おてがるPay」の方が多く、両サービスともにQRコード決済には未対応です。

それでは決済方法別に、「おてがるPay」と「Times Pay(タイムズペイ)」それぞれが対応している決済ブランドと決済手数料を見ていきましょう。

クレジットカード決済可能ブランドで比較

おてがるPayTimes Pay
種類全7種全6種
決済
ブランド
VISA
決済手数料3.24%
Mastercard®
決済手数料3.24%
AMEX
決済手数料3.74%
JCB
決済手数料3.74%
DinersClub
決済手数料3.74%
Discover
決済手数料3.74%
銀聯
決済手数料3.74%
VISA
決済手数料3.24%
Mastercard®
決済手数料3.24%
AMEX
決済手数料3.74%
JCB
決済手数料3.74%
DinersClub
決済手数料3.74%
Discover
決済手数料3.74%

決済ブランドの料率は横並びですが、銀聯(union)に対応しているおてがるPayの方が対応ブランド数は多いです。

銀聯(union)は中国本土を中心に全世界70億枚以上発行されるカードブランドです。

訪日中国人の集客を行う場合には、対応しておきたい決済ブランドです。

電子マネー決済可能ブランドで比較

おてがるPayTimes Pay
種類全12種全11種
決済
ブランド
iD
決済手数料3.74%
QUICPay
決済手数料3.74%
suica
決済手数料3.24%
PASMO
決済手数料3.24%
Kitaca
決済手数料3.24%
tolCa
決済手数料3.24%
manaca
決済手数料3.24%
ICOCA
決済手数料3.24%
SUGOCA
決済手数料3.24%
nimoca
決済手数料3.24%
はやかけん
決済手数料3.24%
ApplePay
決済手数料3.24~3.74%
nanaco
決済手数料3.24%
WAON
決済手数料3.24%
suica
決済手数料3.24%
PASMO
決済手数料3.24%
Kitaca
決済手数料3.24%
tolCa
決済手数料3.24%
manaca
決済手数料3.24%
ICOCA
決済手数料3.24%
SUGOCA
決済手数料3.24%
nimoca
決済手数料3.24%
はやかけん
決済手数料3.24%

対応ブランド数では「おてがるPay」が多いですが、各サービスで対応しているブランドが異なります。

「おてがるPay」はクレジットカードに紐づく電子マネー決済に対応「Times Pay(タイムズペイ)」は事前チャージ型の電子マネーに対応することができます。

また、決済手数料は「Times Pay(タイムズペイ)」3.24%に対し、「おてがるPay」は3.74%0.5%の違いがあります。

QRコード決済可能ブランドで比較

おてがるPayTimes Pay
種類未対応非対応
決済
ブランド
未対応
未対応

QRコード決済には両サービスともに対応しておりません。QRコード決済に対応したい場合には、他社サービスと併用する必要があります。

PayPayや楽天ペイなど国内主要QRコード決済全てに対応している決済サービスは以下が挙げられます。

どちらも導入費用は無料です。

スマレジ・PAYGATE 』は月額費用として3300円が掛かってしまいます。一方、stera pack 』は通常であれば月額費用3300円が掛かりますが、『お試しプラン』を利用すると1年間月額無料で利用可能です。

また、『stera pack 』は2023年3月末までの申込みであれば、契約の縛りなく、いつでも無料で解約できるので興味がある方はこの機会の導入がおすすめです。

【導入無料】sterapackのお申し込みはこちら

決済ブランドと決済手数料での比較まとめ

  • クレジット決済の手数料率は横並び。対応数では銀聯に対応しているおてがるPayが多い
  • 電子マネーは対応している種類に違いがあり、手数料はTimes Pay(タイムズペイ)が安い
  • 両社ともQR決済に未対応
決済ブランドと決済手数料で選ぶならこれ!全50種の決済ブランドに対応!「Airペイ」
対応決済ブランドの種類全50種
全7種
全12種
全31種

Airペイ(エアペイ)

