※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

個人事業主のキャッシュレス決済の導入におすすめの端末6選|気になる手数料・審査など徹底比較

この記事でわかる個人事業主向けの情報

  • キャッシュレス決済を導入すべき理由
  • キャッシュレス決済サービス選びのポイント
  • おすすめのキャッシュレス決済サービス6選
  • キャッシュレス決済を導入するメリット
  • キャッシュレス決済を導入する前に知っておくべき注意点

この記事では、これからキャッシュレス決済の導入を検討している個人事業主の方に向けて、キャッシュレス決済に対応すべき理由とサービス選びのポイントを解説し、おすすめのキャッシュレス決済サービスを紹介します。

目次

個人事業主がキャッシュレス決済を導入すべき理由

  • キャッシュレス決済の市場拡大
  • 決済手数料の透明化による引き下げ
  • 低コスト・低リスクで導入できる決済サービスの増加

近年、キャッシュレス決済の取引額は増加しており、その結果、決済手数料や端末の価格といった加盟店のコスト負担が軽減されてきました。

それぞれの理由を以下で詳しく解説します。

キャッシュレス決済の市場拡大

日本国内では、政府主導でキャッシュレス決済の推進に取り組んでいる背景から、その取引額は年々増加しています。キャッシュレス決済の比率は、2010年の13.2%から「2022年には36%」と大きく上昇しました。

2022年のキャッシュレス決済比率を算出しました
https://www.meti.go.jp/press/2023/04/20230406002/20230406002.html

キャッシュレス決済の拡大の背景として、スマホの普及によるネットショッピングの利用増加や、感染症対策の一貫として導入が進んだことが挙げられます。

さらに、2019年10月~2020年6月には、政府主導の「キャッシュレス・ポイント還元事業」が実施されました。

キャッシュレス・ポイント還元事業の取り組み
  • 対象店舗でのキャッシュレス決済時に消費者へ最大5%のポイントが還元
  • 中小・小規模事業者(個人事業主を含む)のキャッシュレス化にかかる決済手数料や決済端末の補助

現在は、キャッシュレス決済の導入を目的とした補助事業は実施されていませんが、「キャッシュレス・ポイント還元事業」の流れのまま、決済端末を無料提供するサービスも増えており、費用負担なくキャッシュレス対応することができます。

決済手数料の透明化による引き下げ

以前まで、決済手数料は「加盟店ごとに要見積もり」という形で、料率を公表するサービスは少なく、ブラックボックスに包まれていました。

しかし、政府はキャッシュレス決済の推進を図る中で、公正取引委員会による決済手数料の透明化に関する調査も行っています。

2022年4月、公正取引委員会は次のような考えを示しました。

クレジットカードや他の決済方法の加盟店管理市場において、加盟店・アクワイアラ間の加盟店手数料の交渉や、アクワイアラ間の競争を促進する観点から、自らがカード発行や加盟店管理を行わない国際ブランドにあっては、我が国においても、インターチェンジフィーの標準料率を公開することが適当である

経産省:クレジットカードのインターチェンジフィーの標準料率が公開されました

これを踏まえ、Visa、Mastercard、Union Pay (銀聯) のインターチェンジフィーの標準料率、およびJCBのクレジットカードの加盟店手数料の配分率が公開されました。

さらに、翌年の2023年4月には、これまで高いとされていたJCBの決済手数料がVISAやMastercardと同等の料率に引き下げられることになりました。

低コスト・低リスクで導入できる決済サービスの増加

以前まで、決済端末は価格が高額で、初期費用に10万円近くかかることも珍しくありませんでした。

2013年には、米国発の決済サービスSquare(スクエア)、2015年にはリクルートの決済サービスAirペイ(エアペイ)など、スマホやタブレットを決済に用いるモバイル決済端末を提供するサービスが登場しました。

モバイル決済端末の特徴
  • 決済端末が安い
  • 事業規模を問わず、一律3%台の決済手数料で利用できる

モバイル決済端末の登場で決済端末の相場が下がり、サービスによっては、オールインワンタイプのマルチ決済端末も初期費用0円で導入することができます。

初期費用0円で導入できる『sterapack』
初期費用0円で導入できるマルチ決済端末を提供する
stera pack

また、契約期間や違約金を定めることなく、いつでも解約できるサービスが増えてきました。

つまり、キャッシュレス決済を導入するハードルは大きく下がっており、個人事業主でもお試し感覚で手軽に導入できるようになっているわけです。

個人事業主向け|キャッシュレス決済サービス選びのポイント

個人事業主がキャッシュレス決済サービスを選ぶ上で、重要になるポイントを9つ挙げると以下の通り。

  • 対応可能な決済手段
  • 初期費用
  • 運用に掛かる各種費用
  • 保証とアフターサポート
  • 入金サイクル
  • 決済端末の種類
  • 審査・導入スピード
  • POSレジ連携
  • 決済機能

つまり、「ニーズの多い決済手段に低コスト・低リスクで対応する」ことです。

それでは一つずつみていきましょう。

ポイント.1|対応可能な決済手段

キャッシュレス決済と言っても、その種類は様々です。対面決済におけるキャッシュレス決済は、大きく以下の3つに分けられます。

  • カード決済
  • 電子マネー決済
  • QRコード決済

キャッシュレス決済の受付に対応する上で重要なのは使われる決済手段に対応することです。

2022年の経産省の調査によると、キャッシュレス決済の比率は全体の36%となりました。そのうち、クレジットカード決済が30%を占めています。

(出典)経済産業省「2022年のキャッシュレス決済比率を算出しました

ただし、この比率は決済額におけるものです。

クレジットカードは以下の特性によって、他のキャッシュレス決済に比べて、決済額が大きくなりがちです。

クレジットカードの決済額が大きくなりやすい理由
  • 手持ちの現金以上に買い物ができる
  • 分割払いやボーナス払いによって、まとまった収入が入る時期に支払いを先送りできる
  • オンライン取引において、他のキャッシュレス決済より利用できるWEBサービスが多いこと
  • 他のキャッシュレス決済は、残高のチャージや支払いにクレジットカードが使用されることがある

つまり、上記の表からカード決済の割合が多いからといって、カード決済だけ対応すれば良いわけではありません

NIRAの2023年の調査では、78%の人が「できるだけキャッシュレス決済で支払いたい」と回答しました。このうちの「40%がクレジットカード」「25%がQRコード決済」「11%が電子マネー」をできるだけ支払いたい決済手段と回答しています。

(出典)NIRA総合研究開発機構(2023)「キャッシュレス決済実態調査2023(速報)

もっとも、消費者のニーズが高い決済手段がクレジットカードであることに変わりはありませんが、4人に一人は、QRコード決済を使いたいことがわかります。これは、現金で支払いたいと回答した19%より割合が多いです。

このことから、対応しておくべき決済手段は、クレジットカード決済とQRコード決済ということになります。

ただし、決済ブランド(VISA、Mastercardなど)によって、使われるものとあまり使われないものが存在します。

とくに、QRコード決済には、多くの企業が参入し、乱立状態です。これら全てに対応する必要はなく、利用者や加盟店が多いものに対応すれば問題ありません。

決済手段別に、国内主要決済ブランドと言われるものは以下の通りです。

カード決済
VISAVISA
MastercardMastercard
AMEXAMEX
JCBJCB
電子マネー決済
iDiD
QUICPayQUICPay
nanaconanaco
WAONWAON
交通系IC交通系IC詳細
QRコード決済
楽天PAY楽天PAY
PayPayPayPay
d払いd払い
auPAYauPAY

ちなみに、QRコード決済はPayPayの利用者が頭一つ抜けています。2022年のキャッシュレス推進協議会の調査データを基に、PayPayが集計した結果によると、QRコード決済シェアの67%をPayPayが占めていることがわかりました。

つまり、対応可能な決済手段でサービスを選ぶ場合、以下の5つの決済ブランドを抑えておくことが重要です。

対応しておくべき決済ブランド
  • カード決済…VISA、Mastercard、JCB、AMEX
  • QRコード決済…PayPay

決済サービスを選ぶ際には、上記の決済ブランドに対応しているかチェックしておきましょう。

ニーズの多い5つの決済ブランドに対応する決済サービス

ポイント.2|初期費用

キャッシュレス決済を導入する上で必要な初期費用は「決済端末」と「それを使用するための周辺機器」の代金です。

決済端末の価格や、必要な周辺機器は決済端末によって異なります。

ここでは、

  • モバイル決済端末…スマホやタブレットとBluetooth接続するタイプ
  • マルチ決済端末…1台の端末で完結するオールインワンタイプ

上記、2つの決済端末の初期費用について、簡単に解説します。

モバイル決済端末の場合

『Airペイ(エアペイ)』や『STORE決済』などが提供するモバイル決済端末は「手のひらサイズのカードリーダー」と「スマホまたはタブレット」をBluetooth接続して決済します。また、紙で明細発行する場合にはレシートプリンターが必要です。

「決済端末」と「それを使用するための周辺機器」

つまり、初期費用は「カードリーダー」「スマホまたはタブレット」「レシートプリンター」の3点の代金です。

なお、メールやSMSでデジタルレシートの送付に対応している決済サービスでは、プリンターは無くても利用できます。

すでにPOSレジ等でタブレットを利用している店舗では、追加で必要な機器はカードリーダーのみです。

オールインワンタイプのマルチ決済端末の場合

一方、周辺機器を必要としないオールインワンタイプのマルチ決済端末では、初期費用は決済端末の代金となります。

オールインワンタイプのマルチ決済端末

近年、決済サービスの中には、決済端末を無料提供するものも珍しくありません。必要な周辺機器が全て手元にある場合や、端末不要のマルチ決済端末なら、初期費用0円で導入することも可能です。

端末を無料提供する決済サービス

ポイント.3|運用に掛かる各種費用

キャッシュレス決済導入後、継続的に発生する費用は、主に以下の2つが挙げられます。

キャシュレス決済の運用に掛かる各種費用
  • 決済手数料…キャッシュレス決済の売上に対して一定の割合で発生する手数料
  • 入金手数料…キャッシュレス決済の売上を振り込む際に発生する手数料

決済手数料は3.24%が相場です。

入金手数料は、決済サービスによります。決済額や金融機関を問わず無料のものから、指定の金融機関以外は1回辺り200~300円の入金手数料が掛かるものまで様々です。

決済手数料は3.24%が相場です。

入金手数料は、決済サービスによります。決済額や金融機関を問わず無料のものから、指定の金融機関以外は1回辺り200~300円の入金手数料が掛かるものまで様々です。

とくに、サービス毎に違いみられる入金手数料は決済額に依存せず、振込毎に発生します。売上規模が小さい個人事業主は、入金手数料が無料のサービスを選ぶことをおすすめします。

入金手数料が無条件で無料の決済サービス

ポイント.4|保証とアフターサポート

決済端末は電子機器のため、時間と共に故障のリスクが考えられます。

多くの決済サービスは、6ヶ月~1年の保証期間を設けていますが、その後の故障時は修理・交換費用を加盟店が負担しします。そのため、導入時に無料で決済端末が提供されても、長期的な運用を見据えるとトータルのコストが高くつく可能性があります。

例えば、『Airペイ(エアペイ)』では、カードリーダーを無料するキャンペーンを実施していますが、保証期間は端末受取月を含む6か月と短く、故障時の交換費用は20,167円です。

一方、『Square』は、決済端末を購入する必要がありますが、価格が4980円と安価です。そのため、一度でも保証期間外に端末が故障すれば、『Square』の方がトータルの費用負担は安く済みます。

例えば、『Airペイ(エアペイ)』では、カードリーダーを無料するキャンペーンを実施していますが、保証期間は端末受取月を含む6か月と短く、故障時の交換費用は20,167円です。

一方、『Square』は、決済端末を購入する必要がありますが、価格が4980円と安価です。そのため、一度でも保証期間外に端末が故障すれば、『Square』の方がトータルの費用負担は安く済みます。

また、『stera pack』のように、月額サービス利用料3,300円が掛かる代わりに、契約中は何度でも修理・交換が無料のサービスも存在します。

stera packの決済端末『stera Terminal』
stera packの決済端末『stera Terminal』

このようにサービスによって、保証やアフターサポートの充実度には違いあるため、導入時にチェックしてくことをおすすめします。

故障時の費用負担が少ない決済サービス

ポイント.5|入金サイクル

キャッシュレス決済の売上は、後日、指定口座に振り込まれます。現金払いと異なり、すぐに手元に入らないため、資金繰りやキャッシュフローの計画に影響が出ることがあります。

入金サイクルはサービスによって、様々です。早いものでは決済の翌日、遅いものではその月の売上が翌月にまとめて入金されるものまで様々です。

例えば、『Square(スクエア)』では決済した翌日に入金されますが、『STORES決済』では毎月1~末日までの売上が翌月20日に入金されます。

Square(スクエア)とSTORES決済の入金サイクル

また、特定の銀行口座を利用することで入金が早まるサービスや、管理画面から振込依頼を行うことで早期に入金されるサービスもあります。

法人に比べて、事業規模の小さい個人事業主は、資金繰りに余裕がない方も珍しくないでしょう。利益が出ていても、現金不足に陥らないよう、入金サイクルはできるだけ早いものを選ぶことをおすすめします。

入金サイクルが早いサービス

ポイント.6|決済端末の種類

決済端末には様々な種類があり、それぞれの端末には独特の特性があります。以下に、代表的なものを4つ挙げてみました。

スクロールできます

モバイル決済端末は、スマホやタブレット端末とBluetooth接続して利用するため、端末自体に求められる機能が少なく、低価格です。そのため、導入のハードルが低く、個人事業主に特に人気です。

マルチ決済端末は、1台で決済からレシート印刷までの一連の作業が可能なオールインワンタイプです。しかし、申込から導入に時間がかかるものが多いです。

また、マルチ決済端末の中でも据置型のものは、レジカウンターに設置するため、持ち運びができません。そのため、客席で決済したいレストランや、レジカウンター以外で接客から会計まで行う販売店には不向きです。

このように「実際にどういったシーンで決済するのか」具体的なイメージを持つことで、自分に合った決済端末を選ぶことができるでしょう。

モバイル決済端末を提供するサービス

ポータブル型マルチ決済端末を提供するサービス

据置型マルチ決済端末を提供するサービス

QRコードを提供するサービス

ポイント.7|審査・導入スピード

審査から導入までの流れは決済サービスによって異なります。

導入が早いサービスでは、VISA、Mastercardの審査通過時点で端末を送付し、受け取り次第、利用可能です。残りの決済ブランドは、審査に通過したものから順次、利用できます。

一方、導入に時間がかかるサービスは、全ての決済ブランドの審査が完了するまで、端末は送付されません

導入スピードが早いサービスは、VISA、Mastercardの審査通過時点で端末を送付し、審査を通過した決済ブランドから順次、決済可能になる。審査に時間がかかるサービスは、全ての決済ブランドの審査完了後に端末を送付するものが多い。

また、審査に時間が掛かっても、審査に落ちる可能性があります。個人事業主の場合、法人に比べて審査落ちする可能性が高いため、導入を検討しているサービスの審査に時間がかかる場合、審査が早いサービスと併せて申込を行うなど、工夫が必要です。

導入が早い決済サービス

ポイント.8|POSレジ連携

POSレジと決済端末を連携させることで、レジ上の会計情報が決済端末に自動的に連動します。これにより、会計金額の入力の二度打ちが不要となり、作業効率が向上します。

POSレジと決済端末を連携させることで、レジ上の会計情報が自動的に決済端末に連動されるため、会計金額の二度打ちが不要になります。

もちろん、決済端末は単体でも利用できるので、POSレジとの連携は必須ではありません

しかし、ピークタイムに多くの顧客の会計処理が必要なお店の場合、連携しておくことで、会計作業がスピーディになるだけでなく、金額の入力ミスなどの人為的なエラーを減少させることができます。

連携できるPOSレジが充実している決済サービス

ポイント.9|決済機能

飲食店や美容室のような都度払いがメインのお店では、決済端末を利用した対面決済機能があれば、問題ありません。

しかし、パーソナルジムや習い事のような月謝制のサービスでは「継続課金機能」オンラインでの注文を受け付けるには「オンライン決済」にも対応できる決済サービスを選ぶ必要があります。

対面決済とオンライン決済、両方に対応する決済機能を提供するサービスは非常に限定的です。しかし、多様な決済機能を持つことで、顧客の選択肢を増やし、利便性を高めることができます。

決済機能が充実しているサービス

個人事業主におすすめのキャッシュレス決済サービス6選

個人事業主の利用を想定した場合、特におすすめのキャッシュレス決済サービスは以下の6つです。

中でも『Square(スクエア)』は、対面決済からオンライン決済に渡る様々な決済機能を提供しているため、幅広い業種や決済シーンに対応可能です。

続いて、各決済サービスについて、詳しく解説していきます。

一目でわかる!比較一覧表

スクロールできます

Square(スクエア)
個人事業主に最もおすすめの決済サービス

Square(スクエア)
【Square Readerの評価】
初期費用4、
手数料4、
審査通過率5、
導入スピード5、
入金サイクル5,
使いやすさ5,
信頼性5,
決済手段4

評価: 4.6/5

Square(スクエア)の特徴

  • 【初期費用0円~】導入後は決済手数料のみで利用できる
  • 【審査結果は最短15分】事業実績がない個人事業主でも導入できる!面倒な書類提出は不要!
  • 【4種の決済端末】用途に合わせて好みの決済端末が選べる
  • 【豊富な決済機能】対面からオンライン決済まで対応!無料のPOSレジ機能も◎
  • 【入金サイクルが早い】決済分は最短翌営業日に入金!