キャンペーン
実店舗を持つ事業者を対象に「iPad」と「カードリーダー」の2点が無料
実店舗を持たない事業者は「カードリーダー」が無料
対応決済ブランドの種類全50種
全7種
全12種
全31種
導入費用無料
決済手数料1.08~3.74%
月額固定費無料
入金手数料 無料
その他手数料なし
審査期間申込日の翌日~3営業日

【比較③】導入費用(初期費用)&周辺機器で比較

おてがるPayTimes Pay
カードリーダー38,280円(税込)38000円(税込)
モバイル端末加盟店負担導入時に提供
レシートプリンター導入時に提供導入時に提供

「おてがるPay」は、カードリーダーとレシートプリンターの2点が提供され、導入費用は38280円(税込)です。

一方、「Times Pay(タイムズペイ)」は、専用タブレットとカードリーダーとレシートプリンターの3点が提供され、導入費用は38000円(税込)です。

また、「おてがるPay」はiPadまたはiPhoneを店舗側で用意する必要があることも考慮すると、導入費用は「Times Pay(タイムズペイ)」の方が安価です。

ただし、他社サービスでは、決済端末を無料提供しているものも少なくありません。

そのため、導入費用で選ぶのであれば、導入無料で端末を提供する他社サービスの利用がおすすめです。

「おてがるPay」と「Times Pay(タイムズペイ)」の比較に戻りますが、両サービスともに月額費用は掛かりません。

それでは、周辺機器ごとに詳しく解説していきます。

モバイル端末(スマホ・タブレット)

対応モバイル端末(スマホ・タブレット)は、

  • おてがるPay=iOSのみ
  • Times Pay(タイムズペイ)=専用タブレットのみ
おてがるPayのモバイル端末
iOS端末(iPhone/iPadのいずれか)
Times Pay(タイムズペイ)のモバイル端末
専用タブレットのみ

「Times Pay(タイムズペイ)」は導入時に提供される専用タブレットを利用します。

また、ネット環境がない場合でも、「Times Pay(タイムズペイ)」で提供されるタブレットはキャリア通信付き(auの4G回線)のため、通信環境を店舗側で用意する必要がありません。

対して、「おてがるPay」ではiOS端末(iPhone/iPadのいずれか)を店舗側で用意する必要があります。

ただし、「Times Pay(タイムズペイ)」で提供される専用タブレットは他のアプリインストールなどが行えないため、「Times Pay(タイムズペイ)」での決済にしか使えません

POSレジアプリなど他の業務管理アプリをインストールするといった使い方はできません。

決済端末(カードリーダー)

おてがるペイのカードリーダー
Times Pay(タイムズペイ)のカードリーダー

おてがるペイはキャンペーンを利用することでカードリーダーが無料提供されます。

どちらも充電式で持ち運びが可能、手のひらサイズのコンパクトな端末です。

レシートプリンター

モバイル決済サービスは、明細をメール送信できるため、レシートプリンターは必須ではありません。

しかし、お店によっては紙での明細を求められることが多いこともあるでしょう。

導入費用(初期費用)&周辺機器での比較まとめ

  • どちらのサービスも導入費用が掛かる
  • Times Pay(タイムズペイ)は利用に必要な周辺機器3点全てが提供される
  • おてがるPayを提供するJMSでは導入費用無料の決済端末も提供している
導入費用(初期費用)&周辺機器で選ぶならこれ!導入無料!おすすめの決済端末
対応決済ブランドの種類全39種
全7種
全16種
全16種

stera pack

キャンペーン
マルチ決済端末「stera terminal」が無料
月額費用3300円が1年無料で使える『お試しプラン』
2023年3月末までの新規契約ならいつでも解約OK!最大88,000円の違約金が無料
対応決済ブランドの種類全39種
全7種
全16種
全16種
導入費用無料
決済手数料2.70~3.74%
月額固定費3,300円/月 ※お試しプランは1年間無料
入金手数料 三井住友銀行は無料
※他行は1回辺り220円(税込)
その他手数料なし
審査期間申し込みから1.5~2ヶ月
対応決済ブランドの種類全50種
全7種
全12種
全31種