Square(スクエア)』は、X(旧:Twitter)の共同創設者であるジャック・ドーシーがCEOを務める米国発の決済サービスです。国内では、三井住友カードと業務提携することで、安心して利用できるサービスを提供しています。

『Square(スクエア)』は、幅広い業種・決済シーンに対応しており、機能が充実しています。しかも、個人事業主でも低コストで利用でき、入金サイクルも短いです。さらに独自の審査基準により、審査に不安がある個人事業主でも利用できます。

対面のキャッシュレス決済は、カード決済と電子マネー決済、PayPay決済を含む全19種に対応しています。決済端末は4種類から好きなものを選ぶことができます。

Tap to Pay
Square Reader
Square Terminal
Square Stand

また、『Square(スクエア)』は、オンライン決済にも対応しています。スポーツジムや習い事の月謝払いなど、オンライン上で決済を済ませ、サービスは対面で提供するといった使い方もできます。

Squareのオンライン決済機能一例

この他にも、「POSレジ機能」お店独自のギフトカードの発行など、とにかく機能が豊富です。他社サービスなら複数のサービスと契約し、使い分ける必要がありますが、『Square(スクエア)』なら決済回りから店舗管理に至る多くの機能を一括できるのです。

また、『Square(スクエア)』は契約の縛りがありません。決済端末は注文から30日以内なら使用後でも返品できるため、試しに導入してみてお店に合わなければ、いつでも解約することができます。

より多くの決済手段に対応できる他社サービスもありますが、総合的に視ると『Square(スクエア)』は、個人事業主に最もおすすめできる決済サービスです。

導入前にチェックしておくべき注意点
  • マホまたはタブレットはお店側で用意
  • 利用状況に応じて、追加で書類提出を求められることがある

【登録無料】審査結果は最短15分!


Square(スクエア)の料金

初期費用Tap to Pay on Android:0円
Square Reader:4,980円
Square Terminal:39,800円
Square Stand:29,980円
決済手数料対面決済:3.25%※iDのみ3.75%
オンライン決済:3.60%
入金手数料無料
月額サービス利用料無料
解約金なし

Square(スクエア)の決済手段(対面)

カード決済決済手数料3.25%
VISAVISA
MastercardMastercard
AMEXAMEX
JCBJCB
DinersClubDinersClub
DiscoverDiscover
電子マネー決済決済手数料3.25%
iDiD
QUICPayQUICPay
交通系IC交通系IC詳細
決済手数料3.75%
QRコード決済決済手数料3.25%
PayPayPayPay

Square(スクエア)のお支払方法

一括払い対応
2回払い不可
分割払い不可
リボ払い不可
ボーナス一括払い不可

Square(スクエア)の決済端末

決済端末Tap to Pay on Android
Tap to Pay on Android
Square Reader
Square Reader
Square Terminal
Square Terminal
Square Stand
Square Stand
決済端末の種類Square Reader:モバイル決済端末
Square Terminal:ポータブル型マルチ決済端末
Square Stand:iPadスタンド型決済端末
価格Tap to Pay on Android:0円
Square Reader:4,980円
Square Terminal:39,800円
Square Stand:29,980円
保証期間注文日から1年間
注文日から30日以内の返品なら全額返金
必要機器Tap to Pay on Android:Androidスマホ
Square Reader:スマホorタブレット(iOS/Android)
Square Terminal:なし
Square Stand:iPad
本体サイズSquare Reader:66 mm x 10 mm x 66 mm

Square Terminal:
Square Stand:

(幅 x 高さ x 奥行き)
持ち運び

※Square Standは不可
通信環境Wi-Fi
キャリア通信

※SquareTerminal/Standは有線LANにも対応
POSレジ連携SquarePOSレジ
Airレジ
スマレジ
Bionly
Ubiregi
poscube
Orange Operation

※Square Terminalは他社POSレジとの連携不可

Square(スクエア)の入金サイクル

三井住友、みずほ銀行翌営業日
その他の金融機関週1回

Square(スクエア)の審査

審査通過率

Square(スクエア)の導入スピード

導入までの目安申込み当日~3営業日

Square(スクエア)の信頼性とセキュリティ

提供元Square株式会社
セキュリティ対策PCI DSS準拠クレジットカード情報を安全に取り扱うための国際標準に準拠。
なりすましやカード偽造の被害対策にも対応。
※PCI DSSは国際カードブランド5社(American Express、Discover、JCB、Mastercard®、VISA)が定めた、カード会員情報の保護に関する安全基準。
不正アクセス対策カードリーダーやスマホ、タブレットにカード情報を残さずに、Square側で管理。
また、定期的な侵入テストやISO 27001認証を取得し、非常に高いレベルでの不正アクセス対策を行っています。
※ISO 27001認証は、情報の秘密性、完全性、利用可能性の3つを適切に保つための組織の管理体制を定めた国際規格です。
スキミング対策カード情報の暗号化による不正コピー(スキミング)

実施中のキャンペーン・お得情報

Square Registerリリースキャンペーン

2024年4月17日まで「Square Register(スクエアレジスター)」が定価から30%OFFの59,480円(税込)で購入できる!

公式でチェック

あわせて読みたい
【2024年4月】Squareのキャンペーン情報|決済端末・スクエアターミナル無料対象はある? この記事では決済サービス『Square(スクエア)』のキャンペーンをテーマに、現在実施中のキャンペーンとその使い方、注意点まで徹底解説します。

【登録無料】審査結果は最短15分!

Airペイ(エアペイ)
より多くの決済手段に手軽に対応できる!

Airペイ(エアペイ)
【Airペイ(エアペイ)の評価】初期費用5、手数料4、審査通過率4、導入スピード4、入金サイクル4.5、使いやすさ5、信頼性5、決済手段5

評価: 4.6/5

Airペイ(エアペイ)の特徴

  • 【初期費用0円】iPad&カードリーダーが無料
  • 全63種の決済手段に対応】これ一つで国内主要キャッシュレス決済ができる!
  • 【シンプルな料金設定】加盟店負担の費用は1.08~3.24%の決済手数料のみ

Airペイ(エアペイ)』は、リクルートが提供するCMでもお馴染みの店舗向け決済サービスです。決済には、iPadまたはiPhoneと接続するモバイル決済端末(カードリーダー)を使用します。

現在、実施している0円スタートキャンペーン では、iPadと決済端末を無料貸与しており、初期費用0円で導入できます。

Airペイ(エアペイ)のカードリーダーとiOS端末の接続イメージ

最大の特徴は、全63種の決済手段に対応していることです。カード決済はもちろん、電子マネーやQRコード決済にも幅広く対応しています。

また、導入スピードが早く、申込内容に不備がなければ、審査は最短で翌営業日~3営業日で完了します。その後2~4営業日で決済端末が配送され、受取次第すぐに利用開始できます。

入金サイクルは、振込先口座が3大メガバンク(三井住友・みずほ・三菱UFJ)なら、月6回と5日おきに入金されます。ただし、QRコード決済分のみ月1回となるため、注意が必要です。

提供元のリクルートは、「ホットペッパー」や「レストランボード」「Airレジ」など、個人事業主や小規模事業者向けのサービスを数多く提供しています。そのため、『Airペイ(エアペイ)』も個人事業主の導入を想定しており、店舗を持つ事業者なら審査難易度も決して高くありません。

決済手段も多く、対面のキャッシュレス決済に限定されたシンプルなサービスなので、とりあえずキャッシュレス対応したい個人事業主におすすめです。

導入前にチェックしておくべき注意点
  • Diners Club、Discover、銀聯(UnionPay)はタッチ決済に非対応
  • iPadカードリーダーは貸与扱いのため、解約時に返却が必要
  • QRコード決済の売上分のみ月末締め翌月末の月1回入金
  • 入金先にゆうちょ銀行は使えない

今なら"iPadと決済端末"が無料


Airペイ(エアペイ)の料金

初期費用無料
決済手数料1.08~3.24%
入金手数料無料
月額サービス利用料無料
解約金なし
※解約時にカードリーダーの返却が必要

Airペイ(エアペイ)の決済手段

カード決済決済手数料3.24%
VISAVISA
MastercardMastercard
AMEXAMEX
JCBJCB
DinersClubDinersClub
DiscoverDiscover
銀聯(UNION PAY)銀聯
電子マネー決済決済手数料3.24%
iDiD
QUICPayQUICPay
交通系IC交通系IC詳細
QRコード決済決済手数料1.08%
COIN+COIN+
決済手数料3.24%
楽天PAY楽天PAY
PayPayPayPay
d払いd払い
auPAYauPAY
J-Coin PayJ-Coin Pay
SmartCodeSmartCode詳細
ALIPAY+ALIPAY+詳細
WeChat PayWeChat Pay
Union QRUnion QR

Airペイ(エアペイ)のお支払方法

一括払い対応
2回払い不可
分割払い不可
リボ払い不可
ボーナス一括払い不可

Airペイ(エアペイ)の決済端末

決済端末Airペイカードリーダー
Airペイカードリーダー
決済端末の種類モバイル決済端末
価格20,167円⇛キャンペーンで無料
保証期間受取月を含む6ヶ月以内
周辺機器iPadまたはiPhone
⇛キャンペーンでiPadが無料
プリンター(無くても利用可)
本体サイズ71 mm x 18 mm x 103 mm
(幅 x 高さ x 奥行き)
持ち運び
通信環境Wi-Fi
モバイル通信

※iPad・iPhone経由
POSレジ連携Airレジ

Airペイ(エアペイ)の入金サイクル

三井住友、みずほ、三菱UFJ銀行月6回
その他の金融機関月3回
AirペイQR決済分月1回

Airペイ(エアペイ)の審査

審査通過率

Airペイ(エアペイ)の導入スピード

導入までの目安申込みから約10日

Airペイ(エアペイ)の信頼性とセキュリティ

提供元株式会社リクルート
セキュリティ対策PCI DSS準拠クレジットカード情報を安全に取り扱うための国際標準に準拠。
なりすましやカード偽造の被害対策にも対応
※PCI DSSは国際カードブランド5社(American Express、Discover、JCB、Mastercard®、VISA)が定めた、カード会員情報の保護に関する安全基準。
不正アクセス対策カードリーダーやiPad、iPhoneにカード情報を残さずに都度カード会社へ送信。
情報漏洩のリスクを低減します。
スキミング対策カード情報を暗号化することで、不正コピー(スキミング)を防ぎます。
カード情報の暗号化によってスキミング防止

実施中のキャンペーン・お得情報

キャッシュレス導入0円キャンペーン

実店舗を持つ事業者を対象に「iPad」と「カードリーダー」の2点が無料!導入費用0円でキャッシュレス決済に対応可能!

0円スタートキャンペーン

iOS端末(iPadまたはiPhone)に接続して使用する決済端末を無料提供

あわせて読みたい
Airペイ(エアペイ)のキャンペーン情報【2024年4月版】iPadが無料でもらえるって本当? リクルートが提供する決済サービス『Airペイ(エアペイ)』では新規申込時に使えるキャンペーンを2つ実施しております。 中でも『Airペイ(エアペイ)』は導入に必要なカードリーダーが無料提供さ...

今なら"iPadと決済端末"が無料

STORES決済(ストアーズ決済)
交通系電子マネーの決済手数料が安い!

STORES決済,ストアーズ決済
【STORES決済の評価】
初期費用4.5、
手数料4.5、
審査通過率4.5、
導入スピード4.5、
入金サイクル4,
使いやすさ5,
信頼性5,
決済手段3.5

評価: 4.4/5

STORES決済の特徴

  • 【初期費用0円】10万円以上の決済で決算端末が無料
  • 【スピード導入】申し込みから最短3営業日で導入できる!
  • 【交通系電子マネーがお得】決済手数料1.98%でSuicaなど9種の電子マネーに対応可能!
  • 【オンライン決済】カード決済可能な請求書発行に対応!

STORES 決済 (旧:Coiney)』は、『STORES株式会社』が展開する決済サービスです。『STORES』は元々ネットショップ作成サービスとして知られていますが、『STORE決済』は対面のキャッシュレス決済を主としたサービスです。

決済端末は、スマホやタブレットと専用の決済端末(カードリーダー)を接続し、決済を行うモバイル決済端末を提供しています。

『STORE決済』の決済端末は、スマホやタブレットと専用の決済端末(カードリーダー)を接続し、決済を行うモバイル決済端末を提供しています。

申込みから180日以内に10万円以上の決済を行うことで、決済端末(カードリーダー)が無料になります。iOSとAndroid、どちらでも利用できるので、手持ちのスマホを使えば、初期費用はかかりません。

『STORES決済』の最大の特徴は、交通系電子マネーの決済手数料が1.98%であることです。他社での相場は3.24%なので、1%以上も安価な料率で利用できます。

また、オンライン決済にも一部対応しており、カード決済可能な電子請求書の発行ができます。しかし、毎回決済用のWEBページを新たに作成する必要があるため、取引ごとに金額が変動するビジネスや、見積りが必要なビジネス向けの決済機能です。

STORES決済のオンライン決済活用例
  • 建築・リフォーム業者: 顧客の要望や物件の状況に応じて、見積もり金額が変わるため
  • 引っ越し業者: 移動距離や荷物の量、追加サービスなどによって料金が変動するため
  • フリーランスやコンサルタント: プロジェクトの規模や内容に応じて料金が変わるため
  • 修理・メンテナンス業者: 故障の状況や修理の内容に応じて料金が変動するため
  • カスタムメイドの商品を提供する企業: 製品の仕様や追加オプションに応じて価格が変動するため

また、都度払いのみの対応なので、習い事の月謝払いなど継続的な課金で利用する場合、毎月決済用のURLを顧客に送信する必要があります。オンライン上でURLを公開したり、継続課金を行いたい場合には、『Square(スクエア)』の利用がおすすめです。

審査は最短で3営業日、その後2営業日以内に端末が配送されるため、Airペイ(エアペイ)』よりわずかに早く導入することができます。

決済手段が少ないですが、その分審査通過率が高く、個人事業主にもおすすめです。

導入前にチェックしておくべき注意点
  • 2回払い、分割払いはVisa / Mastercardのみ対応
  • スマホまたはタブレットはお店側で用意
  • 申込日から180日以内に累計10万円以上の決済が確認できない場合は、決済端末代として19,800円がかかる
  • 対応可能な決済手段が少ない

今なら"決済端末"が無料


STORES決済の料金

初期費用無料
決済手数料1.98~3.24%
入金手数料無料
月額サービス利用料無料
解約金なし

STORES決済の決済手段

カード決済決済手数料3.24%
VISAVISA
MastercardMastercard
AMEXAMEX
JCBJCB
DinersClubDinersClub
DiscoverDiscover
電子マネー決済決済手数料1.98%
交通系IC交通系IC詳細
QRコード決済決済手数料3.24%
WeChat PayWeChat Pay

STORES決済のお支払方法

一括払い対応
2回払い対応
分割払い対応
リボ払い不可
ボーナス一括払い不可

STORES決済の決済端末

決済端末STORES決済 カードリーダー
STORES決済 カードリーダー
決済端末の種類モバイル決済端末
価格19,800円申込から180日以内に累計10万円以上の決済で無料
保証期間発送日から1年間
周辺機器スマホまたはタブレット(android・iOS両方に対応)
プリンター(無くても利用可)
本体サイズ71 mm x 18 mm x 103 mm
(幅 x 高さ x 奥行き)
持ち運び
通信環境Wi-Fi
モバイル通信

※スマホ・タブレット経由
POSレジ連携STORES レジ
スマレジ
ユビレジ
あっと決済
Bionly
Salon Answer
POS+
Orange Operation
poscube
Loyverse POS
NEXPO
Okage DX Platform
かんたんレジ

STORES決済の入金サイクル

自動入金金融機関を問わず月1回
手動入金
※管理画面から振込依頼
金融機関を問わず翌々営業日

STORES決済の審査

審査通過率

STORES決済の導入スピード

導入までの目安申込みから約3営業日

STORES決済の信頼性とセキュリティ

提供元STORES株式会社
セキュリティ対策PCI DSS準拠クレジットカード情報を安全に取り扱うための国際標準に準拠。
なりすましやカード偽造の被害対策にも対応
※PCI DSSは国際カードブランド5社(American Express、Discover、JCB、Mastercard®、VISA)が定めた、カード会員情報の保護に関する安全基準。
不正アクセス対策カードリーダーやスマホ、タブレットにカード情報を残さずに都度カード会社へ送信。
情報漏洩のリスクを低減します。
スキミング対策カード情報を暗号化することで、不正コピー(スキミング)を防ぎます。
カード情報の暗号化によってスキミング防止

実施中のキャンペーン・お得情報

条件達成で決済端末が無料!