Airペイ(エアペイ)

キャンペーン
実店舗を持つ事業者を対象に「iPad」と「カードリーダー」の2点が無料
実店舗を持たない事業者は「カードリーダー」が無料
対応決済ブランドの種類全50種
全7種
全12種
全31種
導入費用無料
決済手数料1.08~3.74%
月額固定費無料
入金手数料 無料
その他手数料なし
審査期間申込日の翌日~3営業日

【比較④】入金手数料&入金サイクルで比較

各サービスで決済を行った売上金の入金サイクル・入金手数料は以下の通り。

おてがるPayの入金サイクル
金融機関を問わず金融機関を問わず
入金
サイクル
月2回月6回
決済から振込までの日数16~31日6~10日
入金
手数料
無料無料
Times Pay(タイムズペイ)の入金サイクル
金融機関を問わず
入金
サイクル
月2回
決済から振込までの日数15~31日
入金
手数料
無料

入金サイクルは、「月6回」を選択できる「おてがるPay」の方が多いです。

入金手数料はどちらも無料です。

【比較⑤】審査・導入スピードで比較

おてがるPayTimes Pay
申込から導入までの期間申し込みから約1か月申し込みから約3週間

審査から導入までのスピードは、「Times Pay(タイムズペイ)」の方が若干早いですが、他社サービスと比較するとどちらも導入までに時間が掛かります

導入スピードの早いSquare(スクエア)」「Airペイ(エアペイ)を例に挙げると以下の通り。

「審査結果をすぐに知りたい」「カード決済の導入を急いでいる」という方は、申し込み当日から利用できる「Square(スクエア)」の利用をおすすめします。

審査・導入スピードでの比較まとめ

  • 両サービスともに導入には時間が掛かる
審査・導入スピードで選ぶならこれ!面倒な書類提出不要!申し込み直後からカード決済ができる『Square』

Square(スクエア)

キャンペーン
Square製品なら使用後でも30日間返品無料!
「Square(スクエア)」は、17種類のカード決済/電子マネー決済に対応している決済サービスです。一般的に決済サービス導入には、申し込み後の審査に時間が掛かります。

「Square(スクエア)」は、サービスの利用状況を重視する「途上審査型」であるため、申し込み時の審査が自動で行われます。

そのため、書類提出などは不要で、申し込みフォームから必要事項を入力した直後からカード決済の利用が可能です。

【比較⑥】お支払い方法(分割・ボーナス払い)で比較

カード決済において、各サービスが対応している「お支払い方法」は以下の通り。

おてがるPayTimes Pay
1回払い
2回払い
リボ払い
分割払い
ボーナス一括払い
不可
タッチ決済
未対応
未対応

両サービスとも「VISA/Mastercard®」のみ、他ブランドは1回払いのみ対応しております。
※Times Pay(タイムズペイ)はDiners Clubのリボ払いに対応

おてがるPayは「ボーナス一括払い」に対応可能です。

【比較⑦】決済機能で比較

両サービスとも店舗での決済を対象としたサービスであるため、「対面決済」のみに対応しております。

おてがるPayTimes Pay
対面決済
継続課金機能
(カード自動引き落とし)
不可
不可
請求書決済
不可
不可
ネットショップ作成
不可
不可
リンク型決済
不可
不可
ブラウザ決済
不可
不可
eコマースAPI
不可
不可

両サービスとも「ジム」の月謝といった継続的に売り上げが発生する商品には対応しておりません。

こうしたお店は、モバイル決済サービスで唯一「継続課金」に対応している「Square(スクエア)」を利用すると良いでしょう。

決済機能で選ぶならこれ!多彩の決済機能を備える唯一のモバイル決済サービス『Square』

Square(スクエア)

キャンペーン
Square製品なら使用後でも30日間返品無料!
「Square(スクエア)」は、17種類のカード決済/電子マネー決済に対応している決済サービスです。サービスの特徴の一つとして挙げられるのが「豊富な決済機能」