お申し込み完了後180日(約6ヶ月)以内に合計10万円以上の決済を行うと「カードリーダー(通常19800円)」が無料に!「iOS」「android」どちらでも使えるため、手持ちのスマホを使えば導入費用が一切掛かりません。

公式でチェック

今なら"決済端末"が無料

スマレジ・PAYGATE
ネット通信付きのオールインワン端末

スマレジPAYGATE(スマレジペイゲート)
【PAYGATE Station Lの評価】
初期費用5、
手数料3.5、
審査通過率3、
導入スピード3、
入金サイクル3.5,
使いやすさ4,
信頼性5,
決済手段4.5

評価: 4.1/5

スマレジ・PAYGATEの特徴

  • 【初期費用0円】高性能なマルチ決済端末を無料で導入できる!
  • 【豊富な決済手段】全29種もの決済ブランドに対応!
  • 【屋外決済にも対応】無料で使えるPOSレジ+プリンター+4G通信付き

スマレジ・PAYGATE 』は、タブレットPOSレジを提供するスマレジの決済サービスです。

スマレジ導入店舗では、特定の決済ブランドにおける決済手数料の優遇を受けることができますが、スマレジを利用していない個人事業主でも利用できます。今なら通常30,800円の端末代が0円になるキャンペーンを実施しているため、初期費用0円で導入できます。

提供される決済端末『PAYGATE Station L』はオールインワンタイプのマルチ決済端末で、周辺機器不要で利用できます。

決済端末『PAYGATE Station L』
決済端末『PAYGATE Station L』

また、4G回線付きなので、通信環境がない場所や屋外でも利用できます。さらに、簡易的なPOSレジ機能も搭載しているため、キッチンカーやイベントなど屋外での利用にも適しています。

他社サービスでは、通信環境の問題でタクシー業など、屋外で決済する一部の事業者は交通系電子マネーが利用できないことがあります。『スマレジ・PAYGATE』なら通信環境を提供しているため、タクシー業でも交通系電子マネーに対応できます。

ただし、月額サービス利用料として3,300円が掛かるため、手持ちのスマホで『Square』や『Airペイ』のようなモバイル決済端末を使った方がランニングコストは抑えられます。

周辺機器やネット環境を用意する手間が面倒な方や、一台で決済できるオールインワンタイプの決済端末をお探しの方におすすめです。

導入前にチェックしておくべき注意点
  • 決済手数料や入金手数料の詳細は個別にお問い合わせが必要
  • 月額利用料3300円がかかる
  • 利用開始月(端末到着月)から最低1年間の契約期間がある
  • 申し込み状況によっては導入に3か月以上かかる

スマレジ・PAYGATEの料金

初期費用30,800円
キャンペーン利用で0円
決済手数料3.24%~
※詳細は要問合せ
入金手数料あり
※詳細は要問合せ
月額サービス利用料3,300円/月
解約金1年以内の解約時は
残月数×3300円の違約金あり

スマレジ・PAYGATEの決済手段

カード決済 決済手数料3.24%
VISAVISA
MastercardMastercard
AMEXAMEX
JCBJCB
DinersClubDinersClub
DiscoverDiscover
銀聯銀聯
電子マネー決済 決済手数料3.24%
iDiD
QUICPayQUICPay
nanaconanaco
WAONWAON
楽天Edy楽天Edy
交通系IC交通系IC詳細
ApplePayApplePay
Google PayGoogle Pay
QRコード決済 決済手数料3.24%
楽天PAY楽天PAY
PayPayPayPay
d払いd払い
auPAYauPAY
メルペイメルペイ
ALIPAYALIPAY
WeChat PayWeChat Pay

スマレジ・PAYGATEのお支払方法

一括払い対応
2回払い対応
分割払い対応
リボ払い対応
ボーナス一括払い対応

スマレジ・PAYGATEの決済端末

決済端末PAYGATE Station L
スマレジPAYGATEで提供される決済端末「PAYGATE Station L」
決済端末の種類ポータブル型マルチ決済端末
価格30,800円
キャンペーン利用で0円
保証期間決済端末の到着から12ヶ月以内
周辺機器不要
本体サイズ84 mm x 64 mm x 183 mm
(幅 x 高さ x 奥行き)
持ち運び
POSレジ連携スマレジ

スマレジ・PAYGATEの入金サイクル

カード決済・電子マネー決済の売上分月2回
QRコード決済の売上分月1回

スマレジ・PAYGATEの審査

審査通過率

スマレジ・PAYGATEの導入スピード

導入までの目安申込みから約1.5か月

スマレジ・PAYGATEの信頼性とセキュリティ

提供元株式会社スマレジ
セキュリティ対策PCI DSS準拠クレジットカード情報を安全に取り扱うための国際標準に準拠。
なりすましやカード偽造の被害対策にも対応
※PCI DSSは国際カードブランド5社(American Express、Discover、JCB、Mastercard®、VISA)が定めた、カード会員情報の保護に関する安全基準。
不正アクセス対策端末上にカード情報を残さずに都度カード会社へ送信。
情報漏洩のリスクを低減します。
スキミング対策カード情報を暗号化することで、不正コピー(スキミング)を防ぎます。
カード情報の暗号化によってスキミング防止

実施中のキャンペーン・お得情報

スマレジ・PAYGATE リリースキャンペーン

導入時に掛かる端末代30,800円(税込)が無料。さらにスマレジユーザーを対象に決済手数料がお得に導入することができます。

『stera pack(ステラパック)
VISA、Mastercardの決済手数料2.70%で使いたい方におすすめ!

stera pack(ステラパック)
【stera terminalの評価】
初期費用5、
手数料5、
審査通過率3、
導入スピード3、
入金サイクル4.5,
使いやすさ5,
信頼性5,
決済手段5

評価: 4.4/5

stera packの特徴

  • 【業界最安水準】VISA、Mastercardの決済手数料2.70%
  • 【豊富な決済手段】全50種もの決済ブランドに対応!
  • 【初期費用0円】高性能なマルチ決済端末を無料で導入できる!
  • 【充実のサポート】契約中は修理・交換無料!レシートロールは何度でも無料発注可!

stera pack 』は、三井住友カードとGMOの合弁会社『SMBC GMO PAYMENT株式会社』が提供する店舗向け決済サービスです。

決済端末は、1台で決済可能なオールインワンタイプのマルチ決済端末『stera terminal』を利用します。この端末は据え置き型のため、レジカウンターでの決済に限定されますが、加盟店側で周辺機器を用意する必要がありません。

1台で決済可能なオールインワンタイプのマルチ決済端末『stera terminal』

また、機能性が高く、アプリをインストールすることで機能を拡張できます。標準アプリでは、以下の4つの機能が追加料金なしで利用できます。

標準アプリの4つの機能
  • 会員証
  • スタンプカード
  • クーポン発行
  • 顧客管理

さらに、POSレジやタイムカードなど、店舗運営に必要な様々なアプリをインストールすることが可能で、この端末とキャッシュドロアさえあれば、レジカウンターとして機能します。

これだけ機能性が高い端末を初期費用0円で導入できます。

月額サービス利用料として3300円が掛かりますが、VISA、Mastercardの決済手数料は2.70%と他社より0.5%以上、低い料率で利用できます。また、契約中は「修理・交換」「レシートロールの発注」が何度でも無料です。

現在、1年間、月額無料のお試しプランも提供しています。解約から45日以内に端末を返却すれば、違約金の発生はなく、いつでも解約できるので、はじめて決済端末を導入する方でも安心して導入できます。

ただし、申込みから導入までに時間が掛かります。すぐにカード決済を導入したい方は『stera pack』の審査通過を待つ間、一時的に『Square』などの他社端末を利用すると良いでしょう。

導入前にチェックしておくべき注意点
  • お試しプラン契約中はVISA、MasterCardの決済手数料が3.24%
  • 三井住友銀行以外への入金は1回辺り220円の振込手数料が掛かる
  • 申込から導入まで1.5~2か月ほど時間がかかる
  • 持ち運びができない
  • 解約時にはstera terminalの返却が必要

【初期費用0円】決済手数料2.70%~


stera packの料金

お試しプラン(1年間)
初期費用無料
決済手数料3.24%
入金手数料三井住友銀行無料
その他の銀行1回辺り220円
月額サービス利用料無料
解約金なし
スタンダードプラン
初期費用無料
決済手数料2.70~3.24%
入金手数料三井住友銀行無料
その他の銀行1回辺り220円
月額サービス利用料3300円/月
解約金なし

stera packの決済手段

カード決済決済手数料2.70%
※お試しプランは3.24%
VISAVISA
MastercardMastercard
決済手数料3.24%
AMEXAMEX
JCBJCB
DinersClubDinersClub
DiscoverDiscover
銀聯(UNION PAY)銀聯
電子マネー決済決済手数料3.24%
iDiD
QUICPayQUICPay
nanaconanaco
WAONWAON
楽天Edy楽天Edy
交通系IC交通系IC詳細
QRコード決済決済手数料3.24%
楽天PAY楽天PAY
PayPayPayPay
d払いd払い
auPAYauPAY
メルペイメルペイ
ALIPAY+ALIPAY+詳細
WeChat PayWeChat Pay
Union QRUnion QR

stera packのお支払方法

一括払い対応
2回払い対応
分割払い対応
リボ払い対応
ボーナス一括払い対応

stera packの決済端末

決済端末stera terminal
決済端末の種類据置型マルチ決済端末
価格0円
保証期間契約中は修理・交換が何度でも無料
契約中はレシートロール紙も無料で追加発注可能
周辺機器不要
本体サイズ108 mm x 266 mm x 100 mm
(幅 x 高さ x 奥行き)
持ち運び不可
通信環境Wi-Fi
有線LAN
POSレジ連携stera pack POS
ビジコム
POS+
NECモバイル
スマレジ
Uレジ
ローズシステム
ズーズー
フーディ―ポケット

stera packの入金サイクル

金融機関を問わず月2回・月6回から選択式

stera packの審査

審査通過率

stera packの導入スピード

導入までの目安申込みから1.5か月~

stera packの信頼性とセキュリティ

提供元SMBC GMO PAYMENT株式会社
(三井住友カードとGMOの合弁会社)
セキュリティ対策PCI DSS準拠クレジットカード情報を安全に取り扱うための国際標準に準拠。
なりすましやカード偽造の被害対策にも対応。
※PCI DSSは国際カードブランド5社(American Express、Discover、JCB、Mastercard®、VISA)が定めた、カード会員情報の保護に関する安全基準。
不正利用対策三井住友カードのセキュリティノウハウとVisaの不正検知システムを融合した世界最大の不正使用検出レーダーを搭載

実施中のキャンペーン・お得情報

お試しプラン

月額費用3300円が1年間無料で導入可能。

公式でチェック

決済端末を無料提供

アプリ対応のマルチ決済端末「stera terminal」を1店舗につき、1台まで無料提供!決済手数料は「2.70%~」と業界最安のため、カード決済の利用額が大きいお店におすすめです。

公式でチェック

【初期費用0円】決済手数料2.70%~

PayPay(直接契約)
PayPay/ALIPAY系の決済手数料1.60%~!

PayPay(ペイペイ)
【PayPay(直接契約)の評価】
初期費用5、
手数料5、
審査通過率4、
導入スピード4、
入金サイクル3.5,
使いやすさ4.5,
信頼性5,
決済手段3

評価: 4.3/5

PayPayの特徴

  • 【決済手数料がお得】1.76~2.178%(税別1.60~1.98)でPayPay決済に対応
  • 【初期費用0円】QRコードの設置のみで導入

PayPay』はPayPay株式会社が提供するQRコード決済サービスです。これまで紹介したサービスは、複数の決済ブランドとの契約を加盟店に代わって行う決済代行サービスです。

通常、決済ブランド側と直接契約する場合、規模の大きな企業でないと技術やコスト上の問題でメリットはありません。

しかし、PayPayは、加盟店との直接契約が可能なシステムを提供しているため、個人事業主でも直接契約できます。直接契約する場合、決済用のQRコードの設置や、決済用アプリでQRコード読み取って決済を行います。

PAYPAY決済用のQRコード
PAYPAY店舗向けアプリからお客様のQRコードを読み取り決済

直接契約する最大のメリットは、PayPayとALIPAY系のQRコード決済に1.76%or2.178%(税別1.60%/1.98%)で対応できることです。

1.76%の決済手数料が適用されるには、月額1980円(税別)のPayPayマイストアライトプランへの加入する必要があります。ライトプランは、手数料が安くなる他に、PayPayユーザー向けのクーポン配信や広告出稿が行なえます。

決済代行サービス経由でのPayPay決済は、3.24%の決済手数料がかかるため、少しでも決済手数料を安く抑えたい方は直接契約がおすすめです。

導入前にチェックしておくべき注意点
  • 入金サイクルが月1回と少ない
  • 早期振込サービスを提供しているが別途手数料がかかる
  • PayPayとALIPAY系以外の決済手段に対応できない
  • POSレジ連携ができない

【導入無料】PayPayに決済手数料1.60%~対応


PayPayの料金

月額無料プラン
初期費用無料
決済手数料2.178%
※税別1.98%
入金手数料通常入金無料
早期振込サービス利用時
※振込先がPayPay銀行
入金額の0.38%
+
20円/1回
※税別
早期振込サービス利用時
※その他の金融機関
入金額の0.38%
+
200円/1回
※税別
月額サービス利用料無料
解約金なし
ライトプラン
初期費用無料
決済手数料1.76%
※税別1.60%
入金手数料通常入金無料
早期振込サービス利用時
※振込先がPayPay銀行
入金額の0.38%
+
20円/1回
※税別
早期振込サービス利用時
※その他の金融機関
入金額の0.38%
+
200円/1回
※税別
月額サービス利用料1,980円/月
解約金なし

PayPayの決済手段

QRコード決済 決済手数料
1.76%or2.178%
(税別1.60%or1.98%)
PayPayPayPay
LINE PAYLINE PAY
ALIPAY+ALIPAY+詳細

PayPayのお支払方法・決済機能

QRコード決済ストアスキャン方式

※スマホまたはタブレットのカメラでお客様提示のQRコードを読み取り

ユーザースキャン方式

※レジに設置したQRコードをお客様がスマホで読み取り
オンライン決済不可

PayPayの決済端末

決済端末PayPay決済用のQRコード
PayPay(直接契約)
決済端末の種類QRコード
価格無料
保証期間
周辺機器不要
※ストアスキャン方式で決済する場合はスマホまたはタブレット
持ち運び
POSレジ連携不可

PayPayの入金サイクル

通常入金金融機関を問わず月1回
早期振込サービスPayPay銀行翌日入金
その他の銀行翌営業日入金

PayPayの審査

審査通過率

PayPayの導入スピード

導入までの目安申込みから1週間~

PayPayの信頼性とセキュリティ

提供元PayPay株式会社
セキュリティ対策 PCI DSS準拠 クレジットカード情報を安全に取り扱うための国際標準に準拠。
なりすましやカード偽造の被害対策にも対応

※PCI DSSは国際カードブランド5社(American Express、Discover、JCB、Mastercard®、VISA)が定めた、カード会員情報の保護に関する安全基準。
脆弱性診断外部機関による脆弱性診断とサイバー攻撃のテストを実施
データ保護個人情報(電話番号、名前など)や決済情報などが通る通信経路を暗号化して保存

【導入無料】PayPayに決済手数料1.60%~対応

個人事業主がキャッシュレス決済を導入するメリット

キャッシュレス決済を導入するメリットは様々ですが、ここでは代表的なものを5つ挙げていきます。

  • 売上の増加
  • 集客効果
  • 顧客満足度の向上
  • 業務効率化・セキュリティの向上

それぞれの理由を詳しく解説します。

メリット.1|売上の増加

キャッシュレス決済を導入する最大のメリットは、売上の増加が期待できることです。

キャッシュレス決済に対応することで売上増加に期待できる要因
  • 手持ちの現金以上に買い物ができる
  • 支払いを先送りできる
  • 支出に対する心理的なバリアが低くなる