月謝やサブスクサービスといった「継続課金機能」や、「オンライン決済」など様々な用途での決済機能を持ちます。

また、「カード決済可能な請求書発行」など、企業間取引でも活用できるなど、様々な事業者を対象としております。

【比較⑧】POSレジ・会計ソフトとの連携で比較

おてがるPayTimes Pay
連携できる
POSレジ
スマレジ
ユビレジ
okage
不可

モバイル決済サービスは、外部サービスと連携することで会計業務が効率化されますが、連携せずとも利用することは可能です。

便利な機能ではありますが、連携しなくてもそこまで不便ではないため、導入費用や決済手数料など他の面を重視してサービスを選択することをおすすめします。

【比較⑨】サポート対応で比較

それぞれのサポート窓口の対応方法と対応時間は以下の通り。

おてがるPayTimes Pay
サポート窓口
電話
メール
対面訪問
電話
メール
受付時間【平日】10:00~18:00年中無休9:00~23:00

おてがるPayのサポート窓口の受付は「東京」「大阪」「福岡」「札幌」4つの地域にサポートセンターを設置することで、スムーズなサポート体制を提供しております。

サポート受付時間では、「Times Pay(タイムズペイ)」の方が長く、年中無休9:00-23:00で電話サポートを提供しております。

結局、導入費用や手数料など料金はどっちがお得?

どちらの決済サービスを選ぶか、もっとも重要なポイントとして「いくら掛かるのか?」と料金面が気になる方が多いと思います。

そこで、以下の条件で、それぞれの決済サービスの料金を比較してみます。

  • 決済額100万円
  • 決済方法の利用率は全て同一
  • 決済手数料は各サービスの対応ブランドの平均で計算
  • おてがるPayはiPadを別途購入
おてがるPayTimes Pay
決済手数料36,900円33,576円
入金手数料0円0円
導入費用88,080円
(内iPad代49,800円含む)
38,000円
サービス利用料合計124,980円71733円

決済手数料の計算式は以下の通り。

100万円(売上)÷決済手数料率の平均=決済手数料

決済手数料は、両サービスともに対応しているブランドが異なるため、各ブランド毎の手数料の平均で比較してみました。

結果としては、電子マネー決済の決済手数料が低い「Times Pay」の方が若干安いです。

しかし、どちらのサービスも3万円以上の導入費用が掛かるだけでなく、決済手数料が特別に安いわけではないので料金面ではどちらもおすすめできません

料金で選ぶのであれば、導入無料の『stera pack 』『キャッシュレス導入0円キャンペーン』など他社サービスがおすすめです。

【まとめ】「おてがるPay」と「Times Pay(タイムズペイ)」それぞれの強みとは?

以上、「おてがるPay」と「Times Pay(タイムズペイ)」、2社のモバイル決済サービスを比較してみました。

「おてがるPay」と「Times Pay(タイムズペイ)」の比較一覧は以下の通り。

おてがるPayTimes Pay
決済方法の種類全19種全17種
カード決済全7種全6種
電子マネー決済全12種全11種
QRコード決済未対応非対応
決済手数料3.24~3.74%3.24 ~3.74%
初期費用36,900円~38,000円
入金手数料無料無料
入金サイクル月2回or月6回月2回
申込から導入までの期間申し込みから約1か月申し込みから約3週間
お支払い方法1回払い/2回払い/分割払い/リボ払い/ボーナス一括払い1回払い/2回払い/分割払い/リボ払い
対面決済
自動継続課金
(カード引き落とし)
不可
不可
請求書決済
不可
不可
ネットショップ
不可
不可
リンク型決済
不可
不可
ブラウザ決済
不可
不可
eコマースAPI
不可
不可
サポート対応
電話
メール
対面訪問
電話
メール
サポート受付時間【平日】10:00~18:00年中無休9:00~23:00

「おてがるPay」と「Times Pay(タイムズペイ)」導入を迷っている事業者の方が、この記事を読んで自分に合ったサービスを選ぶことが出来れば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次