手持ちの現金以上に買い物ができる

キャッシュレス決済に対応することで、現金の持ち合わせがない消費者の購入機会を増やすことができます。

クレジットカード決済なら与信枠内で支払いができ、デビットカードなら銀行預金から直接支払いができます。また、PayPayのようなQRコード決済では、銀行口座から残高チャージが可能です。

支払いを先送りできる

クレジットカード決済なら支払いは翌月以降に先送りできるため、現金に余裕がない時期でも商品購入やサービスの利用が可能です。

さらに、ボーナス払いや分割払いを活用すれば、収入に余裕があるときに支払いができ、高額な商品や、サービスを利用するハードルが下がります。

支出に対する心理的なバリアが低くなる

また、現金を物理的に手放すことは、消費者に「お金を使う」という実感をもたらします。一方、キャッシュレス決済は物理的な現金のやり取りがないため、支出に対する心理的なバリアが低くなります。そのため、購買意欲の促進や、単価アップに繋がります。

これらの要因から、キャッシュレス決済を導入することで売上の増加が期待できるのです。

メリット.2|集客効果

キャッシュレス決済を導入することで、集客効果にも期待ができます。

キャッシュレス決済に対応することで集客効果に期待できる要因
  • ポイント還元を受けられる
  • 地域限定キャンペーンに参加できる
  • 現金を好まない消費者層の取り込み
  • インバウンド消費者の取り込み
  • 検索やアプリ内の店舗紹介

ポイント還元を受けられる

キャッシュレス決済を使用することで受け取れるポイントは、消費者にとっての魅力的な来店動機となります。

例えば、近隣に同じ商品やサービスを同じ値段で提供する店舗が複数ある場合、ポイント還元が受けられる店舗が選ばれやすくなります。

また、飲食店では、宴会シーズンなど大人数で利用される際、クレジットカードでの支払い、ポイントを獲得したいと考える幹事もいるでしょう。このような場合、そもそもカードが使えるお店が選ばれる前提条件となります。

地域限定キャンペーンに参加できる

キャッシュレス決済の中には、日本全国の各地方自治体と連携し、地域経済を盛り上げるためのキャンペーンを実施するものもあります。

特に、PayPay、au PAY、d払い、楽天ペイといったキャリア通信系のQRコード決済4社が積極的にキャンペーンを展開しています。

PayPay|地方自治体と連携して取り組む「あなたのまちを応援プロジェクト」

地域限定キャンペーンのポイント還元率は非常に高く、決済額の10~30%ものポイント還元を受けることができます。

加盟店は追加の広告費用を負担なくキャンペーンに参加でき、対象のキャッシュレス決済に対応するだけで集客効果に期待できます。

現金を好まない消費者層の取り込み

以下のような理由から現金払いを好まない消費者も少なくありません。

現金を好まない理由
  • お会計に時間がかかる
  • ATMでの引き出しが面倒
  • 常に財布を持ち歩かなければいけない

キャッシュレスでの支払いなら、こうした面倒事が解決されます。

実際に、NIRA総合研究開発機構の2023年の調査によれば、全体の78%の人が「できるだけキャッシュレス決済で支払いたい」と回答しています。

(出典)NIRA総合研究開発機構(2023)「キャッシュレス決済実態調査2023(速報)

したがって、キャッシュレス決済を導入することで、これらの消費者のニーズに応えると同時に、現金払いを好まない消費者層の取り込みが期待できます。

インバウンド消費者(外国人観光客)の取り込み

世界各国では、キャッシュレス決済が一般的で、日常的に利用されています。

一般社団法人キャッシュレス推進協議会が公表した「キャッシュレス・ロードマップ2022」による、世界各国のキャッシュレス決済比率は以下の通りです。

【キャッシュレス・ロードマップ2022の決済比率】中国: 93.6%/韓国: 83.0%/オーストラリア: 67.7%/英国: 63.9%/シンガポール: 60.4%/カナダ: 56.1%/米国: 55.8%/フランス: 47.8%/スウェーデン: 46.3%/日本: 29.8%/ドイツ: 21.3%
(出典)一般社団法人キャッシュレス推進協議会「キャッシュレス・ロードマップ2022

日本でのキャッシュレス決済比率は「2022年で36%」と、海外と比べるとまだまだ低いレベルです。

また、外国人観光客にとって、日本円への両替には手間も手数料もかかります。さらに、持ち合わせている現金は限られているため、キャッシュレス決済でなければ支払いができない場合もあるでしょう。

外国人観光客の集客を積極的に行っていく場合、キャッシュレス決済への対応は必須と言っても過言ではありません。

検索やアプリ内の店舗紹介

キャッシュレス決済に対応している店舗は、各決済サービスのホームページやアプリに紹介され、近くの対応店舗を簡単に探すことができます。

PayPayが使えるお店
PayPayが使えるお店

また、Googleビジネスプロフィール上で、「カードによる支払い可」といった設定をすることで、「カードが使えるお店」などのキーワードで検索すると、Google マップ上に近隣のカードが使えるお店として表示されます。

Googleビジネスプロフィールのビジネス情報「お支払い」の設定画面

さらに、グルメサイトなどの情報サイトに掲載している場合、「カードが使えるお店」など決済手段別の特集ページや、検索の絞り込み条件にキャッシュレス対応が設けられていることがあります。

食べログ:全国のクレジットカード払いができるお店
食べログ:全国のクレジットカード払いができるお店

このようにWEB上から集客を行う上で、キャッシュレス決済に対応することで、露出拡大に繋がり、結果として集客に期待ができます。

メリット.3|顧客満足度の向上

キャッシュレス決済を導入することで、顧客満足度が向上し、来店頻度が増えたり、再来店の促進にも期待ができます。

キャッシュレス決済に対応することで顧客満足度の向上に期待できる要因
  • 支払いにかかる時間が短くなる
  • 支払いの選択肢が増える
  • ポイント還元によるお得感

支払いにかかる時間が短くなる

キャッシュレス決済は現金払いに比べて、スムーズにお会計が完了します。現金の場合、取り出しや釣り銭の受け渡しに時間がかかりますが、キャッシュレスではカードやスマホを読み取るだけで決済ができるため、手早く終わります。

現金払いの流れ
現金払いの流れ:
1.財布から現金を取り出す。
2.現金を店員に渡す。
3.店員が現金を確認する。
4.釣り銭を受け取る。
キャッシュレス決済の流れ
キャッシュレスの流れ:
1.カードやスマホを取り出す。
2.カードやスマホを端末で読み取る。
3.決済が承認されたら完了

過去にJCBが行った実証実験では、キャッシュレス決済は現金よりも平均16秒速く、非接触型に限ると現金より20秒速く決済できるという結果も出ています。

(出典)JCB「決済速度に関する実証実験結果

さらに、子どもを抱えている時や手荷物が多い場合でも、現金の取り出しや釣り銭の受け渡しの手間が省けるため、キャッシュレス決済は非常に便利です。

このように、キャッシュレス決済は支払いにかかる時間を短縮し、顧客のストレスを軽減することで、顧客満足度の向上に繋がります。

支払いの選択肢が増える

多くの決済手段に対応することで、顧客は、自分の経済状況や利用しているサービスに合わせて、支払い方法を選べるため、利便性が増します。

例えば、「商品が欲しいけど、支払いを先送りにしたい」場合には、クレジットカードを使ったり、QRコード決済の後払いを利用することができます。

また、「通勤途中で急な買い物があったけど、現金が不足している」場合、電子マネーやQRコードならスマホさえ持っていれば、支払いができます

このように、支払いの選択肢が増えることで、様々な顧客の悩みを解決したり、ニーズに応えることができ、顧客満足度向上に繋がります。

ポイント還元によるお得感

多くのキャッシュレス決済サービスは、利用するたびにポイントが貯まります。

特定のポイントを貯めたい場合や、キャンペーンを利用したい場合には、関連する決済手段を選択することで、顧客はお得に買い物やサービスの利用ができます

さらに、PayPayやd払いなどのQRコード決済サービスでは、ポイントを貯めるだけでなく、支払い時にポイントを使用することも可能です。

これにより、顧客はお得感を感じ、再度利用したくなる動機付けとなります。

メリット.4|業務効率化・セキュリティの向上

キャッシュレス決済を導入することで、業務効率化セキュリテイの向上にも期待ができます。

キャッシュレス決済に対応することで業務効率化・セキュリティの向上に期待できる要因
  • 精算ミスの低減
  • 締め作業の効率化
  • 定期的な支払いの自動化
  • 盗難や紛失のリスク低減

精算ミスの低減

キャッシュレス決済は物理的なお金のやり取りがないため、レジでの釣り銭の間違いや計算ミスがなくなります。

そのため、スタッフが間違いを修正する時間が省け、誤差による損失も防ぐことができます。

締め作業の効率化

キャッシュレス決済に対応することで、物理的なお金の取り扱いが少なくなります。そのため、営業後の締め作業で、現金を数える量が減るため、締め作業を効率的に行うことができます。

定期的な支払いの自動化

『Square(スクエア)』など、一部の決済サービスでは、一定期間ごとにクレジットカードの自動引き落としに対応した「自動継続課金」機能を提供しています。

この機能により、毎月、顧客へ料金を請求する手間が減り、支払い漏れや遅延も防ぐことができます。特に、パーソナルジムや習い事などの月謝払いなど、定期的な支払いが必要な場合には大変便利です。

盗難や紛失のリスク低減

また、現金の取扱いが少なくなることで、現金の盗難や紛失のリスクが低減します。仮に強盗や空き巣の被害にあっても、キャッシュレス決済の売上分は盗まれることがなく、被害を最小限に抑えることができます。

個人事業主がキャッシュレス決済を導入する前に知っておくべき注意点

キャッシュレス決済を導入する前にいくつかの注意点を頭に入れておくことで、後々のトラブルや失敗を避けることができます。

個人事業主がキャッシュレス決済を導入する前に知っておくべき注意点
  • 加盟店審査が必要
  • 資金繰りとキャッシュフロー管理
  • 決済端末以外の必要機器
  • キャッシュレス決済への対応の周知
  • 契約の縛りと解約時の条件を確認しておく
  • 通信環境と安定性

これらを踏まえることで、キャッシュレス決済の導入をスムーズに進めることができます。

一つずつ見ていきましょう。

注意点.1|加盟店審査が必要

キャッシュレス決済を導入する上で、加盟店審査は避けて通れません。この審査では、不正利用お客様とのトラブルが多い商品・サービスの取扱いがないか確認されます。

多くの場合、申込情報を基に、事業の実態が確認されるため、これから開業する方は審査に通過しにくいことがあります。しかし、Square(スクエア)のように、申込時の審査基準を下げ、利用状況を重視することで、審査に通りにくい方でもカード決済を提供するものも存在します。

また、Square(スクエア)』は、審査結果が最短15分、遅くても3営業日ほどでわかるため、審査に不安な方はとりあえず申込みをしてみると良いでしょう。

【申込無料】審査結果がすぐわかる!

注意点.2|資金繰りとキャッシュフロー管理

キャッシュレス決済の売上は、後日指定口座に入金されるため、現金としてすぐに手元に入りません。

そのため、運転資金に余裕がない場合、入金サイクルができるだけ短いサービスを選ぶ必要があります。

入金サイクルが早いサービス

入金サイクルは決済サービスごとに異なるため、導入前に充分に確認しておきましょう。

注意点.3|決済端末以外の必要機器

決済端末の種類によっては、スマホやタブレット、プリンターなど別途機器が必要です。決済端末を無料提供するサービスでも、周辺機器は加盟店側で用意する必要があります。

とくに注意が必要なのは、スマホやタブレットの対応OSです。

例えば、Airペイ(エアペイ)』はiOS端末しか利用できず、Android端末には非対応です。

また、複数の決済端末を提供している『Square(スクエア)では、iOS・Androidのどちらでも利用できる端末と、Android端末しか利用できないものがあります。

また、複数の決済端末を提供している『Square(スクエア)』では、iOS・Androidのどちらでも利用できる端末と、Android端末しか利用できないものなど、同じサービスでも決済方式や端末によって対応OSが変わります。

同じサービスでも決済方式や端末によって対応OSが変わる場合があるので、導入前に充分な確認が必要です。

注意点.4|キャッシュレス決済への対応の周知

せっかくキャッシュレス決済を導入しても、使えることが顧客に伝わらなければ意味がありません。

決済サービスを導入すると、決済端末と一緒にブランドロゴのステッカーが送られてきますので、レジ周りや店舗の入口など目立つところに掲示しておきましょう。

Square(スクエア)の加盟店ステッカーと卓上POP
Squareの加盟店ステッカーと卓上POP

また、お店のホームページや予約サイト、Googleビジネスプロフィール、SNS等、WEB上でもキャッシュレス決済に対応していることを掲載しましょう。

キャッシュレス決済を使えるお店として、お客様が見つけやすくすることは、キャッシュレス決済による集客効果を高める上で非常に重要です。

注意点.5|契約の縛りと解約時の条件を確認しておく

キャッシュレス決済を導入したものの、期待した集客効果や売上アップが得られず解約したいことや、使い勝手に不満を感じ、他社サービスへの乗り換えを考えることもあるでしょう。

そんな時に備えて、契約期間や違約金、解約時の条件を予め確認しておくことが重要です。

当記事で紹介しているサービスの中で、スマレジ・PAYGATE』を除いて、契約期間やその他の縛りは存在しません

ただし、『stera pack』や『Airペイ』では、解約時に端末の返却が求められ、応じない場合には端末代を請求される場合があるので、注意が必要です。

注意点.6|通信環境と安定性

決済端末は、インターネットを通じて、決済処理を行います。

ほとんどの決済端末は、Wi-Fi環境やキャリア通信で接続しますが、据置型の決済端末は有線LANでの接続が必要なものもあります。この場合、LANケーブルを配線する必要があるため、レジカウンターに配線できるか導入前にチェックしておくと良いでしょう。

また、通信環境が不安定な場所で利用すると、決済エラーが起きてしまいます。特にモバイル決済端末は中継する機器が多いため、マルチ決済端末に比べて決済エラーが起きやすいです。

モバイル決済端末は中継する機器が多いため、マルチ決済端末に比べて決済エラーが起きやすい

飲食店の厨房機器など電波干渉する機材が多い環境で使用する場合、注意が必要です。

加盟店審査の通過率を上げる方法は?

個人事業主は法人と比べて、信用度が低く見なされるため、加盟店審査の通過できる可能性が低いとされます。

加盟店審査の通過率を上げるには、以下の2つを徹底しましょう。

  • 申込情報と必要書類をきちんと用意すること
  • 書類不備や追加の書類提出を求められた場合は速やかに対応すること

しかし、OPEN前の店舗や開業したての個人事業主の場合、事業実態の確認が困難なことから加盟店審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

唯一、Square(スクエア)』は利用状況を重視する途上審査重視型のため、申込みすれば、基本的にカード決済の利用が可能となります。つまり、申込時の審査基準を下げ、利用状況から禁止商材の取り扱いがないか、不正利用はないかのチェックが強化されています。

審査が不安な個人事業主の方はSquare(スクエア)でキャッシュレス決済をはじめてみてはいかがでしょうか?

【申込無料】審査結果がすぐわかる!

まとめ

最後に、この記事で紹介した決済サービスについて、どのような方におすすめなのか簡単にまとめると以下の通りです。

各決済サービスはこんな方におすすめ!
  • 個人事業主に最もおすすめな決済サービスは『Square(スクエア)
  • より多くの決済手段に手軽に対応したいなら『Airペイ(エアペイ)
  • 交通系電子マネーを安く導入したいなら『STORES 決済 (旧:Coiney)
  • ネット通信付きのオールインワン端末をお探しなら『スマレジ・PAYGATE
  • VISA、Mastercardの決済手数料2.70%で使いたいなら『stera pack
  • 決済手段の多さより、決済手数料がネックなら『PayPay(直接契約)』

この記事がこれからキャッシュレス決済への対応を検討している個人事業主の方にとって、最適な決済サービス選び役立てば幸いです。

個人事業主に最もおすすめ!

対応決済ブランドの種類

カード決済

全6種

電子マネー決済

全12種

QRコード決済

全1種

キャンペーン

Square Registerリリースキャンペーン
2024年4月17日まで「Square Register(スクエアレジスター)」が定価から30%OFFの59,480円(税込)で購入できる!
導入費用4980円~※カードリーダーを使用しない場合は無料
決済手数料3.25~3.75%
※対面決済は一律3.25%で利用可
月額固定費無料
入金手数料 無料
その他手数料なし
審査期間最短15分

お申し込みはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次